静かな山里の素朴な風情漂う湯の花温泉。概要や暮らしについて

京都府亀岡市にある湯の花温泉は、京の奥座敷とも呼ばれ、戦国時代からの古い歴史を持ちます。市街地から離れた静かな山里に位置し、四季折々の風情あふれるこの温泉地には、アーティストやスポーツ選手など著名人も多く訪れています。今回の記事では、湯の花温泉の概要や暮らしについてご紹介します。

湯の花温泉とは

温泉

iStock/gyro

 

京の奥座敷とも呼ばれる湯の花温泉。ここでは、湯の花温泉の歴史と概要についてご紹介します。

湯の花温泉の概要とアクセス

京都府の亀岡市にある湯の花温泉は、亀岡市の市街地から西方へ7kmほど離れた、静かな山あいに佇む温泉地です。大阪市街地からは車で60分、京都市街地からは40分ほどでアクセスできます。最寄り駅は山陰本線の亀岡駅で、駅から湯の花温泉は車で15分ほどの距離になります。

湯の花温泉の歴史と現状

さまざまな伝説が語り継がれている湯の花温泉。古くは戦国時代に傷ついた武将たちが、刀傷を癒したという伝説が残されています。また、人々を恐怖に陥れた鬼が、この地が産出する桜石の霊力で退治され、その際、鬼の目からあふれ出た涙が温泉となったという言い伝えもあります。節分の豆のルーツは、この桜石という説もあるそうです。現在、亀岡市には16軒ほどの宿がありますが、その内、湯の花温泉には6軒ほどの温泉宿が建ち並び、京阪神を中心として全国各地から観光客が訪れます。

湯の花温泉の泉質と観光資源について

室内の温泉

iStock/ES3N

 

有名なスポーツ選手も、自主トレーニングに訪れた湯の花温泉。ここでは、湯の花温泉の泉質と効能、周辺観光地やグルメについてご紹介します。

湯の花温泉の泉質と効能

湯の花温泉の泉質は単純弱放射能温泉(天然ラジウム温泉)で、効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、慢性婦人病、胆石症など、さまざまな症状によいとされています。無色無臭の柔らかい湯触りが特徴で、体がよく温まり湯冷めしにくいのが特徴。肌がしっとりするなど、美肌でも評判の高い温泉です。

 

参照:湯の花温泉とは/湯の花温泉公式HP

湯の花温泉の周辺観光とグルメ

里山の自然景観が美しい湯の花温泉には、市内を流れる保津川でラフティングの体験ができます。また、伝統工芸の藍染、吹きガラス、つまみ細工など制作を体験できる施設も多く、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。歴史ある神社仏閣も多く、境内の庭園が京都府の名勝に指定されている寺には、歴代天皇により下賜された古文書や美術品なども残されています。また、有名な戦国武将ゆかりの地であることから、毎年「亀岡光秀まつり」が開催され、名君として統治を行った偉大な功績を語り継いでいます。

 

里山の郷土料理も楽しみの一つで、春は山菜料理、夏の鮎や秋の松茸、イノシシ肉を使った冬のぼたん鍋など、四季折々の山の恵を地酒と共に堪能できます。また、湯の花温泉の新名物として、黒豆どら焼きがあります。これは、地元高校生のアイディアを採用し商品化したもので、黒豆の煮汁や竹炭を練り込んだ皮に丹波の大粒黒大豆が丸ごと1個入っており、新しい土産物として湯の花温泉を盛り上げています。

湯の花温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

旅館の接客

iStock/monzenmachi

湯の花温泉の旅館やホテルで働く

湯の花温泉には、客室数6室ほどできめの細かいおもてなしをモットーとしているこだわりの宿や、収容人数350名でブライダルにも対応している規模の大きい宿など、個性あふれる宿が揃います。社会保険や社員食堂の完備など福利厚生の充実、女性が働きやすい環境を整えることで、明るく笑顔の絶えない職場づくりを目指す企業もあります。

 

職種はフロントなどの接客や調理、設備保全などで、学歴や経験を問わず正社員の募集も行っています。女性管理職登用の実績もあるなど、おもてなしのプロとして最前線で活躍できる場が用意されています。

湯の花温泉の暮らし

湯の花温泉のある亀岡市は、スーパーや病院が近いなど生活の利便性が高く、里山の豊かな自然環境にも恵まれていることから、都会と田舎が程よく調和した暮らしやすいまちです。交通機関においては鉄道が一本、市内のバスも本数が少ないため、移動には車があると便利でしょう。

 

気候は11月から1月にかけての朝、「丹波霧」と呼ばれる濃い霧が発生します。おいしくみずみずしい京野菜など、作物が豊かに育つ絶好の条件ともなっていますが、生活上では、朝のうちに布団や洗濯物を屋外に干せないという難点もあるようです。しかし、朝霧の後はよいお天気になることから、昼間は洗濯物を屋外に干すことができますね。

「トカイナカ」な暮らしを楽しめる亀岡市

京都の電車

iStock/VICHAILAO

 

都会と田舎がほどよい「トカイナカ」な亀岡市では、川や土など身近な自然にふれながら、のびのびと子育てができる環境にあります。街の規模も生活するにはほどよく、暮らしやすさを感じている人が多いようです。また、京都縦貫道が走っていることから、車で京都市内、大阪や兵庫までも1時間程でアクセスできます。

 

一日の終わりには仕事の疲れを湯の花温泉に浸かって癒し、休日にはあちこちへ気軽にお出掛けを楽しむ生活が送れそうです。亀岡市では移住を検討している方に向けて、城下町の一角にある古民家をお試し住宅として提供しています。移住に興味のある方は、利用してみてはいかがでしょうか。

 

京都府のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る