板前になりたい!板前の仕事内容と必要な資格とは?

世界中から愛される日本の和食。それと同時に、和食を生み出す板前にも注目が集まっています。板前とは、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。そこで今回は、板前の仕事内容や必要なスキル、活躍の場所についてご紹介します。板前を目指している方はもちろん、現在板前として働いている方も、ぜひ参考にしてくださいね。

板前とは?

板前-1

Paylessimages-stock.adobe.com

 

板前とは、日本料理全般を専門とする料理人のことをいいます。和食における知識と技術を備え、料理を通して日本の風情を表現し、お客様に提供しています。

 

板前と似た表現として「職人」という言葉が使われることがありますが、職人とは、寿司職人のような一つの料理に特化した調理のプロを指すことが多いようです。

 

板前の仕事内容

板前-2

garage38-stock.adobe.com

 

板前というと和食調理のイメージがありますが、板前の仕事は調理だけに留まりません。板前の仕事内容についてご紹介していきましょう。

 

調理

調理は、板前の仕事の中心であり、非常に重要な部分です。特に和食は、繊細で高い技術が求められるジャンルなので、知識や技術をフル活用して対応しなければなりません。

 

料理にゴールや答えはなく、一人前の板前になっても挑戦・追求し続ける気持ちが大切です。

 

衛生管理

食事を提供する場合、味はもちろん安全なものであることが大切です。お客様の身体に入るものですから、健康に害がないものであることは最低限の基準でしょう。

 

そのため、食材の選び方や衛生管理も重要な仕事です。食を通してお客様の安全を守ることも、板前の大事な仕事の一つといえます。

 

器選び・盛り付け

日本料理は、繊細で鮮やかな見た目が特徴で、料理の味だけでなく、視覚的にも楽しめる食文化として評価されています。

 

そうした魅力は、板前のセンスや技術によって成り立つもの。料理に合う器選びや料理の盛り付け方なども、板前にとって大切な仕事といえるのです。

 

板前になるには?

板前-6

Tsuboya-stock.adobe.com

 

板前になるには、調理師免許の取得と、扱う食材によっては調理師免許以外の免許が必要となります。「ふぐ調理師免許」はその一つです。

 

調理師免許は、専門学校や高校などの調理師養成施設を卒業するか、2年以上の実務経験を経て調理師免許の試験に合格すれば取得することが可能です。

 

ただし、店舗によっては、調理師免許を持っていなくても見習いとして採用してもらえることもあり、修業をしながら取得を目指す方法もあります。

 

また、板前は和食に関する全ての知識と技術を習得しなければならないため、追い回し・八寸場・揚げ場・焼き場・蒸し場・刺し場など、6つのステップを踏み技術を磨いていきます。

 

板前として活躍できる場所

板前-4

7maru-stock.adobe.com

 

板前として働ける主な場所は、料亭や割烹などの日本料理専門店や居酒屋、ホテル・旅館の調理場などでしょう。

 

ただし、その店舗選びは重要なポイントです。板前は技術職の一種であるため、将来の目標やキャリアプランを考え、しっかりと学べる職場を選ぶ必要があります。

 

また、ある程度の経験を積んだのち、独立開業するのも一つの方法です。板前は、自身のスキルを武器にして、活躍のフィールドを広げられる職業といえますね。

 

板前はホテル・旅館でも活躍できる!

板前-5

zhu-difeng-stock.adobe.com

 

板前というと、日本料理店で働く料理人の姿を想像する方も少なくないと思います。しかし実際は飲食店だけに留まらず、ホテルや旅館などの宿泊施設でも活躍することができるのです。

 

板前の仕事に興味がある方は、当サイト「おもてなしHR」をご活用ください。おもてなしHRは、ホテルや旅館に特化した就職・転職サービスです。

 

未経験者歓迎からスキルアップを目指せる経験者まで、さまざまな板前の求人を紹介しております。ぜひお気軽にお問い合わせください!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る