採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

30代の転職のきっかけは何が多い?30代の転職を成功させるコツを紹介!

30代は働き盛りということもあると同時に、20代ほど積極的な転職活動ができないため、転職を慎重に検討しているという方も多いはずです。そんな多忙な30代の転職検討者のために、30代の転職のきっかけをはじめ、30代の転職に役立つ情報をまとめました。ホテル・旅館の30代従業員の転職についても触れていますので、転職の判断材料としてぜひお役立てください。

30代の転職のきっかけはどんなものがある?

iStock.com/FangXiaNuo

 

20代の転職は多少の勢いで乗り切ることができますが、30代ともなれば転職も慎重になってしまうものですよね。この記事をご覧になっているあなたも、慎重に転職を検討していることでしょう。

 

加えて、30代であれば家庭があったり、ある程度のポジションについていたりと、気軽に誰かに相談することや情報収集も難しいはずです。

 

では実際に、30代で転職をしたという方は、どのようなきっかけから転職を決意したのでしょうか。30代の転職のきっかけをはじめ、転職の動向や転職市場、転職成功のコツをご紹介しますので、ぜひ転職活動にお役立てください。

 

30代の転職のきっかけ・転職理由

iStock.com/Oleksandr-Briagin

 

30代で転職をした方が、転職のきっかけとなった出来事・考えはどのようなものが多いのかをみていきましょう。

 

他にやりたい仕事が見つかった

様々な業界や人々と関わるうちに興味の幅が広がったことや、自分のやっている仕事に疑問を覚えたことがきっかけで、やりたいことが新たに見つかり、転職を決意したという方もいるようです。

 

新たなことへの挑戦のため、「これが最後の転職」という心持ちで転職をする方も多いでしょう。

 

スキルアップがしたかった

想像していたよりもキャリアアップができない職場に勤めている方ほど、スキルアップがしやすい職場を好む傾向にあります。

 

せっかく同じだけ仕事に時間を費やしているのであれば、効率よくスキルアップができる企業で働きたいと思うのは自然なこととも言えるでしょう。

 

会社の将来が不安があった

中小企業や、急速に成長したベンチャー企業などで勤務している方の場合、会社の5年後・10年後と自身のキャリアを照らし合わせ、早めに転職をしておこうと考える方もいるようです。

 

中には、裁量が大きく持たされる企業でどんどんスキルを伸ばせるだけ伸ばし、新卒で狙っていた企業や、著しく成長を続けている企業へ転職をするという方もいるようです。

 

長年の不満が蓄積した

新卒から10年近く同じ会社で勤めているという方であれば、様々な会社の歴史を見てきたことでしょう。何度も何度も企業体制を変えようと尽力したものの、結局大きくは変えることができなかったという方もいるはずです。

 

そんな長年不満を蓄積させてきてしまったという方は、30歳という節目の年や、勤続10年というタイミングで一念発起し、転職をするという方もいるようです。

 

UIJターンがしたい

30代ともなると、自身の両親、家庭を持っているのであれば配偶者の両親にいつ何が起こるかもわかりません。また、若いうちは大都市圏で、という思いで働いていた方が、本格的にUIJターンを考え出すのも30代と言えるでしょう。

 

親の面倒を見たい・見なければならない、大都市圏で得たスキルを地元で活かしたい、ガツガツと働くよりも心に余裕を持って働きたいという方は、UIJターンのために転職するという方も多いようです。

 

30代の転職動向・転職市場

iStock.com/franckreporter

 

30代は、自身の将来と向き合った結果、大きな方向転換をしたいというきっかけから転職を決心したという方も多いようですが、転職動向・転職市場はどのようなものになっているのでしょうか。30代の転職動向・転職市場の知識を携え、転職の検討材料にしてください。

 

経験分野であれば不利に感じないが半数

どことなく「30代の転職は不利」という印象を持つ方が多いようですが、実際に転職をした30代の約半数は、経験分野であれば不利と感じなかったと回答をしたアンケート結果もあるようです。

 

もちろん、胸を張り誇ることができるような経験やスキルがあることは前提ですが、ポジティブな理由から転職を検討している方であれば、そこまで深く悩む必要はないでしょう。

 

20代よりも未経験転職のハードルは上がる

新しいことに挑戦したいと考えている方であれば、20代よりも30代の方がハードルが高いということは覚えておくべきです。

 

企業の採用担当からすると、年齢を重ねるごとに、考え方が凝り固まってくることもあり、未経験での伸びしろがあるのは30代よりも20代と考える方が大半でしょう。

 

よって、未経験職種へ転職をする場合には、その職種に就くためにプライベートを使ってでも努力をする必要があります。必要であれば資格を取るなどをし、就業意欲の高さを伝えられるようにしておけば、転職の成功率は上がるはずです。

 

即戦力としてのスキル・マネジメント力が期待される

30代の転職者に企業が求めていることは、個人の持つスキルと、マネジメント力です。30代での転職は、即戦力であることが前提になりますので、自身のスキルをしっかりと棚卸ししておくようにしましょう。

 

また、30代のうちに転職をしたいなあと漠然に転職を考えている方であれば、マネジメント力を磨く期間にするために現職で勤め上げるのも一つの手です。

 

チームでの成果が出せる管理者は、どこの企業でも必ず重宝されます。ですので、マネジメント経験がない方であれば、マネジメント経験を現職でさせてもらう機会を設けた後に、転職をすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

