独身男性・独身女性の地方移住!ひとりで移住するメリットや注意事項を解説!

独身男性・独身女性がひとりで地方移住するという話は珍しくありません。子どもや配偶者が居る人よりも身動きが取りやすい単身者。移住を考えているのであれば、ぜひトライしてみましょう。単身者が地方移住するメリットや適切な支援制度、移住の際の注意事項についてまとめました。
- stock.adobe.com

独身男性・独身女性の地方移住を考えてみよう

単身引っ越し

west_photo- stock.adobe.com

 

「地方移住」は、老後を穏やかに過ごしたい熟年夫婦や、自然が多い環境での子育てを望む家族がするもの、というイメージがありますよね。

 

移住に興味があったとしても「1人ではちょっと……」と躊躇(ちゅうちょ)する人も居るでしょう。しかし、独身女性・独身男性の地方移住は決して不可能なことではありません。

 

家族連れでの移住とはまた違った良さがあるのでぜひ、前向きに考えてみてほしいもの。独身男性・独身女性の地方移住が持つメリット・デメリットや、単身者向けの移住支援制度を見ていきましょう。

単身者が地方移住を考えるきっかけとは

生活の自由度が高い単身者が、地方移住を考えるきっかけにはどのようなことがあるのでしょうか。インターネット上で見つけた、単身移住者の意見をいくつか紹介します。

都会で暮らす理由がない

就職・進学などをきっかけに都会に出たものの、都会に居る理由が見いだせない、といったことで地方移住を考える人は少なくありません。

 

また、新型コロナウイルスの影響でリモートワークを導入する企業が増えたことや、働き方の多様化によって、毎日オフィスに行かなくても仕事ができるようになりました。

 

配偶者の仕事や子どもの学校といった、身動きを縛るものがない単身者は特に「毎日、満員電車に揺られ、深夜まで残業しながら都会にしがみつかなくても良いのでは?」という考えにいたりやすいでしょう。

老後の蓄えを作りたい

老後の生活費を蓄えるために地方移住を決める独身男性・独身女性も居ます。老後生活を豊かに楽しむためには、どうしてもお金が必要ですよね。配偶者の年金や子どもからの仕送りを期待できない単身者は、特にしっかりとした備えが必要です。

 

都会で高額な家賃を払い続けるよりも、地方で居住費などを安く抑えて貯蓄や投資に回したい、生活費を抑えられる地方で老後の蓄えを作りたいと考え、地方移住を決める人も居ます。

広い家に住みたい

東京や大阪といった大都市では、狭いアパートでも家賃が高額です。家が狭く、好みのインテリアを楽しめない、モノを置くスペースがない、ベッドだけで部屋がぎちぎち……。こうした環境での生活は、やはりストレスがたまりますよね。

 

地方には、都市部の半分程度の家賃で住める物件が数多く存在します。「広い家に住みたい!」という希望をかなえるには、地方移住がぴったりなのです。

 

また、地方といっても交通の便が良い地域もあり、都市部での仕事を続けながら住居だけを移すパターンもあります。

地方でやりたいことがある

一次産業に携わりたい。カフェやレストランを経営したい。自分のアトリエや工房を持ちたい。こうした夢をかなえるために、地方移住を決める単身者も居ます。

 

地域によって移住者の起業や就農に補助金を出す制度が設けられている場合もあり、制度を活用して夢にチャレンジするのですね。夢を追いかけ、思い切った行動に移せるのは独身男性・独身女性の特権かもしれません。

ひとり地方移住のメリットと注意点を見てみよう

1人で地方に移住することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。世帯移住とは異なる事情や、知っておくべき注意点と併せて見ていきましょう。

メリット

単身者の地方移住でいちばんのメリットと言えば、身軽に動けることではないでしょうか。子どもの転校など、難しい問題がないので自分の好み・生活に合わせて移住先を選べます。また、「この地域は失敗だった……」と思ったら、また別の場所に移住することも比較的かんたん。

 

また、縁もゆかりもなかった土地ですてきな出会いが待っていることも。「知り合いが居ない地域で、人目を気にせず婚活に励みたい!」という人にも地方移住はおすすめ。地域によっては「男性が余っている」「女性が余っている」といったことから、婚活を有利に進められる場合もあるようです。

 

