採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職時のカジュアル面談で企業に好印象を与えるコツをご紹介!

転職活動を始めた途端、「カジュアル面談」という言葉が増えたとお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、中途採用においてカジュアル面談を活用する企業が増えてきているのです!もちろん、宿泊業界も例外ではなく、カジュアル面談は、転職先の可能性を広めてくれる魅力的な機会となっています。本選考とは直接的な関係はないのですが、企業の担当者に好印象を残しておいても損はありません。カジュアル面談のコツをつかんで、転職活動を成功させましょう。

転職で活用される「カジュアル面談」とは?

Monet – stock.adobe.com

 

カジュアル面談とは、求職者と企業側がお互いをよく知るために設けられる場を意味します。ラフな雑談形式で情報交換を行うことができることが最大の魅力です。

 

まだ転職先をハッキリと決めていない方は、興味のある会社のことを知ることができるので転職活動にも良い影響があるでしょう。

 

さらに、企業に自分のスキルや経験、価値観を存分にアピールできます。求職者と企業側で認識のズレがあると、入社してから「こんなはずじゃなかった」というようなミスマッチが起きてしまうことを防ぐためにも、カジュアル面接は有効なのです。

 

ただ、あくまでもカジュアル面談なので、実際の本選考の面接とは大きく異なります。ですので、リラックスして面談に参加することが望ましいでしょう。

 

カジュアル面談に求職者はどう臨むべきか?

 

カジュアル面談の流れ

metamorworks – stock.adobe.com

 

カジュアル面談を行う流れとしては、転職サービスに登録することが必要不可欠です。

 

転職サービスへの登録作業が完了したら、自分のプロフィールや職務経歴書などを記入したあとに企業からカジュアル面談の案内が届きます。

 

興味のある企業からカジュアル面談の申し出があった場合は、そのままカジュアル面談を受けることができます。ただ、最近ではオンラインによる面談が増加していますので、企業によって面談が開かれる場は異なります。

 

その際、履歴書や職務経歴書を用意する必要はありません。しかし、筆記用具の準備はしたほうが良いでしょう。

 

無事カジュアル面談が終わったら、企業側から面接参加の案内の連絡がくる可能性もあり、そのまま面接に進むこともできる、という流れになっています。

 

宿泊業界のカジュアル面談にはどのような服装で行くのが適切?

ponta1414 – stock.adobe.com

 

カジュアル面談の服装については、あらかじめ指定する企業は少なく、全て求職者の裁量に任されています。

 

カジュアル面談なので、上下スーツで参加する必要はありませんが、あまりにも個性の強い服装は避けたほうが無難でしょう。

 

たとえ「オフィスカジュアルで」という指定があった場合でも、念のため企業のカルチャーや働いている人の服装を企業ホームページなどでチェックして、服装を調整すると良いかもしれませんね。

 

宿泊業界のカジュアル面談に参加する場合は、男女ともにジャケットをはおることをおすすめします。ホテル・旅館などのサービス業は、身だしなみが整っている求職者に好感を持ちやすい傾向があります。

 

ですので、服装に困ったらジャケットをはおり、夏はポロシャツなど、なづべく襟の付いた服装で参加すると良いかもしれません。

 

転職のカジュアル面談はどんな服装で臨めばいい?

 

転職におけるカジュアル面談で好印象を残すための注意点とは?

naka – stock.adobe.com

 

カジュアル面談とはいえ、企業の採用担当者に好印象を残せるならば、それに越したことはありません!今後にあるかもしれない本選考で、他の候補者と差をつけるためのポイントをご紹介します。

 

企業の情報を事前に調べる

 

カジュアル面談の前日までに企業の最低限の情報を調べておくと、面談当日によりリアルで深い情報を聞き出すことができます。

 

企業情報を調べるには企業HPをみるだけでなく、企業に関するインタビュー記事をチェックする方法もあります。

 

また、最近ではSNSを確認することで情報を収集することもできるので、面談では建設的な話し合いをすることを目標にしてみてくださいね。

 

質問事項を用意しておく

 

カジュアル面談では、事前にいくつか質問事項を用意しておくことも大切です。

 

おすすめの質問事項としては、「具体的な会社のミッションやビジョン」「社内行事や全社集会などはあるのか」「給与条件や待遇の詳細」などがあります。

 

自分がその企業でやりがいを持って働けるか、居心地の良い環境で仕事ができるかなどの判断をするためには、確認しておくべきポイントでしょう。

 

選考を兼ねている企業もあることを理解する

 

カジュアル面談は選考に直接関係ないと先述しましたが、一部では選考を兼ねている企業もあります。

 

カジュアル面談だと思い軽い気持ちで参加したところ、さながら面接のように志望動機などを聞かれたり、不採用通知が後日届いてしまうといったケースもあるようです。

 

どのようなパターンになっても良いように、適度な緊張感を持っておくことが必要でしょう。

 

転職でカジュアル面談を希望する場合は人材紹介会社に頼るのもアリ

fizkes – stock.adobe.com

 

転職でカジュアル面談に参加したい場合は、人材紹介会社を活用することもおすすめします。

 

興味のある企業への紹介実績がある人材紹介会社を経由することで、自分ひとりで事前準備をする必要がなくなります。

 

転職を検討される方のなかには、在職中に転職活動をしている方も多く、事前準備が大きな負担となってしまう事例があるのです。そのようになってしまう前に、人材紹介会社のキャリアコンサルタントを頼りましょう。

 

キャリアコンサルタントは、企業の担当者と同じレベルで紹介先企業のことを熟知しています。ですので、カジュアル面談で気を付けるべきポイントを客観的に伝えてくれます。

 

しかも、インターネットには掲載されていないような情報を持っているので、今後の転職活動に役立つことは間違いないでしょう。

 

宿泊業界への転職をお考えの方であれば、自社サービス「おもてなしHR」をぜひご利用ください。あなたの転職活動を、丁寧にサポートいたします!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事