子持ち主婦でも正社員を目指した転職は可能?子育てのサポートを上手に使おう

働くなら正社員が良いと考えている人は少なくないでしょう。子どもを育てながら転職を考える人の中にも、正社員を目指す人もいるでしょう。子育てと仕事の両立を考えると、正社員で働くことにハードルの高さを感じることもありそうです。拘束時間、休日の日数、そういった条件についても考えなければなりません。子持ち主婦が正社員を目指す場合、どういったことに注意すると良いのか考えてみましょう。

子持ちでも正社員で仕事がしたい

iStock/metamorworks

 

子どもがいても好きな仕事を続けたい、できるだけ長く働きたい。そういった思いを持っている女性も多いはずです。子どもがいると、仕事だけに時間を取ることが難しくなります。子持ちで仕事をする場合、正社員では厳しいという思いを持つ人もいるようです。

 

子どもがいても正社員で働ける?

 

正社員に関わらず、子育てをしながら働くということ自体、負担の大きなものです。子どもの年齢によっても異なりますが、小さければ小さいほど大変かもしれません。

 

正社員として働くということは、勤務時間は固定になり、休みを自由に取るようなことも難しくなります。子どもが幼稚園、小学校に通っている場合には、行事や休暇などを考慮しなければなりませんし、小さな子どもを抱えている場合には、風邪などを理由にした早退や欠勤もあり得ます。

 

正社員と、パートやアルバイトとの大きな違いは責任の面にあるでしょう。正社員であれば、果たさなければならない責任は大きくなりますし、簡単に仕事に穴をあけることはできません。

 

正社員で働きたいという気持ちを持っていても、子育てや家庭生活に関わる課題があるが故に、正社員で働く選択を取りづらいということはあるでしょう。とはいえ、正社員募集の求人の中には「ママ大歓迎」「子育て経験者多数在籍中」というような文言を見ることがあります。

 

こういった企業であれば、子持ちで正社員で働くうえでも、周囲の理解を得やすいのかもしれません。

 

正社員を目指した転職で子持ちは不利?

iStock/recep-bg

 

これから転職を考える場合、子持ちであることは不利になるのでしょうか。一概にそうとは言えませんが、ハードルが高くなるという事実はあるようです。

 

特殊な技能や資格を持っていれば違いますが、未経験の場合は特に険しい道になりそうです。

前述のとおり、欠勤や早退のリスクが高まることで、責任を果たしきれないというリスクが一番のネックかもしれません。

 

そういったネガティブな可能性のある人材を、正社員として採用するというのは、企業とっても難しい選択です。そのような理由から、子持ちの女性が正社員を目指して新たに転職をするというのは、不利になる可能性があります。

 

子持ちでも正社員で仕事がしたいなら

iStock/maruco

 

子持ちであっても、正社員として働きたいという強い思いがあるのであれば、転職希望先の企業に感じさせてしまう、子持ちであるが故の懸念点をクリアにする必要があるでしょう。

 

〇勤務地が近い

 

子どもの送り迎えに要する時間を考慮して、自宅から近い場所に勤務するというのは、良い択です。朝の身支度、帰宅後の家事等に要する時間を確保するためにも、通勤時間を短くすることは得策です。子どもの年齢が小さい場合には、預け先への送迎がありますし、勤務中に預け先からの呼び出しがあることも想定しておく必要があります。

 

子育てのサポート体制

 

子育てと仕事の両立は、一人の力では難しいことがいくつもあります。家族間で協力は不可欠ですし、外部の支援機関を必要もあります。

 

保育園や幼稚園のような保育施設の他、親族を頼ることもあるでしょう。子どもが病気でも、どうしても仕事に行かなければならない場合には、病児保育室の利用もあるかもしれません。

転職前に、様々な状況を想定し、情報収集をしておきましょう。

 

家族間でも、協力体制について話をしておかなければ、どちらか一方に過度な負担がかかることも考えられます。

 

経験のある職を選ぶ

 

転職で正社員を目指すのであれば全くの未経験の職ではなく、ある程度の経験やキャリアのある職を探すと良いでしょう。企業、転職者に対して即戦力を求めています。ブランクがあったとしても、知見があるということは優位に働きます。

 

子持ちであっても、豊富な知識と経験を活かしてもらえるのならと、企業も前向きになるかもしれません。

 

更に転職直後は、覚えなければならないことや慣れが必要なことが多くあり、不安や緊張を感じやすくなります。経験のある職種であれば、仕事に関するストレスが少なく済むことも考えられます。

 

子持ちでも正社員を目指したいなら

iStock/gyro

 

子育てをしながらの転職活動は、想像以上に大変なものです。さらに正社員を目指すとなれば、複数社に応募するようなこともあるでしょう。

 

転職エージェントを頼る

 

転職活動を効率よく進めるためにおすすめしたいのは、転職エージェントを頼ること。希望の職種、勤務地、勤務時間など、要望にあった働きやすい企業を探し出し、紹介してくれます。

 

企業の内情や制度についても正確な情報を得ることができますし、全てを自分一人で進める必要がありません。適切なアドバイスもらえるので、強い味方になってくれるはずです。

ステップアップで目指す

 

未経験の職種など、正社員として採用されるにはハードルの高さを感じる場合、将来的な目標として正社員を目指すという考え方にシフトするのも良いでしょう。

 

実際、パートなどの非正規雇用で就職した後、子育てが落ち着いたタイミングで正社員にステップしたという話も耳にします。子どもが小さい間は子育てに比重を置き、成長に合わせてバランスを変えていくという選択をするのも良さそうです。

 

転職先にも、そういた将来像を伝えてみても良いかもしれません。長く勤務したいという思いや、前向きな姿勢が評価されることもあるでしょう。

 

子持ちで正社員で仕事をするにはサポートが不可欠

iStock/Gajus

 

子持ちの場合、正社員で働くことも転職活動そのものにも、誰かの力を借りる場面は多く訪れます。

 

正社員として勤務し始めても、スムーズに進まないと感じることも起こるでしょう。後でやろうと思っていたのに子どもと一緒に寝落ちしてしまったなど、子育て経験者にはよくある話。

 

正社員として毎日働くというのは、体力的に大変なものです。子育てと両立するとなると、心身ともに疲れを感じることも多いでしょう。全てを抱え込もうとせず、適度に周囲を頼ること。子持ちで正社員を目指すのであれば、転職活動中から積極的に周囲からのサポートを受けると良さそうです。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る