単身で移住し、移住先で良い相手とめぐり合って結婚した、という話も珍しくありません。地方移住はまだまだ独身を満喫したい人にとっても、結婚相手を探している人にとってもメリットがあるのですね。

注意点

1人移住で注意したいことはまず、移住支援制度の内容です。手厚い移住支援制度は新婚世帯や子育て世帯のみを対象としている場合があるのです。支援制度をあてにして移住を決めたが対象外だった!ということがないように、気を付けてくださいね。

 

次に、地方移住は人間関係の構築が難しいと言われていますが、独身男性・独身女性の場合はさらにハードルが高くなるかもしれません。学校行事や家族向けのイベントに参加する機会がないため、地域のコミュニティになじみにくいことが考えられます。

 

また、地方での結婚を望んで移住してみたものの、独身の異性が少なく結婚が遠のいたり、反対に結婚を望んでいないのに地域の人から「お節介」を焼かれて閉口することもあるでしょう。

 

ご近所づきあいの空気感は、住んでみなければ分からない部分が多々あります。なるべく誤解されないよう、積極的に歩み寄っていきたいですね。

 

そして生涯独身と決めた人は、年を取っても1人で住める地域を選ぶことが重要です。豪雪地帯ではない、ある程度交通網が発達している、病院が遠くないといった条件がそろった地域が望ましいでしょう。

独身男性・独身女性に適した移住支援制度を見てみよう

縁結び

Manabu-Watanabe- stock.adobe.com

 

独身男性・独身女性は、どのような支援制度が使えるのでしょうか。単身での移住に適した支援制度をいくつか紹介します。

地方創生移住支援事業の移住支援金

地方創生移住支援事業の移住支援金は、東京圏から対象地域に移住することで受給できる支援金。単身移住の場合は最大で60万円の移住支援金が支給されます。

 

さらに、移住先で地域のためになる事業を始めた場合は、最大200万円の起業支援金も受け取れます。受給の条件は次の通り。

 

・移住前の10年間で通算5年以上かつ直近1年以上、東京23区内に在住または東京圏(離島などの条件不利地域を除く)に居住し、23区内に通勤していたこと

 

・上記にあてはまる人が東京圏外または東京圏の条件不利地域に移住し、次の条件を満たすこと

 

  • 1.移住先で地域の中小企業に就職する
  • 2.テレワークなどで移住前の仕事を続ける
  • 3.地域で社会的起業を実践

 

まとまった金額なので、移住を考える際には対象地域かどうかを必ずチェックしましょう!

 

参照:地方創生移住支援制度について/内閣官房・内閣府総合サイト地方創生

移住婚活支援

結婚を望む独身男性・独身女性に向けて、移住と婚活を同時にサポートする制度を設けている自治体もあります。

 

地元の男性と移住を検討している女性を引き合わせるお見合いバスツアーや、移住先候補の異性を紹介してくれるマッチングサービスなど、さまざまな角度から人と地域の出会いをサポートしてくれるのですね。

 

いきなり結婚、というのはハードルを高く感じるかもしれませんが、移住婚活のセミナーを開いている地域もあります。まずは情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか。

UIJターン向けの就職・転職サポート

地方への移住を検討する際、壁になるのは仕事探しでしょう。地方は求人数が少なく、都市部に比べて賃金も低い傾向にあります。移住先で希望の仕事に就けるとは限りません。

 

しかし、移住者の就職・転職を手厚くサポートしている自治体も存在します。UIJターン向けの就職・転職相談窓口が設けられていることもあるので、ぜひ活用しましょう。公的な窓口の他、地方の求人に強い就職・転職エージェントもおすすめです。

単身移住の仕事探しはおもてなしHRで

旅館の仕事

yamasan- stock.adobe.com

 

単身での移住を検討している人は、地方のホテル・旅館で働くことも視野に入れてみましょう。ホテル・旅館は独身者向けの寮が備わっている場合があります。

 

無料や格安で使える寮に入れば、老後の資金を蓄えたり、趣味を楽しんだりすることにお金を回せるのではないでしょうか。また、3食のまかないが出るなど、独身者にうれしい福利厚生も期待できます。

 

わたしたちおもてなしHRは宿泊業に特化した就職・転職エージェントです。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地の求人情報を扱っています。エントリーから入社まで、しっかりお手伝いしますので、ぜひご登録ください!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る