初めての転職でも安心!転職の始め方5ステップ~準備から退職まで~

転職をしたいと思ったものの、「初めてのことで何から始めたらいいのか分からない」と悩み、この記事に辿り着いた方も多いのでは?本記事では、転職が初めての方でも分かりやすいように、転職の進め方を5つのステップに分けて説明します。転職をスムーズに進めるためのヒントなども紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

目次

    初めての転職には不安を感じるもの

    スタート

    takasu-stock.adobe.com

     

    • ・「キャリアアップしたい」
    • ・「経験したことがない仕事に挑戦したい」
    • ・「もっと条件が良い職場につきたい」

     

    などという思いから、転職をしたいと考え始めた方も多いのではないでしょうか。

     

    しかし、転職に失敗したら?今より悪い転職先だったら?と不安を感じ、なかなか転職に踏み切れない方もいますよね。

     

    初めての転職には不安がつきもの。

     

    ネガティブな面ばかりに目がいきがちですが、転職したことで「充実した日々を過ごせるようになった」「仕事の悩みが解消した」など、成功事例もたくさんあります。

     

    今思い始めている転職しようという気持ちが、将来仕事や生活などで成功を掴むための第一歩となるかもしれません。

     

    自分の思いや状況を整理した上で、転職に臨んでみてくださいね。

     

     

    初めて転職する方へ!転職活動の基本的な流れ

    登る

    Who-is-Danny-stock.adobe.com

     

    初めて転職を始める方は、まず転職の基本的な流れを確認しましょう。

     

    一般的な転職の流れは以下の通り。

    1. 【1】転職の事前準備
    2. 【2】応募先を探す
    3. 【3】履歴書・職務経歴書の作成
    4. 【4】面接の対策
    5. 【5】内定と退職の手続き

    こうしてみると、就職活動のときと流れはほぼ同じです。

    しかし、大きく異なる点として転職活動には「退職手続き」が伴います。

     

    そして、退職手続きには時間がかかる可能性があることも認識しておきましょう。詳しくはあとの項目で説明しています。

     

    では、次の項目からそれぞれのステップについてより詳しく解説しますので、転職活動の段取りを理解した上で読み進めてくださいね。

    【STEP1】初めての転職:事前準備(情報収集など)

    探す

    Have-a-nice-day-stock.adobe.com

     

    転職活動は、「事前準備」がしっかりできているかどうかが成功を左右します。

     

    特に、初めての転職となると分からないことが多く、不安が募るばかり。事前準備を念入りにおこなえば、そのような不安も軽減できるかもしれません。

     

    転職活動で始めにおこなうべきことは3つ。

    それぞれ紹介しますので、転職の第1ステップとして(1)から順に進めていきましょう。

     

     

    (1)自己分析

    事前準備のなかでも、一番始めにおこなわなければいけないのは「自己分析」です。

     

    自己分析をおこない、転職の軸をはっきりさせます。

     

    軸が明確になっていないと、目標や方向性が曖昧な状態で転職活動をすることになり、応募書類の作成や面接時で自分の思いにブレが生じてしまうことに。

     

    数ある求人の中から自分に見合った求人を探すためにも、自己分析は大切な作業です。

     

    転職活動を始めるときは、最初に「自己分析」を徹底しておこないましょう。

     

    ▼自己分析のやり方はこちらをチェック

     

    (2)企業研究

    転職の方向性が決まったら、実際にどのような企業があるのか見ていきましょう。

     

    業界が決まったとしても、その業界には多くの企業が存在しており、企業によって特徴もさまざま。そのため、企業研究をしっかりとおこない、自分に合った企業を選んでいかなければいけません。

     

    また、「志望動機」を考えるときも企業研究で調べたことは役に立ちます。

     

    志望動機では、「なぜその企業でなければいけないのか」を突き詰める必要があるためです。

     

    自分がいかに企業へ貢献できる人材であるかを示すためにも、企業に対する理解を深めていきましょう。

     

    ▼転職先の業界が決まらない方はこちらをチェック

     

    (3)転職のスケジュールを立てる

    転職は、

    • ・書類や面接の選考期間
    • ・引き継ぎや有休消化で退職までにかかる日数

    など人それぞれな部分が多いので、転職に必要な期間はその人の置かれている状況によって変動します。

     

    ほかにも、応募する数や自分がいつまでに転職を終わらせたいかによっても変わってくるでしょう。

     

