移住のPR動画を制作する際のポイントは?心に残るPR動画を作るために

移住のPRをするため、独自に動画を制作している自治体が増えてきています。スマートフォンが普及している昨今、動画でのPRはかなり有効です。移住を検討している人に「ここに移住してみたい!」と思わせる動画を作るためにどのような工夫をするべきなのか、いくつかご紹介していきましょう。

心をつかむ移住PR動画を作るポイント:ストーリー仕立ての内容にする

 

次の展開が気になるようなストーリー性のある動画は、一定の時間視聴者の意識を繋ぎとめておくことができます。

 

その地域の良さもふんだんに取り入れつつ、観る人を飽きさせない構成を作り上げれば、興味を持ってくれる人も増えて行くはず。

 

中には、「まったく移住を考えていなかったけどPR動画を観て興味が湧いてきた」という人もいるのだそう。

 

面白いストーリーと移住のPRを両立させなければならないため、制作の難易度は高めですが、それだけに得られるものも多いのではないでしょうか。

 

心をつかむ移住PR動画を作るポイント:印象的なBGMを使う

柴犬と花

Neira-stock.adobe.com

 

耳に残る印象的なBGMを使うことで、人々の注目を集めることも可能です。

 

一度観ただけでは移住にまで思いが至らなくても、どこか耳に残るその音が、次第に意識を変えていくことだって十分あり得ます。

 

簡単に口ずさめて、それでいて似たようなメロディーはちょっとやそっとじゃ見当たらないというような、キャッチーでオリジナリティあるBGMの使用を検討してみましょう。

 

心をつかむ移住PR動画を作るポイント:方言など地域の特性を全面に押し出す

 

地域の特徴を、最も端的に表すことができるツールの一つが方言です。聞いただけで特定の都道府県を連想させるような言葉は、PR動画には持ってこいではないでしょうか。

 

耳に心地いいリズム感の言葉や、普段聞き慣れない面白い響きの言葉は、聞いた人の耳に残るものです。

 

重ねて地域性も盛大にアピールできますので、使わない手はありませんよ!

 

心をつかむ移住PR動画を作るポイント:移住者の生活が垣間見えるような構成に

 

実際に移住した人の声を取り入れたPR動画にするのもおすすめです。

 

やはり、移住を考えている人にとって一番不安な点は、「住んでみたら思っていたのと違った」と後悔してしまうことです。

 

裏を返せば、一定の安心感が得られればそれだけ移住のハードルも低くなるということ。

 

「どうやら移住しても快適に暮らしていけそうだ」と思ってもらえるよう、押しつけがましくない程度に移住をメリットを紹介しましょう。

 

移住PR動画を制作する際の注意点

棚田

ryo_k12-stock.adobe.com

 

移住のPR動画を制作する際、最も気をつけなければならないのが、「インパクトを重視するあまり誰かを傷つける内容になっていないか」という点です。

 

他では見られないような派手な演出や、尖った価値観で作られた動画は、確かに人の目を引きます。

 

ですが、人々の注目を集める動画が、必ず良質なコンテンツということではありません。

 

目立つことばかりを重視した結果、視聴者への配慮が疎かになり、特定の誰かを傷つけかねない内容になってしまう、なんて危険性も十分に考えられます。

 

ありきたり過ぎる内容ではPRの効果も薄れてしまいますが、配慮が足らない動画はそれ以前の問題です。

 

PR動画を制作する際は、何よりもバランス感覚に注意して取り組む必要があるのではないでしょうか。

 

PR動画で移住の意欲を掻き立てよう

 

PR動画は制作にかなりの労力が必要ですが、そのぶん宣伝効果も大きいコンテンツです。

 

観た人の印象に残る、質のいい動画を作り出すことができれば、移住を検討している人の意欲を掻き立てることも不可能ではないはず。

 

あらゆる趣向を凝らしながら、インパクトのある移住PR動画を制作しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る