ホテルのSNS活用で集客率を上げるには?

ホテルの集客を行う際は、SNSの活用が必要不可欠になってきています。実際に、SNSの活用で集客に成功しているホテルも!SNSをうまく活用すれば、効率的に新規の顧客を獲得することができるのです。早速、SNSを活用するコツをみていきましょう。

ホテルへの集客はSNSの活用が必須!

beeboys – stock.adobe.com

 

最近では、ホテル探しもSNSが主流になりつつあります。

 

主要なSNSにはFacebook、Instagram、Twitterなどがありますが、ホテル探しでよく使用されるのがInstagramです。

 

そのため、ホテルが集客する際にはInstagramを活用することは必須条件となるでしょう。ホテルへの宿泊を考えているユーザーは、ホテルの外観や内装、設備、部屋からの眺め、料理の内容を知るためにSNSを用いてホテル検索をしています。

 

せっかく宿泊するのなら、できるだけ雰囲気の良いところに滞在したいと思うのがユーザーの心理ですよね。ホテル側もその心理を受け入れ、SNSをうまく活用していくことが求められます。

 

Instagramは、主に写真や動画の投稿を目的としたSNSですが、視覚効果が非常に高く、拡散されればクチコミ効果が期待できます。ハッシュタグは世界共通なので海外の方も簡単に情報を得られ、しかも写真で「どのようなホテルか」がわかりやすいのでインバウンド対策にもなるでしょう。

 

ホテル・旅館で集客力をアップさせるコツ

 

SNSを活用する前のチェックポイント

yumeyume – stock.adobe.com

 

いくらSNSがホテルを検索するツールとして使われているからと言って、闇雲にSNSを更新していては逆効果となるケースもあります。

 

ホテルが集客のためにSNSを活用するには、しっかりと目的を定めなければなりません。知名度を上げるためにSNSを活用するのか、それともホテルや周辺の魅力を発信するために活用するのかによってSNSの活用方法も異なります。

 

また、目的を定めるだけでなく、SNSでホテルが発信するテーマや世界観を決めることも必要です。そのためにはターゲット層を設定しなければなりません。どんなユーザー層に見てもらいたいか、社内でよく検討することが重要なのです。

 

ホテルのSNS活用事例

Monet – stock.adobe.com

 

SNSで集客を成功させたホテルには、いくつか共通点があります。ひとつずつご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビジュアルで勝負する

 

SNSを活用する際は、文字で情報を伝えるというよりは、写真や動画で伝えるという意識を持つことが大切です。

 

場合によってはテレビや雑誌、WEBメディアよりも早く自社ホテルの魅力をユーザーに訴えることができるのです。そうした情報の拡散力も高く、ひとたび話題になれば多くの新規顧客の獲得にもつながるでしょう。

 

コメント欄でユーザーとコミュニケーションをとる

 

ホテルがSNSの活用で得られるメリットは、写真や動画投稿の視覚効果だけではありません。

 

写真や動画投稿の発信のほか、コメント欄を利用してユーザーとコミュニケーションをとることも可能です。コメント欄でユーザーと直接やり取りすることで、ホテルの魅力を伝えることにも直結します。

 

誰でも自分が送信したコメントに細やかに対応してもらえると嬉しいものですよね。ユーザーのコメントに丁寧に対応するからこそホテルの好感度も上がることから、リピーターの定着も叶えたホテルもありますよ。

 

料理が作られる過程を動画で配信する

 

ホテルへの宿泊を希望しているユーザーは、ホテルが提供する料理も楽しみのひとつに数えています。

 

そこで、料理がどのように作られているのかという過程をおさめた写真を投稿し、実際に集客につなげたホテルもあるのです。料理の写真に関連して、料理人の写真も併せて投稿し、料理のこだわりも伝えることにもこだわっているようです。

 

