旅行系の検索キーワードで上位を狙って集客を狙うためには?

各ホテル・旅館では、新規客や顧客または見込み客を獲得するため、さまざまな対策を設けていることと思います。オンライン予約が主流となりつつある宿泊業界において、自社ホームページやSNSを有効活用することが必要不可欠となっています。そこで「検索キーワード」とは何か?に絞って、集客に繋がるポイントが何かを考えていきましょう。

お客様が旅行する際どのような経路で予約をする?

まずは、お客様がどのような方法で旅館やホテルを予約しているのかが分かるデータをご紹介していきたいと思います。

 

日本旅館協会が発表した令和元年度版「営業状況等統計調査」によると(同協会の会員を対象)、以下のような結果となりました。

円グラフ

旅館・ホテル共に、旅行業やネット業者からの予約が高い数値を保っていますが、旅行業からの予約は年々減少傾向にあるようです。

 

また、こちらも共に自社サイトからの予約流入ポイントは低く、手数料がかからない自社サイトからの予約を増やしていきたいところです。

 

自社サイトからの予約をアップさせるためには、自社サイト特別のプランを設けたり、施設情報を充実させたりなど、他サイトとの差別化を図ることがポイントです。

 

併せて、価格帯表示を見やすく構築するといった工夫も必要となってくるでしょう。宿泊施設を検索するユーザーファーストのホームページ作りが重要です。

 

データ参照:日本旅館協会 令和元年度版(平成30年度財務諸表より)営業状況等統計調査

検索キーワードとは?

キーワードを入れる

WrightStudio- stock.adobe.com

 

何か知りたい情報がある時に利用する、GoogleやYahoo!などの検索サイト。

 

「検索キーワード」とは、検索サイトの検索窓に入力する単語、またはホームページ内やタイトルに含まれている言葉のことを指します。

 

例えば、「旅行 ホテル 旅館」というキーワードを入力すると、旅館やホテルが予約できる旅行サイトが表示されます。

 

表示されたサイトや記事は、情報を検索するシステムの評価を元にした検索結果となっています。上位に表示されることで、ユーザーの目に止まる確率が高いため、アクセス数アップが期待できます。

 

従って、宿泊客が検索するであろうキーワードを選び、タイトルや記事の中に盛り込むことが、ホームページやSNSのアクセスアップに繋がる方法の一つとされています。

 

旅行系の検索上位キーワードから動向を知る

iLee- stock.adobe.com

 

ホームページやブログ、InstagramといったSNS等のアクセスを増やすためには、ユーザーがどんな検索キーワードを使うのか予想することが重要です。

 

そのためにはまず、貴ホテル・旅館がどういった目的や目標を持ってお客様を迎えたいのか、ユーザーにどんなことが提供できるのかを改めて理解することです。

 

  • ・各ホテル・旅館の魅力
  • ・他施設にはない売りをピックアップ

 

目的を絞り切れていないキーワードを、やみくもに散りばめても集客アップには繋がりません。

 

また、経営陣の意見だけではなく、お客様の声を拾ったもの、働いているスタッフの声も拾い上げながら、自社の魅力をリストアップしていくといいでしょう。

 

その上で、今の検索トレンドや宿泊業界の動向を探りながら、自サイトに適した検索キーワードを選択していきます。

 

旅行に関する検索上位キーワードを知るためには

旅行や宿泊のトレンドを知る方法にはいくつかあります。旅行のトレンドを知りたい場合は、「旅行 トレンド」「検索ランキング 旅行」といったキーワードで確認することができるようです。

 

より詳しく知りたい場合などは、国土交通省が発表している旅行や観光に関する消費動向を発表しているデータがありますので、併せてそちらも確認しておくといいでしょう。

 

いずれの検索結果も、あくまでも一般的な動向として捉え、独自の調査方法を取り入れながらオリジナル性を高めてくださいね。

 

検索トレンドを元に自サイトに検索キーワードを入れ込む

貴ホテル・旅館のコンセプトやユーザーを絞り込み、現在の旅行や宿泊業界の検索トレンドから動向を探ったら、次は、どんなキーワードが自社に合っているかを絞り込んでいきます。

 

しかし、ここでお伝えしておきたいことは、検索数が高い人気のキーワードを入れ込めば、必ずしも自社のホームページが上位に表示されるわけではないということ。

 

  • ・どんな検索ルートから予約が流入しているか
  • ・流入が多いツールは何か(自社ホームページ、インスタなどのSNS、)

 

今すぐアクセス数をアップさせたい場合は、トレンドのキーワードを入れ込むことが効果的ですが、ユーザーに長いスパンで求められるサイト作りや発信力が必要です。

 

それらを踏まえながら、記事やページのなかに検索キーワードを上手に盛り込み、アクセス数をアップさせましょう。

 

検索キーワードを有効的に使う方法

調べる人

Pcess609- stock.adobe.com

 

エゴサーチといった言葉をご存じでしょうか?エゴサーチとは、検索エンジンに自社の名前や評価を入力して、どう評価されているかを確認することです。

 

お客様の声や目線を拾って、今後の改善に活かしていく。インターネットの影響力を上手に活かして、さらなる自社の飛躍と集客へ繋げていきましょう。

 

インターネットの活用やSNS集客に特化した当サイト記事を下記にまとめましたので、貴ホテル・旅館様の集客にぜひ、ご活用ください。

 

ホテルのSNS活用で集客率を上げるには?

 

ホテル・旅館で集客力をアップするコツ

 

旅館の集客をインターネットの活用でアップ!旅館の集客の成功例とは?

 

【収益に繋がるスタッフブログの書き方】執筆のコツや注意点を解説!

 

googleマイビジネスを上手に活用してホテルの集客に繋げよう!

 

旅行・宿泊業界に特化した検索キーワードを狙って集客に繋げよう

旅行する女性

JenkoAtaman- stock.adobe.com

 

旅行を計画するお客様が「どんなキーワードで検索するのだろう」と考えることは、お客様が望むサービスを提供する接客やおもてなしの心と同じではないでしょうか?

 

今後はさらにオンラインからのご予約が増え、SNSやホームページといった集客ツールが主体となってきます。

 

検索キーワードの意味を知って、旅行に関するページで上位表示を目指し集客に繋げていきましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る