旅館の料理長の年収は?高い年収を得るために必要なことは?

旅館のレストランの責任者である料理長。料理の腕はもちろん、ビジネススキルも求められる重要な立場です。料理長を目指して、日々の厳しい修行をこなしている方もいるかもしれません。料理長になって、高い年収を得たいと考えることもあるでしょう。本記事では旅館の料理長の年収や料理長の仕事内容、高い年収を得るために必要なことについてご紹介していきます。

目次

    旅館の料理長の平均年収は?

    iStock.com/vichie81

     

    料理を楽しみに旅館選びをする人は多いもの。お客様に選ばれる旅館になるためには、料理長の腕にかかってるといっても過言ではないかもしれません。

     

    レストランの最高責任者である料理長。長年の修行を経て、豊富な知識と技術がなければ務まりません。料理人を目指す方、料理人として働く方にとっては憧れの存在でしょう。

     

    旅館の料理長として働きたい人に方にとって、気になるのは年収ではないでしょうか。旅館の料理長の年収にはバラつきがあるもの。経験や技術によって差がつくことはもちろん、勤める旅館の規模やランクにより異なるものだからです。

     

    料理長を募集している求人から見ると、料理長の平均年収は400万円〜600万円程度。有名旅館の料理長ともなれば1,000万円以上の年収になることもあります。

     

    平均年収で見ると、一般的企業の管理職と同程度とも言える年収額ですが、料理の腕が認められさえすればチャンスは広がります。

     

    旅館で働く料理長の仕事内容は?

    iStock.com/fcafotodigital

     

    料理長の仕事は、料理を作ることだけではありません。責任者としての役割も果たす必要があります。旅館で働く料理長の仕事内容についてご紹介します。

     

    メニューの考案

     

    旅館で提供される料理のメニューを考案するのは、料理長の仕事です。コンセプトを決め、食材を選定するのも料理長の役割。旬の食材を使用したメニューや、オリジナルの創作メニューを考案します。

     

    料理長ともなると、調理は若手の料理人に任せ、提供前に味の付けや盛り付けの確認をするということも多いようです。旅館の評判を左右するとも言える料理の味。全ては料理長にかかっているのです。

     

    食材の仕入れ、在庫管理

     

    レストランで使う食材を決めるのも、料理長の仕事です。実際に市場に足を運び、食材選ぶこともあります。お客様に料理を楽しんでいただくためには、旬の食材や珍しい食材も必要ですが、採算を取ることや安定して提供し続けられる食材を選ぶことも大切です。

     

    旅館の利用客は一定ではありません。繁忙期・閑散期、個人客・団体客、状況によって必要な食材の量も異なります。利用客を予測した適切な在庫管理で、ロスを減らすことも考えなければなりません。

     

    スタッフの教育・管理

     

    料理長はレストランの責任者ですが、実際に調理するのは調理場で働く複数の料理人。お客様の数を予測してスタッフの配置を考えたり、調理の技術指導をするのも料理長の役割です。

     

    料理の質を高めることだけでなく、スタッフもモチベーションを維持したりするために積極的なコミュニケーションも必要でしょう。能力のあるスタッフを評価し、育てることも料理長の重要な仕事です。

     

    売上向上のための施策

     

    料理長に必要なのは、料理のスキルだけではありません。食材にかかるコストや料理の価格設定などを綿密に計算し、利益を上げるためのビジネススキルも必要です。

     

    お客様が何を求めているのか、ニーズやトレンドに目を向けることも必要でしょう。旅館の多い温泉地では、選ばれるためのオリジナリティも求められます。料理の腕が確かなだけでは、料理長は務まりません。

     

    旅館の料理長として高い年収を得るには?

    iStock.com/kazuhide-isoe

     

    旅館の料理長として働くなら、高い年収を得たいですよね。料理長の年収は、旅館の規模やランクによって差が生まれます。高級旅館と呼ばれるような客単価の高い旅館であれば、求められるスキルやセンスのレベルも上がります。その分、高い年収が期待できるでしょう。

     

    そうは言っても、料理長になること自体が簡単なことではありません。旅館の料理長になるためには、料理人としての長く厳しい修行が必要です。就職した旅館に勤め続けて、料理長を目指すこともできますが、狭き門であることは事実。

     

    有名レストランや海外での修行を経ていたり、数々のコンテストで受賞歴があったり、高級旅館の料理長になるには、抜きんでた実績があることも。料理長として高い年収を得るためには、人並以上の努力も必要でしょう。

     

    料理長になるために、特別な資格は必要ありません。実力さえあれば、ステップアップすることは可能です。料理長として高い年収を得るだけにとどまらず、一流料理人として名を馳せることもあるかもしれません。

     

    旅館の料理長として高年収を目指しませんか?

    iStock.com/kuremo

     

    料理の腕を磨くことだけでなく、ビジネススキルも必要な旅館の料理長。長年の厳しい修行と努力なくして、料理長になることはできません。どれほど高い年収を得ている料理長であっても、初めから高度なスキルやセンスを持っていたわけではありません。

     

    料理長になるには、どこで修行を積むかというのも重要です。スキルアップを目指して、新しい旅館で修行を積むというのも良いかもしれません。将来の料理長を目指した転職をお考えの場合は「おもてなしHR」をご活用ください。

     

    積極採用中!ホテル・旅館の求人

    求人をもっとみる

    ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

    必須企業名

    ご担当者様名を入力してください

    必須ご担当者様名

    ご担当者様名を入力してください

    必須メールアドレス

    メールアドレスを入力してください

    必須電話番号

    電話番号を入力してください

    資料請求のお申し込みを受け付けました

    資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
    入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

    万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

    ページ上部へ戻る