ホテル業界の福利厚生を就職・転職前に確認しておこう!

ホテル業界への就職・転職を検討するなら、福利厚生の充実にも目を向けるべきです。宿泊業の特性上、「夜勤がある」「土日に休みにくい」といった、一般的にはマイナスととらえられる特徴があります。しかしそれを補い、ホテルの仕事を楽しい・充実したものにしてくれるのが福利厚生です。福利厚生はホテルの個性をあらわすものともいえるため、どのような視点で選ぶのが良いか見ていきましょう。

ホテル業界の福利厚生は良い?悪い?

悩む女性

iStock/metamorworks

 

新しい職場で働こうと考えたとき、気になるのが福利厚生などの待遇面です。とはいえホテルの場合は一般企業と違って、「お客さんとして利用したことはあっても、働く側のことはよくわからない」という人が多いでしょう。

 

加えてホテル業界は離職率が高く、慢性的な人手不足が課題だと言われていることもあって、福利厚生の面で不安を覚えるかもしれませんね。

 

しかしホテルの場合、規模にはよりますが福利厚生は整っているところが多いようです。まずは最低限チェックしておきたいポイントを挙げていきます。

 

社会保険

社会保険は、ホテル業界に限らず、社員として企業で働くなら最低限の福利厚生といってよいでしょう。具体的には、

 

  • ・健康保険
  • ・厚生年金保険
  • ・介護保険
  • ・労災保険
  • ・雇用保険

 

の5つに分けられます。またアルバイトやパートであっても、労働時間や日数が一定のライン以上であれば社保に加入できますので、受けたい会社の規定をしっかりと確認しておきましょう。

 

退職金

退職金を出すか出さないか、また何年働けば支給の対象となるかなどは法律上の定めがなく、会社ごとに独自の規定を設けて設定しています。

 

長く働いても退職金が出ない企業も少なくないため、あらかじめ確認しておくとその後の流れがスムーズです。

 

交通費支給

自宅と会社の距離によっては、交通費の有無が収入額を大きく左右しますよね。交通費が支給されるのか、車通勤の場合はどうなるのかなど、細かいところまで事前に確認しておきましょう。

 

深夜手当

ホテル業界の特色ともいえますが、必ず夜勤や泊まり勤務が発生します。その場合、深夜手当がつくことになりますので、働いた分ちゃんと支払われるかの確認は必須です。

 

これらはホテル業界に限らず、企業で働くうえで必要な福利厚生といえますね。では、これにプラス、ホテルに転職するならほしい福利厚生とはなんでしょうか。

 

ホテル業界ならではの福利厚生1:資格手当

資格が取れて喜ぶ男性

iStock/fizkes

 

ホテル業界で働くスタッフは、実にさまざまなスキルを必要とされます。例えば海外からくるお客様と円滑にコミュニケーションを取るためには語学堪能であると有利ですし、それに伴って知っておきたいマナーなどもあるでしょう。

 

参考記事:ホテルマンになる方法は?資格はいる?

 

こうした資格を取得することによってインセンティブが得られる「資格手当」の制度があると、働く側のモチベーションアップにつながります。

 

また、社員教育に尽力している企業ととらえられるので、働くことで自身のスキルアップにもつながるでしょう。

 

ホテル業界ならではの福利厚生2:社員寮

社員寮のようす

iStock/sturti

 

都心部に多いビジネスホテル以外のホテルは、例えばリゾート地など通うには不便な立地であるケースが多いため、社員寮が用意されていることがあります。

 

ひと口に社員寮といっても、大きな建物が一つあってそこでスタッフ全員が寝泊りする、一般的なアパートを「寮」と扱い個々人のプライベートが分けられる、など形態はさまざまです。

 

寝泊りする場所は生活の土台となる大切な部分なので、入ってから驚いたりショックを受けたりすることのないよう、どんなところで暮らすことになるのか事前にチェックしておくべきでしょう。

 

ホテル業界ならではの福利厚生3:宿泊料の社割

値段が割引に

iStock/Fokusiert

 

「社割」という言葉、よく聞かれますよね。社員が自社・自店舗で商品を購入するとき、定価より割り引いた金額で買えるというものです。ホテルにも、福利厚生としてこれが適用されることがあります。

 

あるホテルマンの方は、自分が働いているホテルの雰囲気が好きだからと、定期的に社割を利用して勤務先のホテルに宿泊していると話していました。社割は家族にも適用されるため、定期的に実家の両親を招いているのだそうです。

 

実際にお客様として利用することで、スタッフとして働くだけでは見られない視点で自ホテルについて考えることができるため、サービスレベルの向上にもつながりそうですね。

 

ユニークな福利厚生も!?海外の事例を紹介

バカンスを楽しむ女性

iStock/Shoko-Shimabukuro

 

社保完備、退職金、各種手当などはどこの企業でも導入している一般的な福利厚生ですが、これらとは少し違ったものをプラスすることで、その企業・ホテルの“色”を出すことができます。

 

多くのホテルで人材不足が課題とされていますが、ユニークな福利厚生で他と差別化すれば、人を集める糸口になるかもしれません。

 

例えばある海外のホテルでは、「連続した休暇を取得できるうえ、宿泊費用の補助を出す」という福利厚生があるそうです。これは他のホテルを研修し、サービスレベルの向上に生かす「研修」の一環という考え方から。

 

連休が取りにくいと言われるホテル業界において、こうした制度はとても嬉しいものです。サービスレベルの向上だけでなく、スタッフのモチベーションアップにもつながるでしょう。

 

ホテルの福利厚生が充実しているか働く前にチェック!

指をさす笑顔の女性

iStock/violet-blue

 

ホテル業界といえば、「きつい」「休みが取りにくい」といったネガティブなイメージがあるかもしれませんが、意外にも福利厚生はしっかりとしている企業が多いのです。

 

訪日外国人観光客の急増によりホテルへの需要は高まっているにもかかわらず、ホテル業界は慢性的な人材不足に悩まされています。福利厚生の充実はこうした状況を打開する一つの手なので、ホテル側としてもさまざまな対策を講じています。

 

ホテル業界への就職・転職を考えるなら、どのような福利厚生が用意されているかをしっかりと見定めることが重要です。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る