【バイト履歴書】学歴・職歴の書き方!高校生・大学生・パート主婦のケース別で紹介!

履歴書の志望動機・自己PRの書き方は、応募者によって千差万別。しかし、学歴・職歴には記入の基本ルールがあるため、ルールを外れてしまえば採用担当者から非常識と思われ、採用が遠のいてしまうかもしれません。バイト履歴書の学歴・職歴欄の記入ポイントと、高校生・大学生・社会人パートの学歴・職歴欄の記入例をご紹介しますので、履歴書作成の参考にしてみてください。

バイト履歴書の学歴・職歴で気を付けるポイント!

iStock.com/D76MasahiroIKEDA

 

アルバイト履歴書を作成する際、学歴・職歴欄はどのように記入するのが良いのでしょうか。記入時に気を付けたい、4つのポイントをご紹介します。

 

学歴は義務教育後の「高校以上」が基本

学歴欄には、高校以上の学歴を記入するのが一般的です。義務教育である小学校・中学校では個人差が生まれづらい、という背景から、学歴欄に記入する必要性が低いと考えられているためです。

 

ただし、これはあくまで通説であり、明確なルールは存在しません。出身中学校が名門私立など、アピールに繋がるような学歴があれば、記入をするのも良いでしょう。

 

学校名・学部名・学科名は省略せずに記入

学歴は、しっかりと正式名称で記入する必要がありますが、うっかりミスは意外に多いもの。よくある間違いをご紹介しますので、記入時には誤りがないよう、気を付けてくださいね。

    • ・高校 → 高等学校
    • ・都立〇〇高等学校 → 東京都立〇〇高等学校
    • ・〇〇大学 入学 → 〇〇大学□□学部××学科 入学

 

  • ・東京都立〇〇高等学校 入学
  •  同上 卒業

 

  • →東京都立〇〇高等学校 入学
  •  東京都立〇〇高等学校 卒業

ミスをしてしまったら新しい用紙で再作成

下書きをしているにも関わらず、勢い余って書き間違いをしてしまった。そんな時に助けとなってくれるのは、修正テープや修正液ですよね。

 

簡単に記入ミスを直せるため、履歴書の修正にも使ってしまいたくなるものですが、履歴書の作成時には、修正テープや修正液は使用すべきではないと考えられています。打ち消しの二重線や、訂正印も同様です。

 

修正された履歴書とミスひとつない履歴書、どちらが書類として信頼性が高まるかは明白。採用担当者から「志望度の低い応募者」と見られるリスクも高まりますので、記入ミスをしてしまった場合は、必ず新しい紙に書き直すようにしましょう。

 

学歴・職歴ともに経歴詐称はNG!

学歴が高くないことや、職を転々としていることが選考に不利に働いてしまうかも、と不安に思う方であれば、経歴をごまかしたいと思ってしまうのも無理はありません。

 

しかし、仮に経歴を詐称して入職が決まったとしても、嘘をついたのは事実。後ろめたさが残ったり、レベル感のズレがあれば働くことさえ苦になってしまいます。

 

経歴詐称が明るみに出てしまえば、最悪の場合、懲戒解雇となる恐れもありますので、「バイトだから」と、軽い気持ちで経歴を詐称しないようにしてくださいね。

 

バイト履歴書の学歴・職歴の書き方:高校生の場合

高校生がアルバイトに応募する際の、履歴書学歴・職歴欄の記入例をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

バイト履歴書の学歴・職歴(高校生)

©nextbeat

 

履歴書の中で、職歴について一切触れないというのはマナー違反にあたります。たとえ、働いた経験がなかったとしても、職歴がないという事実は忘れずに記入しましょう。

 

バイト履歴書の学歴・職歴の書き方:大学生の場合

続いて、大学生がアルバイトに応募する際の履歴書学歴・職歴欄の記入例をご紹介します。

バイト履歴書の学歴・職歴(大学生)

©nextbeat

 

過去にお金をもらって働いた経験がある方と、そうでない方とでは印象が大きく異なります。アルバイトもれっきとした職歴になりますので、過去に働いた経験がある方は、ぜひ職歴欄に記入しましょう。採用担当者の目にも、きっと良く映るはずです。

 

バイト履歴書の学歴・職歴の書き方:パートの場合

最後にご紹介するのは、社会人がパートとしてアルバイトに応募する際の、履歴書学歴・職歴欄の記入例です。

バイト履歴書の学歴・職歴(パート応募)

©nextbeat

 

子育てからの復帰を目指す方であれば、「職歴」の記入に悩むことも少なくないでしょう。空白期間が長ければ長いほど、採用担当者からの印象は気になってしまうものです。

 

しかし、育児期間が仕事のブランクになってしまうのは自然なこと。おおよその採用担当者は、年代や性別から状況を汲み取ってくれますので、考えすぎる必要はありません。

 

それでも不安が残るという方であれば、職歴の退職理由に「出産のために退職」と明記したり、自己PR欄に「育児期間中の過ごし方(資格取得など)」を記入しておけば、採用担当者もすぐに状況を理解してくれるはずですよ。

 

バイトの履歴書でも学歴・職歴は丁寧に書こう!

iStock.com/paylessimages

 

アルバイトの履歴書の学歴・職歴欄の記入ポイントや、高校生、大学生、パートそれぞれの記入例をご紹介しましたが、履歴書が持つ最も重要な役割は、採用担当者に正しい情報を伝えることです。

 

「バイトだから」という安易な気持ちで履歴書を作成してしまえば、記入ミスをしてしまったり、履歴書からいい加減な応募者という印象が、採用担当者に伝わってしまいます。

 

1日でも早い採用に近づくためにも、ぜひ気を抜かずに履歴書の作成に取り掛かってくださいね。

 

履歴書「学歴・職歴欄」の書き方《学歴編》|学歴はどこから?卒業見込み・以上・私立・中退の書き方を解説!

 

履歴書の書き方徹底ガイド!テンプレートと見本付きで封筒・学歴・職歴・志望動機・写真のポイントを一挙解説

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る