    一般的に、転職活動にかかる期間は3カ月以上が目安とされています。ただ、それよりも早く終わったり、ゆっくり進めたりと転職のペースも人それぞれ。

     

    スケジュールを決めておくことで、自分がどのように動けばいいのかが見えてきます。

     

    だらだらと転職活動を長く引きずらないためにも、きちんと計画は立てておきましょう。

     

    ▼スケジュールの立て方はこちらをチェック

     

    【STEP2】初めての転職:応募先を探す

    調べる

    metamorworks-stock.adobe.com

     

    自己分析や企業研究などで出した希望の職種や勤務地、業種などの条件をもとに、求人を探します。

     

    応募先を探す方法にはいくつか方法がありますので、自分に合ったやり方で臨みましょう。

     

     

    転職サイトに直接応募する

    転職サイトとは、業界や勤務地、給与・待遇面など希望する条件をもとに、求人情報を検索できるサービスです。

     

    転職エージェントと違い、応募や企業とのやり取りなどはすべて自分でおこないます。近年では、転職サイトと転職エージェントを兼用しているサービスも増えてきました。

     

    自分のペースで転職活動をおこないたい方は、転職サイトで求人を探し、直接応募するやり方がいいでしょう。

     

     

    ハローワークを使う

    公的な就労支援施設であるハローワーク。地方の求人が豊富なので、「地元で働きたい」「引っ越しをしたくない」という方にとっては仕事を探しやすいかもしれません。

     

    求人に直接応募できることはもちろん、ハローワークから紹介を受けた求人にオンライン上で応募することもできるよう。

     

    利用するためには、ハローワークの相談窓口で求職手続きを申し込む必要があります。分からないことや相談したいことがあれば、窓口に問い合わせるのが確実でしょう。

     

    参考:求職者MP利用者マニュアル(利用登録者)/ハローワークインターネットサービス

     

     

    転職エージェントを使う

    転職エージェントとは、アドバイザーのサポートを受けながら転職活動を進めていく転職支援サービスです。

    自分で求人を探す転職サイトとは異なります。

     

    面談で転職相談をおこない、面談結果をもとにアドバイザーが希望に合う求人を紹介してくれます。

     

    そのため、初めて転職する方はエージェントの利用がおすすめです。無料で使えるものが多く、転職を強要されたり転職をしないからとペナルティが発生したりすることはありません

     

    本気で転職したい方はもちろん、今はまだ転職を検討している段階で「求人情報だけ見てみたい」「とりあえず誰かに相談したい」という方でも気軽に利用してOKです。

     

    また、これらはどれか1つのやり方で探さなければいけないわけではありません。

     

    併用して転職の成功率を上げていきましょう。

     

    【STEP3】初めての転職:履歴書・職務経歴書の作成

    履歴書

    Mariia-Korneeva-stock.adobe.com

     

    応募先をみつけたら、履歴書・職務経歴書など応募に必要な書類を作成しましょう。

     

    ここで油断していると面接へ行く前に書類で落とされる恐れもありますので、怠らず丁寧に作成してくださいね。

     

    経歴や自己PRなどいろいろな項目を埋める必要がありますが、なかでも志望動機の内容には気を配ってください。

     

    先述した通り、志望動機では「その企業にしかない魅力」を述べる必要があります。

     

    そして、それは企業によって異なるもの。複数の企業を受ける場合は、受ける企業によって内容を変えるのがベストです。

     

    また、業界や企業によりますが、履歴書・職務経歴書以外にも別途指定されたものを提出しなければいけない場合もあります。

     

    提出書類は何かを事前にしっかりと確認し、提出漏れがないように気を付けてくださいね。

     

    【STEP4】初めての転職:面接の対策

    採用

    ijeab-stock.adobe.com

     

    書類の選考が通ったら、次は面接の選考が控えています。

    面接は転職活動のなかでも、特に重要なステップです。

     

    後悔のない面接をするためにも、事前にしっかりと対策をしておきましょう。

     

    準備不足で臨んでしまい、面接官からの質問にうまく答えられず満足に自分の魅力を伝えられなかった、という事例も少なくありません。

     

    正しい面接マナーを身につけ、スムーズに受け答えできるように回答を準備しておくなど対策をすることが大切です。

     

    受け答えに関しては、よく聞かれる質問(志望動機や退職理由など)の準備をしておくと一先ず安心でしょう。

     

