採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職のカジュアル面談はどんな服装で臨めばいい?

採用市場で注目が集まる「カジュアル面談」は、その名の通りラフな会話を重ねながら、企・求職者の双方の理解を深めるために行われる新しい採用活動の一つです。しかし、面談時「どれほどカジュアルな服装で臨めばよいのか」と悩まれている求職者も多いことでしょう。カジュアル面談の服装について、宿泊業界におけるカジュアル面談の服装について役立つ情報をまとめました。

カジュアル面談で服装の指定がない…!

iStock.com/skynesher

 

近年、ベンチャー企業を中心に「カジュアル面談」という言葉を採用市場でよく耳にするようになりました。

 

カジュアルという字面だけを見ると、一見どのような服装で臨んでも問題なさそうと感じますが、どの程度の服装でカジュアル面談に臨むべきかと悩まれる求職者も多いはずです。

 

カジュアル面談の服装の選び方についてご紹介をしますので、転職活動に役立ててくださいね。

 

服装はそこまで重視されないのがカジュアル面談

iStock.com/Satoshi-K

 

結論からお話しをすると、文字通り、カジュアル面談ではあまり服装は重視されないようです。

 

そもそも、カジュアル面談とはオフィスやカフェなどで行われる、雑談形式の情報交換の場です。求人企業・求職者の双方の理解を深めるために行われるため、服装はそこまで重視されず、選考とは切り離して考えている企業も多くあります。

 

とは言え、全く気にも留めないというのも、企業の担当者に失礼な話となりますので、最低限のマナーを守り、面談に臨みましょう。

 

カジュアル面談については、下記の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

カジュアル面談に求職者はどう臨むべきか?

 

カジュアル面談の服装は何が正解?

iStock.com/monzenmachi

 

あまり服装は重視されないカジュアル面談ですが、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。カジュアル面談に臨む際、最低限気を付けていただきたい服装のポイントをご紹介します。

 

清潔感は重要

人の第一印象は、容姿や服装を含む視覚情報が約半分の影響を受けるという「メラビアンの法則」をご存じでしょうか。接客業や営業職などのビジネスの世界、就職・転職活動のセミナーなどではよく耳にする法則です。

 

初対面で受けた第一印象は、その後も強く残ります。加えて、第一印象で与えた悪い印象を覆すには、多くの時間を要するため、第一印象はとても重要とされています。

 

その第一印象を決定づける見た目、つまり服装が乱れていては、たとえどんなに能力が高い人物であっても、面談者はあまり良い印象を持たないと考えるのがベターです。

 

ですので、面談者にまずは不快感を与えないためにも、シミやシワなどのない、清潔感のある服装で面談に臨むようにしましょう。

 

個性をアピールするのもOK

カジュアル面談で大切なのは、お互いの理解を深めることです。

 

企業がどんな方針を基にし、どんな事業を展開していて、どんな人物を求めているのかという話を受ける一方で、求職者がどんな職場で働きたいかなどをラフに話し合うことがができるのがカジュアル面談の魅力です。

 

そのため、男性の場合であれば、「ワイシャツではなく、Tシャツで働きたい」という方や、女性であれば「ヒールを履いて働きたくない」というような考えを持つ方であれば、その意向を服装で表現するのもよいでしょう。

 

また、アパレル・美容業界やデザイナーなどの職種によっては、個性を重視される可能性もあります。服装で個性を表現することで、普段以上の面談を行うことができるかも知れません。

 

心配であればジャケットを着用

「そうは言っても何を着たら良いのか…」と不安に思われる方は、ビジネスカジュアルで面談に臨めば間違いないでしょう。

 

心配であれば、ジャケットを着用することで、きちっとした印象を面談者に与えることができるはずです。

 

あまりにもラフな服装はNG

いくらカジュアル面談と言っても、サンダル・大きいアクセサリー・露出の高い服など、あまりにもラフな恰好をしてしまうのは危険です。

 

