人材紹介をご希望の企業様
お電話での相談はこちら
0120-990-535
受付時間 10:00〜20:00 (平日)
職種紹介

洗い場の仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

旅館では、食事に使った食器や調理で使った道具などを洗う担当として、洗い場という仕事があります。重い食器を運搬しなければならない力仕事でもありますが、業務を効率化するための工夫も必要で、自分なりにスキルを追及することもできます。未経験でも始めることができ、年齢を問わず幅広い世代が活躍できる職種です。

仕事内容

iStock.com/Kavuto

 

旅館には、食事などで使われた食器を洗う「洗い場」という仕事があります。主な仕事内容は、次の三つに分けられます。

 

食器や調理器具の洗浄

お客様が食事で使った食器や、調理で使った鍋などの厨房器具を洗うことは、洗い場のメインの仕事です。一般的に、洗浄は大型の食器洗浄機を使って行われますが、こびりついた汚れなどは事前に手で予洗いをします。また、漆器など洗浄機にかけられない食器は手洗いが必要で、洗い場の仕事をするためには旅館で使われている食器に関する知識も必要です。お客様の食事後、非常に多くの食器が一度に返ってくることもあり、それらを効率的に洗って片付けていく対応力が求められます。

 

片付けや掃除

1日の営業の終わりや洗い物がひと段落したときに、洗い場周辺の掃除や食器洗浄機のお手入れをすることも洗い場の仕事です。洗い場では水を使うので湿気や食器洗浄機の熱がこもりやすく、衛生管理のために日々の掃除が欠かせません。シンク周りや排水溝、食器洗浄機の内側や外側の掃除なども必要に応じて行います。

 

厨房での軽作業

洗い場での食器洗いが落ち着いついている時間帯など、厨房の調理師から指示を受けて調理の手伝いをすることもあります。野菜を切ったり食材の小分けをしたりなど、コンロや火を使わない簡単な調理であることが一般的です。洗い場に食器が返ってきていないか確認しながら調理を行う必要があるため、二つの作業を両立させる器用さも求められます。

 

このように、洗い場は食器や調理器具の洗浄、厨房の衛生管理、調理に関する軽作業などの業務を担います。旅館で扱う食器は非常に数も多く種類もさまざまで、中には高価なものもあることから、作業には丁寧さが求められます。大量の洗い物を効率をよくするための創意工夫も必要となるでしょう。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/kali9

自分なりに作業を効率化する面白さ

洗い場に山のように積み上げられた食器を効率よく洗うために、自分なりの工夫を凝らすことは、洗い場ならではの仕事の面白さです。片付けやすいように同じ種類の皿をまとめて食器洗浄機に入れたり、一度に多くの食器を洗えるよう食洗機に入れる方法を工夫したりと、効率化のための策を考えて取り入れれば、作業時間を短くしていくこともできます。毎日同じ作業をしているようでも、工夫次第では業務のスキルを向上させることもでき、周囲からの信頼を得ることもできるでしょう。

 

調理の仕事にも携われる

洗い場は厨房に併設されている場合も多く、調理スタッフが足りていない場合や洗い場が落ち着いているときなど、簡単な調理を手伝う場合があります。厨房では一流の料理人の仕事の様子を近くで見ることもでき、自身の興味を広げるきっかけになるかもしれません。料理人の世界に足を踏み入れる第一歩として、洗い場から始めることもよいでしょう。旅館の花である料理に携わることができるのは、仕事のやりがいにもつながります。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/EXTREME-PHOTOGRAPHER

ハードな仕事環境

洗い場は、山積みの食器を運ぶなど力仕事も多く、湿気と食器洗浄機の熱により夏は作業場が非常に蒸し暑くなります。業務用洗剤で手荒れをしてしまうことや、休む間もなく仕事することもあり、体力的にハードな仕事であると言えるでしょう。仕事前と仕事後は体のメンテナンスをし、十分な睡眠時間をとって体力を回復させるなど、自己管理をしていくことが大切です。

 

スピードが求められる仕事

お客様のお食事が終わる時間帯には、大量の食器が一度に洗い場に集中することも珍しくありません。スピード感をもって作業をこなさなければ、戻ってきた食器を置く場所がなくなり、必要な食器をお客様の元へ届けられないなど、他のスタッフの動きや作業にも支障が出てしまいます。周囲に常に目を配りながら状況を判断し、テキパキと仕事をこなすスピード感が求められます。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/Jaroslav Frank

 

洗い場で働くために必要な資格はなく、初心者でもすぐに働き始めることができます。仕事をスムーズにこなすためには、次のようなスキルが必要です。

 

・体力

・工夫する力

・作業の丁寧さ

 

長時間立ちっぱなしでの作業や、大量の食器の上げ下ろしをすることもある仕事なので、体力やスタミナは欠かせません。単純作業に見えるかもしれませんが、効率よくきれいに洗えるようにするために、自分なりの創意工夫を加えることが求められます。割れ物を扱うため、作業には丁寧さも必要です。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/Juanmonino

 

洗い場として働くことで、次のようなスキルが身に付きます。

 

・責任感

・作業のスピード感

・作業を効率化する力

 

一般的に洗い場は、1人や2人など少人数で業務にあたる場合が多く、自然と仕事への責任感も強くなるでしょう。また、作業を効率化するための意識やスキルも身に付いてきます。洗い場として働いた後は、調理の手伝いの経験を活かして調理の分野にチャレンジすることもよいでしょう。お客様をおもてなしする接客の仕事など、旅館内の他の業務で新しく経験を積む道を選んでも良いかもしれません。

 

 

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事