    よく聞かれる質問は、序盤に聞かれることが多いです。序盤の質問にスムーズに答えられるだけでも自信がつき、その後の質問にもスラスラと答えやすくなりますよ。

     

    もし面接に落ちたとしても、あまり落ち込む必要はありません。初めての転職が上手くいかないのは珍しいことではないからです。

     

    次に繋げる気持ちを持つことが、転職成功の糧となることを忘れずに取り組みましょう。

     

    【STEP5】初めての転職:内定と退職の手続き

    退職届

    tamayura39-stock.adobe.com

     

    内定をもらった後は内定受諾の手続きはもちろん、退職の手続きもおこなう必要があります。

     

    序盤で軽く触れたように、退職は時間がかかるものと思っておきましょう。

     

    なぜかと言うと、会社の規定で「退職する場合は退職日の〇カ月前までに申し出る」と定めていることが多いからです。

     

    そのため、退職を申し出てすぐに退職できるとは限りません。

     

    確認を怠ると、面接や退職交渉でトラブルが起きる原因にもなり兼ねませんので、必ず転職を始める前に会社の規定を確認しておきましょう。

     

    もし、退職を引き止められたときは「辞める意志は変わらない」という強い姿勢を崩さないようにしてください。

     

    ここで意志が揺らぎ、退職に時間がかかってしまったという方もいるようです。そのようなケースがあることも踏まえた上で、退職交渉に臨みましょう。

     

    初めての転職でよくあるQ&A

    初めて転職する方が疑問に思いやすいポイントをQ&Aでまとめました。一通り目を通してみてくださいね。

     

     

    Q.自分の希望に合う求人が見つけられないときは?

    (A)転職サイトだけ利用するのではなく、転職エージェントのサポートがあるサービスを活用してみましょう。

    数ある求人の中から、希望に合う応募先を自分で探すのは時間がかかるものです。

     

    エージェントのサポートを受けて希望に合う求人を紹介してもらい、自分で探す手間を省いていきましょう。紹介してもらった求人に応募するかどうかは自分で決めることができます。

     

    ただし、転職エージェントならどれでもいいわけではありません。

     

    自分の探している業界の取り扱いが少ないサービスを利用するとなかなか求人がみつからないことも。

     

    宿泊業界に転職したいときは、当サイト「おもてなしHR」にご相談ください!宿泊業専門に取り扱っているので気になる求人を見つけられるはずですよ。

     

     

    Q.会社を辞めてから転職活動してもOK?

    (A)NGではありませんが、現職を続けながら転職活動したほうが安心です。

    転職活動を始めたからといって転職先がすぐにみつかるとは限りません。

     

    仕事がない間は収入を得られないため、そのことを把握した上で会社を辞めても大丈夫か検討してください。

     

    ただし、病気やケガなどやむを得ず仕事を辞めなければいけない場合は、無理せず仕事を辞めてから活動しましょう。

     

    失業中の収入が心配な方は、失業手当の受給を検討してみるといいかもしれません。

     

    Q.まだ転職を迷っているときは?

    (A)辞めることで得られるメリットと辞めるリスクを想定し、転職後の将来と今の仕事を続ける将来を比較してみてください。

    そうすることで見えていなかった部分に気づき、迷いがなくなるかもしれません。

     

    また、辞めたいと考えている方のなかには、自分の考えや物事の見方を変えて仕事を楽しめるようになったという方もいるようです。

     

    しかし、

     

    • ・「職場にいこうとすると憂鬱な気持ちになる」
    • ・「ケガや腰痛が絶え間なく続いている」

     

    など心身に大きな負荷がかかっている場合は、無理に留まらず転職や休職をしましょう。

     

     

    初めての転職に不安がある方は転職エージェントを活用しよう

    転職

    One-stock.adobe.com

     

    初めて転職をする方に向けて、転職の流れについて説明しました。

     

    転職を始める方は、まず「自己分析」から始めていきましょう。転職が成功するかどうかは、この自己分析にかかっているといっても過言ではありません。

     

     

    • ・「初めての転職で分からないことが多い」
    • ・「応募書類の作成や面接対策に心配がある」

     

     

    などという方で宿泊業界への転職をお考えであれば、私たち「おもてなしHR」にお気軽にお問い合わせください

     

    あなたのペースに合わせて転職をお手伝いいたします!

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る