旅館の客室で原稿執筆。だれでも小説家気分が味わえる原稿執筆プランがおもしろい。

文豪が愛した旅館、足しげく通った温泉地。同じ場所に身を置けば、特別な気分を味わうことが出来るかもしれません。そんな温泉地には、小説の執筆のピッタリの原稿執筆プランを提供している旅館があります。客室に籠った、普段とは違う景色の中での執筆が、新たな名作誕生のきっかけになるかもしれません。

執筆するなら温泉旅館

iStock/Atsuko_n

 

自然に囲まれた静かな旅館の一室で、広く開けれらた窓に向かって文豪が執筆する姿。そこで書かれた多くの作品は、今もなお愛され続けた名作ばかりです。

 

文豪が滞在したことで有名な温泉旅館

 

温泉地にある、歴史のある有名旅館には小説家や詩人に愛されたことで有名な宿があります。小説の中には、滞在した宿がをモデルに書かれた作品もあります。

 

それらの温泉旅館は、創業が江戸や明治であったり、建物が国の有形文化財指定されているなど、歴史ある佇まいが情趣に溢れ、さすが文豪に愛された宿というような印象です。

 

文豪に愛され、長期滞在されたことが有名で、今は小説ファンにとっては特別な宿となっている旅館もあります。文豪ゆかりの客室や愛用品がなど、当時と変わらぬ姿がそのまま残されていることもあるようです。

 

まるで時間が止まったような、特別な時間を味うことができるでしょう。ここにあの作家が宿泊したのか…と思うと静かな興奮もあるかもしれません。

 

原稿執筆プラン

iStock/kuppa_rock

 

多くの小説家に愛されたことで有名な温泉地では、原稿執筆プランや作家プランといったおもしろい宿泊プランを用意している旅館があるようです。小説家として実際に執筆した経験はなくても、勝手に筆が進んでしまようなこともあるかしれません。そんなプラン内容の一部をご紹介します。

 

プランの内容

 

基本的には、旅館に缶詰め状態になるので、1泊2食、または3食付きのプランになっています。広々とした部屋を一人で利用することが可能で、他の客室と離れた場所に案内してもらえるなど、静かに過ごせる工夫もされています。

 

もちろん、執筆以外での利用も可能です。実際に、一人で仕事に集中したい、ただのんびり過ごしたいという理由で利用する人も多いようです。

 

オプション

 

執筆プランの中には、小説家気分を味わえる様なバラエティーに富んだオプションが用意されていることもあります。

 

例えば、旅館スタッフは進捗確認をしてくれたり、編集担当者役になってくれるようなサービスもあります。締め切りに追われる文豪気分を味わうことできそうです。

 

そのほかには、文机を貸出したり、目に優しいフルーツを使ったドリンクが提供されたり、より良い執筆に繋がる工夫がされたオプションも用意されています。

 

本気で小説を書くつもりはなくても、体験したみたいと思う人もいるかもしれません。

 

さまざまなお籠りプラン

iStock/Navamin-keawmorakot

 

執筆以外にも、お籠プランと呼ばれるような、客室に籠りっきりになる宿泊プランがあります。外出が難しい時期や、寒さが厳しい季節などに人気が出るのではないでしょうか。

 

卒論執筆パック

 

基本的には執筆プランと同じ内容ですが、対象は学生であるため、学生証の提示などの学生であることの証明が必要になるようです。

 

学生の中には、卒論に苦労するという人も少なくありません。普段の生活では誘惑も多く、集中力を保つのがなかなか難しいといった学生にとっては、魅力的ではないでしょうか。

 

比較的安価な料金で、栄養バランスの考えられて食事も付いており、夜食まで提供されることもあるようです。短期集中型の学生に好まれそうな、一夜漬けプランといったものも用意されています。

 

学生最後の追い込みに旅館に籠るというもの、良い思い出に繋がりそうです。いつもと気分が変えることで、リフレッシュしながら卒論の執筆に挑めるでしょう。

 

読書プラン

 

読書は好きだけど、読書する時間を確保することが難しい。本を買ったはいいけど、読まずに本棚の中に積み上げられてる。そんな人に喜ばれそうなのが、読書プランです。

 

読み始めたものの、忙しくてなかなか読み進められないといったことは、往々にしてある話でしょう。読まずに溜まった本を旅館に持ち込み、誰にも邪魔されない環境で読書に没頭する休暇をいうのも、風情があって良さそうです。

 

参考:読書がコンセプトのホテルや旅館!ブックホテル・本の宿の強みに迫る!

一人でも旅館を楽しめるプラン

iStock/FabrikaCr

遠方への旅行や、大人数での外出が困難な中、一人で旅行を楽しみ、ひとりでも旅館を訪れやすい宿泊プランに魅力を感じる人は多くいるはずです。

執筆プランとは言っても、実際に執筆しなければ利用できないというものではありませんし、体験という意味での利用でも問題ありません。

 

執筆プランに限らず、旅館そのものを体験施設にしてしまえるような、新しい旅館の利用方法を提案してみるものおもしろそうです。

 

旅行での利用となると、滞在時間は短くなってしまいますが、客室に籠ることを前提にしたプランであれば、普段なら見逃されてしまいそうな旅館の魅力を余すことなく伝えることが出来るかもしれません。

 

時間の経過で変わる客室からの展望も、長時間の滞在でなければ見ることができないものです。

 

執筆プランの利用者の中には、数か月に渡って旅館に滞在する人もいるようです。かつての文豪もそうであったように、客室の窓から季節の移ろい見つめることで琴線に触れる一説が生まれ、ゆくゆくは名作と呼ばれる一冊が誕生した旅館になる日がくるかもしれません。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る