カジュアル面談は、選考前に行われる企業担当者との面談であることを忘れず、常識の範囲内で服装を決定するようにしてくださいね。

 

カジュアル面談時に服装以外で気を付けたいこと

iStock.com/SeventyFour

 

服装以外の部分でも心構えをしておけば、カジュアル面談の時間を有意義なものにすることができるはずです。カジュアル面談時に気を付けていただきたい3つの項目をご紹介しますので、面談当日までに一度目を通しておくことをおすすめします。

 

人となりを伝えられるようにしておく

カジュアル面談では、面接のように形式ばった展開ではなく、雑談ベースでの会話が続きます。もちろん、面談を実施する企業や、求職者についての話がメインとなりますが、時には話が逸れ、思わぬ会話で盛り上がるということもあるはずです。

 

面談後、「いろんな話ができた!楽しかった!」という印象を抱くのは良いことですが、あくまでも選考前の面談ですので、いやらしくない程度に自身のアピールを行ったり、自身の考え方を伝えておくことを忘れないようにしましょう。

 

当日の雰囲気が選考に影響を及ぼすことも

企業がカジュアル面談を実施する最大の理由は、お互いの価値観が一致しているのかどうかを見ることです。

 

そのため、求職者が現在興味を抱いている分野や、今後の業界はどう変わると思うか、などということを面談者から問われることもあるでしょう。

 

その時に突拍子もない返答をしてしまえば、変わった人・将来設計ができない人などと捉えられ、面談者にマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

 

面接ほど意気込む必要はありませんが、会話を成り立たせるための最低限の企業研究や業界研究を行うのが得策です。

 

プラスになる準備物は用意しておく

インターネットと関わりの強い仕事や趣味を持つ求職者であれば、自身の成果物をWEB上で公開しているという方もいるはずです。その情報を当日に見せながら話をすることももちろん可能ですので、すぐにアクセスができるように準備を整えておくのがよいでしょう。

 

また、営業職などであれば数字目標などの成果、接客業であればお客様とのエピソードなど、心に強く残っている体験をしたという方も多いはずです。

 

こちらも制作物同様、すぐに説明ができるように準備をしておくことで、面談時に強く印象を残すことができるかも知れません。

 

ホテル・旅館ではカジュアル面談であっても服装に注意!

iStock.com/double_p

 

ホテルや旅館などの宿泊業界でも、カジュアル面談を導入している企業はあります。

 

ただ、宿泊業界のカジュアル面談に臨む場合には、他業界よりも慎重に服装を選んだ方が良いかも知れません。宿泊業は服装に対する意識が高い業界であるためです。

 

接客業全般に言えることですが、お客様と直接触れ合うことがある職種では、服装は重要視される傾向にありますので、シミやシワの無いオフィスカジュアルで臨むのが無難です。志望度が高い場合には、ジャケットを着用しておけば間違いないでしょう。

 

カジュアル面談は服装より面談内容の準備に注力しよう!

iStock.com/erikreis

 

カジュアル面談の服装で最も大切なのは清潔感です。服装の規定は特にありませんので、企業のカラーを見ながら、ご自身で服装の緩急をつけ、面談に臨むようにしてくださいね。

 

そして、何より大切なのは面談の内容です。お互いの価値観を提示し合う内容こそカジュアル面談の本質ですので、服装の用意に時間をかけるよりも、自身の魅力を伝えられるように事前準備に時間をかけた方が、有意義な面談ができる可能性は高くなることでしょう。

 

「カジュアル面談こそ、何を伝えれば良いかがわからない」という求職者であれば、自身を見つめ直すために、人材紹介サービスのアドバイザーに相談をし、情報を整理するのも一つの手です。

 

ホテル・旅館などの宿泊業界であれば、当サイト「おもてなしHR」がお話しを聞き、面談のアドバイスをすることもできます。登録・サービス利用に費用は発生しませんので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事