30代の転職を成功させるコツ

iStock.com/imtmphoto

 

30代の転職を成功させるにはコツには、どのようなものがあるのかをみていきましょう。

 

踏み込んだリサーチを行う

20代と比較し、様々なことを多面的に捉えることができるのが30代です。言い換えると、企業としても30代であるだけでそのような見方をされます。

 

そのため、業界研究や企業研究を20代の頃に行った就職・転職活動よりも綿密に行わなければ最低のスタートラインに立つことできない、と考えておいて損はありません。業界の未来、企業の方向性などを面接時に自然に話すことができるよう、準備をしておきましょう。

 

企業のニーズと自身の経験の接点を明確にする

30代の転職者に企業が求めているのは、スキルとマネジメント力の2点であるということは前述の通りです。この能力を持っているということだけでなく、企業が抱く今後の展望と、自身の接点を見出すことができれば、転職活動の成功率は各段に上がることでしょう。

 

業界研究・企業研究を進める中で、企業が求めている人物像が明確に見えてくるはずですので、しっかりと把握したうえで、自身であればどのような形で貢献ができるのかを考えておいてくださいね。

 

アピール方法を考える

30代の転職活動は、20代のそれよりも一層「魅せ方」に気を配る必要があります。多くの経験を積んでいるでしょうから、自分という商品をより魅力的に見せるにはどのようなアピールをすれば良いのかを、面接官の立場で考える必要があります。

 

情報収集力・分析力・構成力・表現力を駆使し、自身に最適なアピールを取ってくださいね。

 

30代での転職の注意点

iStock.com/Eva-Katalin

 

30代で転職をする際には、どのようなことに気を付ければならないのでしょうか。30代での転職の注意点を3つご紹介します。

 

転職の目的を明確にする

まず第一に行っていただきたいのが、転職の目的を明確にするということです。スキルアップのための転職なのか、給与アップのための転職なのか、親の面倒を見るためのUIJターンのための転職なのか、など転職の目的によりゴールは変わってくるでしょう。

 

中には、目的を定めていくうちに「現職でもやり方次第では目的が達成できるかもしれない」と気付くことができるかもしれません。

 

30代の転職は、そう簡単ではありませんから、なぜ転職をしたいのか・しなければならないのかという目的は明確に定めてくださいね。

 

仕事探しの優先順位を付ける

転職の目的を定めれば、自ずと仕事探しの優先順位は付けられるはずです。

 

給与・勤務地・職種など、条件は人によって様々ですが、30代の求人は20代と比較してそう多くはありませんので、自身の要望が全てまかり通る求人はごくわずかでしょう。

 

求人が見つからない場合も想定したうえで、仕事探しの優先順位を付けておけば、転職活動をスムーズに進めることができますので、条件の優先順位をつけることがおすすめです。

 

ライフプランと照らし合わせる

30代ともなれば、車や住宅のローン、子供の養育費など考えなければならないことが山積みですよね。そのため、40代・50代となっても今の転職が間違いではなかったと感じることができるような企業へ転職をすべきです。

 

家庭がある場合は配偶者のキャリアプランを擦り合わせる、独身で結婚願望がある場合はいつ頃までに結婚をし、それまでにいくらの貯金をしておく、などライフプランと転職先を照らし合わせることで、転職後の後悔を少なくすることができるはずです。

 

ホテル・旅館の30代従業員の転職成功の鍵は?

iStock.com/XiXinXing

 

ホテル・旅館などの宿泊業に従事している30代の方であれば、体力的な問題から転職を検討しているという方もいるのではないでしょうか。

 

実際のところ、宿泊業の仕事自体に魅力を感じてはいるものの、今後続けていけるほど体力に自信が無くなり、30代で転職を検討するという方も多いようです。

 

そんな方におすすめしたいのが、土日休みがある、中抜けシフトがないホテル・旅館です。

 

昨今の働き方改革のおかげで、以前よりも働きやすいホテル・旅館も増えました。ですので、引き続き大きなやりがいや喜びを感じられる宿泊業の従事を続けたいという方は、新しい制度を導入しているホテル・旅館を探してみるのが良いでしょう。

 

他業界への転職を検討している方は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

ホテルを辞めて転職と決めたらどんな仕事をする?ホテルの経験を活かせる転職先を解説

 

30代の転職のきっかけはアドバイザーに伝えよう!

iStock.com/recep-bg

 

30代の転職のきっかけは、20代と比べ現実的であることが多いようです。いずれにせよ、自身や家族の幸せを考えたうえで転職を志す方が多いようですので、きっかけがあるのであれば恐れずに転職をすることで、新しい未来を切り開くことができるでしょう。

 

そして、転職活動を進めるにあたり、おすすめしたいのが転職支援アドバイザーです。

 

30代は20代に比べると、採用枠数は多くはありません。現職の業務も多忙極まる中、時間を確保し、希望の条件の求人を探すのも一苦労です。そんな作業を代行してくれるのが、転職支援アドバイザーなのです。

 

当サイト「おもてなしHR」では、ホテル・旅館などの宿泊業への転職をアドバイスを無料で行っています。アドバイザーを経由することで、現在の業界の転職動向・転職市場も見えてきますので、ぜひ気兼ねなく頼ってくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事