こけしの里のいで湯、土湯温泉の魅力。概要や歴史、働き方や暮らしなど

土湯温泉は、福島県福島市に位置する1400年以上の歴史を持つ温泉郷です。四季折々の豊かな表情を見せる吾妻連邦の中腹や渓谷にある温泉宿では、満天の星空や紅葉など美しい自然が楽しめます。今回は土湯温泉の概要や歴史、観光の魅力の他、ホテルや旅館での働き方、暮らしなどについてご紹介します。

絶景が広がる土湯(つちゆ)温泉とは

リス

iStock/suefeldberg

 

1400年以上の歴史ある温泉郷。土湯温泉。ここでは、土湯温泉の概要やアクセス、歴史と現状についてご紹介します。

土湯温泉の概要とアクセス

土湯温泉は、福島県北部に位置する福島市にあります。西は吾妻連峰、東は阿武隈高地に囲まれた緑豊かな街の山里にあり、秘湯とも呼ばれる土湯温泉では季節によってリスやカモシカの姿も見ることができます。全国でも珍しい10種類以上の泉質が楽しめ、湯治客や観光客などさまざまな人が訪れます。
 

土湯温泉へのアクセスは、東京から新幹線で約90分、福島駅で下車し、路線バスやタクシーなどを利用して約40分となっています。仙台や山形など東北方面からも新幹線が通っており、各方面から行きやすい場所と言えるでしょう。

土湯温泉の歴史と現状

その昔、日本神話にも登場する大穴貴命(おおあなむちのみこと)が荒川のほとりを鉾で突き、そこから湯が湧いたことから「突き湯」と呼ばれたという伝説が残る土湯温泉。また、飛鳥時代の中心的な政治家にまつわる伝説もあり、この人物にゆかりのあるお堂が現在も土湯に残っています。

 

懐かしい風情が漂う土湯の温泉街ですが、東日本大震災後の風評被害により訪れる人が減少し、廃業に追い込まれる旅館もありました。危機的状況を打破すべく、2014年に官民一体の5年に渡る再生事業が行われ、落ち着きある街並みの構築や、レストランなどを併設したまちおこしセンターや観光交流センターの設置などさまざまな取り組みが進められました。再生事業は2019年5月に完了し、新しく生まれ変わった土湯温泉は訪れた人にも好評を得ています。

土湯温泉の泉質と観光の魅力

温泉イメージ

iStock/paylessimages

 

土湯温泉の泉質と、観光の楽しみ方についてご紹介します。

さまざまな泉質が楽しめる土湯温泉

土湯温泉では源泉によって泉質が異なり、単純温泉や単純硫黄泉、アルミニウム硫酸塩泉などさまざまな泉質が楽しめ、その種類は10以上にも及ぶと言われます。肌に優しい湯や、筋肉のこわばりをほぐすなど、好みの効能に合わせて泉質を選ぶのも良いかもしれません。土湯温泉には宿泊施設の他に公衆浴場もあり、気軽に天然温泉の湯に親しむことができます。

参照:秘湯温泉/土湯温泉 公式サイト

土湯温泉の観光の魅力

土湯温泉の温泉街には、巨大こけしや展望台、つり橋などさまざまな見どころがあります。各名所を巡りながら、のんびり街歩きを楽しむのも良いでしょう。東北三大こけし発祥の地として有名な土湯温泉は「土湯系こけし」の故郷で、温泉街の通りで工人の製作風景の見学や、こけしの絵付け体験ができます。春は水芭蕉やカタクリ、秋は紅葉が楽しめる男沼や女沼は、ハイキングコースが人気です。ダイナミックな自然の中で、身も心もリフレッシュできることでしょう。

 

山の幸と海の幸に恵まれている福島では、年間を通して地元産の美味しい食べ物が楽しめ、特に全国有数の産地であるももやりんご、なしなど瑞々しい果物は絶品です。酒どころとしても有名で、さまざまな銘柄の地酒を味わうことができます。

土湯温泉にある旅館・ホテルでの働き方や周辺の暮らし

扉はウェルカム

iStock/adventtr

 

土湯温泉にある旅館・ホテルでの働き方や、周辺の暮らしについてご紹介します。

土湯温泉の旅館で働く

土湯温泉には、純和風の温泉旅館やゲストハウスなどの宿泊施設が、約18軒あります。素泊まりのみや、自炊をしながら長期滞在が可能な山荘のような宿泊施設もいくつかあり、常連の湯治客や日帰り入浴客が訪れます。土湯温泉では、チェックイン・チェックアウトなどのフロント業務全般を担当するフロント係、予約受付やメールマガジンなどの作成を担当する予約係などとして働くこともできます。

 

料理の調理や盛り付けなどを担当する調理師は未経験から働くこともでき、現場で仕事を覚えながらスキルを磨くこともできるでしょう。土湯温泉では、従業員の残業を減らすなど働き方の改革に取り組んでいる旅館もあります。

土湯温泉ならではの暮らしかた

山里の雄大な自然に囲まれた土湯温泉での暮らしは、四季折々の美しい景色の中でゆったりと過ごすことができるでしょう。土湯温泉の位置する福島市は福島県の県都であり、行政や教育、医療などの都市機能が集約している街です。市街地は暮らしの生活基盤が整っており、利便性の良い生活が送れるでしょう。

 

子育て支援に積極的に取り組む福島市では、子どもの医療費助成では18歳以下を完全無料としている他、学校給食を安心して子どもに食べてもらえるよう、食品内放射能測定器を学校給食センター4施設に設置して毎日測定しています。福島県では、移住支援策として交通費の補助金制度を設けており、県外から福島県内へ住まい探しなどで訪れる人の交通費を一定額補助しています。

五感で自然を堪能できる土湯温泉

ハイキングは秋に

iStock/magicflute002

 

さまざまな困難を抱えながらも、地元の人の熱い思いによって1400年の歴史を今に繋げている土湯温泉。各旅館やホテルでも魅力的なプランを用意しており、心のこもった温かいおもてなしに感動する宿泊客も多いようです。自治体の移住支援制度は年度によって変更されることもあるので、移住を考える際は、引っ越しのスケジュールも考えながら情報収集すると良いでしょう。

福島県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る