採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

子持ち主婦の仕事探し。子育てと仕事を両立させるためのポイントをご紹介

子育てをしながら働く場合、課題になることはどんなことでしょうか。共働き世帯は、全世帯の7割以上と言われています。子育てをしながら働く主婦は非常に多いのです。子持ち主婦の仕事探し。どういったことに注意するとスムーズに進むのでしょう。希望に合った仕事にめぐり合うために必要なことを考えてみましょう。

子持ち主婦の仕事探し

iStock/Chalffy

 

子育てに慣れを感じたり、子どもの入園や入学のタイミングを見計らったり。子持ち主婦が仕事探しをするきっかけには必ず、子どもの存在があります。

 

子持ち主婦にとって、子育ては一番の仕事。とはいえ、子育てだけでは社会との繋がりが薄れてしまうような気がしたり、子どもの成長に合わせた経済的な課題が見えてくることもあるでしょう。

 

いざ仕事を探そうと思っても、なかなかスムーズに進まないことがあるのも現状です。子どもがいることで、少なからず選択肢は狭まりますし、働きたいように働けるかというと少し難しいものもあるようです。

 

子持ち主婦が仕事を探す場合に考慮すべきこと

iStock/recep-bg1

 

子育てと仕事を両立させるとなると、様々な面でのバランスを考えなければいけません。自分自身の生活だけを考えることが出来ない分、好きな仕事、憧れの仕事に就きたいと思っていても、うまくいかないこともあります。

 

勤務時間

 

子どもを育てながら働くうえで、課題になることが多いのは時間の使い方です。子どもの送迎が必要な場合は、遅い時間まで働くことは難しいでしょう。

 

保育施設に預けながら仕事をする場合には、保育可能時間のいうものもあります。地域の学童の中には、預かり時間が17時までと定めれられていることもあるようです。時間内にお迎えに行かなければならないとなると、残業をすることも難しいかもしれません。

 

ある程度の年齢になれば、家で留守番をすることも可能にはなりますが、安全面を考えると簡単ではありません。また、子どもが低年齢の場合には、子どもの世話にかかる時間が多いものです。朝の着替えから食事の補助、夜はお風呂に入れて寝かしつけまで。

 

子どもの生活時間のことも考えると、勤務可能時間に制限が生まれることは当然かもしれません。

 

勤務地

 

通勤というものは、案外ストレスのかかるものです。自宅から離れるほどに、朝の時間に余裕を持つことが難しくなりますし、帰宅後の時間の確保も難しくなります。

 

通勤に電車や車を使うことがあれば、混雑や渋滞のことも考え無ければなりません。勤務地を考慮することは、時間を考慮することにもつながります。

 

預け先から突然の連絡が入って、お迎えに行かなければならない。そういった可能性もあることから、移動距離が遠すぎない場所ということも、大事なポイントです。

 

子育て

 

子持ち主婦にとって一番の仕事は子育てです。

 

共働き家庭の課題として多く挙がるのは、子どもとの関わり方や子育ての協力体制です。保育園や幼稚園の送り迎えは誰が担当するのか、子どもが風邪をひいたら誰が看病するのか。そういったことも考えなければなりません。

 

家事、子育ての全てをを両親のうちの一方がこなさなければならないことを、ワンオペ育児と表現することがあります。家事と子育てに加え、仕事をするとなると、心身の負担は非常に大きなものです。家族やパートナーとの家事や子育ての分担、協力は不可欠です。

 

また、子育てに手がかかる年月は以外と長いもの。どれだけ子どもが成長しても、保護者として役目を果たさなければならない場面は多くあります。学校行事に参列が必要であったり、子どもが通学する学校の役員を務めることもあるでしょう。

 

仕事の責任と、保護者としての責任、そのどちらも全うすることを考えばなりません。

 

子持ち主婦の仕事探しはハードルが高い?

iStock/maruco1

 

子持ち主婦の仕事探しは、子どもの存在にとってハードルが高くなることがあります。

 

勤務可能時間や勤務地に制限があること、企業の求めに全て対応することが難しいのが現実です。残念ながら、子どもがいることで懸念点が多くなることがあるのも事実です。欠勤や早退の可能性はあることを、希望企業が不安視するようなこともあります。

 

子持ち主婦の仕事探しでは、求職者の希望と企業の希望のアンマッチが起こりやすいものかもしません。そういった点で、ハードルの高さを感じることはあるでしょう。

 

また、家庭生活を優先することで、全て自分本位に決められないこともあります。希望する働き方と、希望する仕事がイコールにならないことで、頭を抱えることもあるでしょう。

 

子持ち主婦でも仕事探しがスムーズに進む方法

iStock/FamVeld

 

子育てには多くのサポートや手助けが必要であること。子育て経験者の多くが感じていることです。

 

子持ち主婦の仕事探しでも同じことが言えます。ハローワークを利用したり、転職エージェントを活用し、効率の良い仕事探しを意識しましょう。自分自身の希望を明確にし、希望に合った企業を紹介してもらえるので、子育てに必要な時間を確保しながら仕事探しをすることができます。

 

特に、ブランクがある場合などは、プロからの適切なアドバイスも必要です。子育てをしながら働くうえでのコツを教えてもらうのも良いでしょう。子持ち主婦の仕事探しをスムーズにするためには、全て一人で進めようとしないことが肝心かも知れません。

 

子持ち主婦でも希望に合った仕事が探せる

iStock/metamorworks1

 

子持ち主婦の仕事探しは、簡単な道ではないかもしれません。それでも、落胆したり諦める必要はありません。

 

仕事と育児の両立は、働き方改革として国を上げて取り組んでいる課題です。企業は子育て中の従業員を支援し、環境の整備を進めています。周囲のサポートと企業の制度を活用しながら、子持ち主婦であっても自分らしい働き方を臨むことは十分に可能です。

 

実際に働き始めるのは少し先であっても、転職エージェントや派遣会社に登録をするというのも良いかもしれません。心強い協力者となって、子持ち主婦の仕事探しを後押ししてくれるでしょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

採用ご担当者さまへ
宿泊業専門の求人サイトに 求人を載せませんか?
おもてなしHRの特徴
1
意欲の高い求職者にアプローチ可能
2
ご要望に応じて最適なプランをご提案
3
何名採用しても追加料金はかかりません

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事