別名「夕焼け温泉郷」 身も心もきれいになれる馬頭温泉郷

栃木県那須郡那珂川町にある馬頭温泉郷は、那須岳をはじめとする山々を一望できる景勝地にある温泉郷です。また、西向きに作られた温泉が多く、美しい夕日を眺めながら入浴を楽しめることから「夕焼け温泉郷」とも呼ばれているそうです。今回は、そんな風流な呼び名のある馬頭温泉での働き方、暮らし方について紹介します。

馬頭温泉郷とは

雪の河原

Lars-Johansson- stock.adobe.com

 

この温泉郷には、8軒の温泉宿と1軒の日帰り温泉があります。

 

温泉宿のうち7軒では日帰り入浴も可能です。

 

近隣には複数の美術館や資料館が点在しており「美人の湯」と謳われる馬頭温泉でお肌を磨きながら知性・感性も磨けるスポットです。

馬頭温泉郷の概要とアクセス

馬頭温泉郷という地名は、かつてこの地が「馬頭町」と呼ばれていたことに由来します。

郷内には広瀬温泉・小口温泉・小砂温泉・南平台温泉・八溝温泉の5種類の温泉があり施設によって引いている温泉が異なります。

 

このバラエティ豊かな馬頭温泉郷への車でのアクセスは、東北自動車道の宇都宮ICか那須ICで降りるのが便利です。

 

公共交通機関では、電車で東北本線の氏家駅/烏山線の烏山駅から出るバスに乗り、道の駅ばとうバス停/高田バス停で下車します。

 

バスでの移動時間は約40分間と少々長めなので時間に余裕をもって向かいましょう。

馬頭温泉郷の歴史と現状

馬頭温泉郷には古い歴史があり、江戸時代からすでに温泉があったそうです。

 

発見は1860年の冬の日のこと。雪一面の川原に雪が積もらない部分があり、そこで源泉が見つかったという古文書が残っています。

 

現在は、ダイナミックな夕焼けを見ながらの入浴や、冬場は温泉発見のきっかけにもなった雪がよく積もるので、雪見温泉を楽しめる場所として親しまれています。

馬頭温泉郷の泉質と温泉街・観光資源について

那須川

lusty-jpeg – stock.adobe.com

 

ここでは、馬頭温泉郷の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

馬頭温泉郷の温泉の泉質と効能について

馬頭温泉郷には複数の泉質の温泉があります。

 

それぞれの宿の温泉はアルカリ単純温泉や放射能泉、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉などさまざまですが、共通して「美人の湯」と呼ばれており、入浴すると肌がつるつるになると評判です。

 

美肌効果の他には五十肩、冷え性、腰痛や打撲などにも効果があると言われています。

 

口コミでは「お湯がとろとろとしておりよく温まった」という意見もありました。

 

参照:泉質について/日本温泉協会 温泉名人

馬頭温泉郷の温泉地や周辺観光やについて

馬頭温泉郷は、関東で3番目に大きな河川である那珂川のすぐそばにあります。

 

滔々たる大河の流れが前に広がる露天風呂も複数あるので、川の向こうに沈む夕日を眺めながらゆったりとしたひと時を過ごせるでしょう。

 

日帰り入浴可能な施設を巡ってさまざまな角度から夕日を眺めてみるのも面白そうです。

 

また、近隣の美術館の中には「アウトサイダーアート」や「アールブリュット」と呼ばれる、美術のセオリーに囚われずに制作されたアートをテーマにした美術館もあります。

 

アーティストの内面から沸き上がった芸術作品を堪能してみてはいかがでしょうか。

馬頭温泉郷の宿泊施設での働き方と暮らし方

女将

karin- stock.adobe.com

 

ここでは、馬頭温泉郷の宿泊施設での働き方や暮らしについて案内します。

馬頭温泉郷の旅館やホテルで働く

馬頭温泉郷の宿泊施設では、フロント事務や清掃業務、調理補助などの求人がよく出ているようです。

 

フロント事務は、チェックイン・チェックアウト時の接客から、電話で予約を受け付けてパソコンに入力する業務もあり、オフィスワークの経験も活かせる仕事ですね。

 

パート、アルバイトでの募集もありますが、フロント業務の幹部候補として、正社員での募集もありました。

 

腰を据えて宿泊業界で働きたいと考えている方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

寮についてはある宿と無い宿がありましたが、近隣はコンビニやスーパーマーケットも複数ある住宅街ですので、通勤も無理なくできるのではないかと思います。

馬頭温泉郷での暮らし

馬頭温泉郷は、温泉郷エリアを囲む一帯は緑豊かな森林ですが、周辺は一般的な住宅街です。

 

お米作りに適した気候の栃木なので、水田が多い爽やかな土地でありながら、日常の買い物をする場所や郵便局や病院、学校も揃っているため不便無く生活できるでしょう。

 

電車の駅までは車で40分ほどかかりますが、バスも通っています。

 

温泉地のある栃木県那須郡では、移住や地域での就職支援に力を入れています。

 

行政が企業と学生を結ぶサポートをしてくれる「町内インターシップ」という制度があり、さまざまな企業のインターシップに申し込みができます。

 

旅館や観光サービス業の企業にも応募ができるようなので将来、馬頭温泉郷などの栃木県の温泉で働きたいと思っている学生さんに適した制度ではないでしょうか。

 

移住についても助成金の制度があります。東京23区内からの転入で一定条件を満たしていれば補助金が受けられるそうなので、都心から離れてのんびりした地域で暮らしてみたい方も、チェックしてみてくださいね。

 

参照:町内インターシップについて/那須町の企業や団体でインターンシップをしてみませんか!?

 

参照:助成金について/那須町移住支援補助金

夕焼けの美しい馬頭温泉郷

夕焼けとススキ

yui_yakushiji- stock.adobe.com

 

馬頭温泉郷は、ほどほどに便利な住宅街の真ん中にありながら、川や森林、そして夕日といった自然の美しさを堪能できる温泉地です。

 

那須塩原市や宇都宮市へのアクセスも良く、休日は他の観光地へも行きやすい点も魅力ですね。

 

馬頭温泉郷では都会の喧騒から離れつつも、仕事も遊びも充実した日々を過ごすことができそうです。

 

栃木県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る