伝統の屋形船と鵜飼いが楽しめる日田温泉 働き方と暮らし方

日田温泉は古くから「水郷(すいきょう)」と呼ばれた、水資源が豊かな大分県日田市の温泉地です。伝統的な屋形船で美味しいお料理をいただきながら、川開きの花火大会や鵜飼を見物できることでも有名ですね。温泉は昔から子宝の湯として人気を集めています。そんな日田温泉の魅力と、働き方・暮らし方について紹介します。

日田温泉とは

日田市の街並み

y.tanaka – stock.adobe.com

 

日田温泉には現在、7軒の温泉旅館が存在します。

 

自慢の料理や、現代人のストレスに効用があるといわれる温泉も素晴らしいですが、
名物はやはり、屋形船と鵜飼です。屋形船や鵜飼の見物を楽しめる宿泊プランがあるのがこの温泉地の特長です。

 

ここでは、日田温泉の概要やアクセス、歴史と現状について紹介します。

 

日田温泉の概要とアクセス

日田温泉は、筑後川上流の三隈川がすぐそばを流れる温泉地で、究極の贅沢と謳われた屋形船での舟遊びを楽しむことができるスポットです。

 

7件ある温泉旅館にはリバービューの客室も多く、悠々と流れる川の流れを眺めながら特別なひとときを過ごせます。

 

日田温泉へのアクセスは、JR久大本線の日田駅から徒歩15分、駅からタクシーに乗れば5分ほどです。自動車の場合は大分自動車道の日田ICから降りて、国道386号線を約15分ほど走ると到着します。事前に連絡を入れれば、JR日田駅から送迎して貰うことも可能です。

 

日田温泉の歴史と現状

見どころが多くにぎやかな日田温泉ですが、その歴史は謎に包まれています。
近代に温泉がわき、徐々に温泉旅館が増えていったということですが、開湯時期や発祥の経緯は不明だそうです。

 

日田市は江戸時代から城下町として栄えた歴史のある街なので、自然と人が集まって出来上がっていった温泉地なのかもしれないですね。あれこれ想像を巡らせながら散策してみるのも面白そうです。

 

日田温泉の泉質と温泉街・観光資源について

鵜飼い

lastpresent- stock.adobe.com

 

ここでは、日田温泉の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

 

日田温泉の湯量と泉質について

大分県の温泉は、源泉の数もお湯の量も日本一です。今回紹介している日田温泉も大分県で5番目の湯量を誇り、分ごとに16566リットルもの温泉が湧いています。

 

泉質は単純アルカリ泉で、疲労回復や皮膚病に効果が期待できます。
また、感情の高ぶりを抑える効果のあるリチウムも含まれているため、ゆったりと落ち着いた気持ちで入浴できるでしょう。

 

参照:湯量について/大分県の温泉の現状(概要)

参照:効能について/日田温泉旅館組合

日田温泉の温泉地や周辺観光について

日田温泉でのお楽しみといえば、やはり屋形船と鵜飼です。

日田の屋形船は約200年前に江戸から着任した代官が始めたともいわれる歴史ある優雅な遊びです。全長約10メートルほどで内部が畳敷きになっており、古くから川の上での食事や宴会が楽しまれてきました。

 

現代では発電機を搭載してカラオケを楽しむこともできます。また、一部の船にはお手洗いもついています。伝統を守りながらも、時代とともに便利で快適になっているのですね。

 

鵜飼は、5月20日から10月31日までの間がシーズンです。こちらも屋形船に乗り、かがり火の下で鵜匠(うしょう)と呼ばれる人が海鵜(うみう)を見事に操り、川魚を取る様子を見物できます。

 

鵜飼シーズン以外の屋形船も花火大会やお月見、雪見など季節ごとの優雅な楽しみ方ができます。団体で貸切ることが原則ではあますが、一人からでも3000円程度で乗合船を出してもらうことができるそうです。

 

また、日田市には「ひたん寿し」と呼ばれるご当地グルメがあります。
海苔の代わりに高菜のお漬物で巻いた、地元で採れた旬の野菜のお寿司です。ヘルシーで、生魚が苦手な人も美味しく頂けますね。
ひたん寿しをつまみながら屋形船で一杯やるのも乙ではないでしょうか。

 

参照:屋形船と鵜飼について/日田温泉旅館組合

 

日田温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

旅館の女将さん

Annchan – stock.adobe.com

 

ここでは、日田温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて触れていきます。

 

日田温泉の旅館やホテルで働く

日田温泉周辺には、温泉旅館もビジネスホテルもあり、宿泊施設の求人は比較的多いようです。

 

フロントスタッフや客室係などの接客担当、調理補助の募集が特によく見受けられます。家具や家電の揃った寮に無料で入れたり、給与の前払いが可能など、働く人にとって嬉しい制度が整った施設もあります。

 

人と接することが好きであれば、未経験でも応募できるところが多いようなので、これから宿泊業界にチャレンジしたいと思っている方はいかがでしょうか。

 

日田温泉の暮らし

日田温泉の周辺地域は飲食店やスーパーマーケットなど、生活に必要な施設は一通り揃っています。

 

三隈川の周りには自然豊かな公園も複数あり、学校や保育園などの施設も多数あります。
子どもたちが屋形船と鵜飼の伝統を学びながら、のびのびと育つ場所ではないでしょうか。

 

日田市には、移住者を歓迎し、移住後の生活まで手厚くサポートしてくれる地域を認定する「移住受入地域認定制度」という制度があります。

 

地域住民同士が、移住を積極的に受け入れるかどうか話し合い、受け入れると決めたら市に申請するものです。認定される地域は住民同士での交流が活発な地域が多いようです。

 

住宅や費用の支援だけでなく、気持ちの面でも移住者を支えてくれる制度ですね。移住後に地元の人に受け入れて貰えるかどうかが不安という人も、認定地域への移住であれば安心できるのではないでしょうか。

 

参照:移住受入地域認定制度について/日田においでよ

 

水に恵まれた温泉地 日田温泉

豊かな温泉

naka – stock.adobe.com

 

豊富な湯量と広大な三隈川に恵まれた日田温泉。

江戸時代に城下町として栄えた日田市の中でも、特に華やかさと風流さを併せ持つ魅力的な地域です。鵜飼や屋形船の他にも、たくさんの雛人形を飾るお雛祭りや日田祇園祭など、伝統的な行事が多いこともこの地域の面白みです。

そんな特色溢れる日田温泉で働き、暮してみるのも素敵ではないでしょうか。

 

大分県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る