ユーザーは自分が食べる料理がどのような人に、どのように作られているのかを宿泊前に見ることができるので、安心や楽しみも提供することにも成功していると言えるでしょう。

 

日本語と英語の説明をつける

 

SNSに投稿された写真は、海外のユーザーにもホテルの魅力を伝えることができると先述しました。

 

他のホテルと差をつけて、よりホテルの魅力を海外のユーザーに知ってもらいたい場合は、写真の説明文において日本語と英語を使い分ける工夫もしているホテルもあります。

 

今後インバウンド対策に力を入れたいというホテルは実践してみてはいかがでしょう。英語が使われていると、海外の方も安心して予約できるかもしれませんよ。

 

ホテルがSNSを活用するためには?

metamorworks – stock.adobe.com

 

ホテルがSNSを集客のために使いこなすにはポイントがあります。以下のポイントを無視してしまうと手間だけがかかってしまい、集客の目標が達成されないといったこともありますので注意しましょう。

 

フィルター機能を使う

 

SNSは写真や動画のクオリティーが集客のカギを握っています。そのクオリティーを上げてくれるのが、どのSNSにも付いている「フィルター機能」です。

 

フィルター機能を使うと、どんなものでも雰囲気のある写真や動画に仕上げることができます。ただ、ここで気を付けていただきたいのが、フィルター機能を無作為にかけてしまうことです。

 

フィルター機能を見境なく使ってしまうと、わざわざ設定したホテルの世界観にそぐわない雰囲気の写真が仕上がってしまいます。

 

雰囲気が統一されていないとユーザーの目に留まりにくくなってしまうので、SNSが集客のツールとして意味のないものになってしまうのです。

 

ハッシュタグを使う

 

先ほども触れましたが、ハッシュタグは世界共通なので、ハッシュタグを付ける際は多いほうが効果は高まります。

 

その際は、多くの人が検索してくれるようなハッシュタグを活用し、より大勢のユーザーの目に留まるように工夫しましょう。

 

継続的に投稿する

 

SNSで集客するには継続的に投稿することが必須です。

 

ホテル業務が忙しくなると後回しにしがちになってしまいますが、投稿の間が空いてしまうとユーザーに伝わるものも伝えられません。日常的にSNSを活用することこそが、ユーザーに近づけるチャンスにもなるのです。

 

ホテルの魅力を伝えるために、ぜひ継続的な投稿を心がけてくださいね。

 

注目度が高いSNSは?

coolhand1180 – stock.adobe.com

 

現在、集客を目的としているSNSで一番注目度が高いものと言えばInstagramですが、最近では動画を用いるSNSの注目度が急上昇しています。

 

動画を中心に配信するSNSは、YouTube、Instagram Stories、IGTV、TikTok、Vimeoなどがあります。海外では既によくマーケティングに活用されているようです。

 

動画には静止画よりもリアル感があり、ユーザーにとっては安心感を得られるだけでなく目でも楽しめるコンテンツになっています。また、動画は静止画以上の情報があり、ホテルの魅力を最大限伝えるには非常に向いていると言えるのではないでしょうか。

 

ホテルのSNS活用はユーザーに共感してもらえるかが大事

sofiko14 – stock.adobe.com

 

SNSには「いいね!」というリアクションが用意されていますよね。この「いいね!」は共感のことです。ですので、ホテルがSNSで集客を行う際には、ユーザーの共感を得ることが何よりも重要になっています。

 

なるべくホテルの世界観や雰囲気に合った写真や動画を投稿することを意識し、ユーザーの目に留まりやすいよう日常的にSNSを更新する必要があるでしょう。

 

SNSに関してはクチコミ効果が非常に高く、話題を呼べば多くの新規顧客の獲得につなげることが期待できます。また、一度SNSに投稿してしまえば、不特定多数のユーザーに営業することもできるのです。

 

うまくSNSを使いこなせば、ホテルの集客率をあげることも夢ではありませんよ。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る