テーブルコーディネーターの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

テーブルコーディネーターは、ホテル内のレストランやパーティーでのテーブルの飾りつけ、食器などのコーディネートをする仕事です。お客様が楽しく食事をできるよう、会場の雰囲気や料理にあわせたコーディネートをします。仕事を通して人を喜ばせることもできる魅力的な職種です。

仕事内容

iStock.com/ma-no

 

テーブルコーディネーターは、食事空間の演出をするためにテーブルウェアや小物などを選び、セッティングする仕事です。テーブルコーディネーターの仕事は主に次の3つに分けられます。

 

プランニング

クライアントからの要望や会場の雰囲気などにあわせて、どのようなコーディネートがよいかプランニングします。トレンドや客層、季節なども考え、全体の色合いやテイストのイメージを固めていきます。また、空間全体のバランスも意識しながら演出することも求められます。

食器やアイテムを選ぶ

空間のデザインやコーディネートのプランニングが決まったら、実際にお客様が使う食器やテーブルに飾られるアイテムを選びます。テーブルマット、ナプキンなどのテーブルウェア、グラスやカトラリーを含めた食器類の他にも、キャンドルや席札といった小物類、花や花器など、テーブルコーディネーターは数多くのアイテムの中から、最適なものを選ばなければなりません。そのため、それぞれの分野についての専門的な知識も必要とされます。

 

セッティング

空間デザインに合うように選ばれたアイテムは、コーディネーターの指揮のもとテーブルにセッティングされます。会場や空間の雰囲気と調和がとれているか、料理を引き立たせることができているか、お客様が使いやすくシュミレーションできているかを考えながら、現場で臨機応変に調整していきます。その際、テーブルコーディネーターには全体のバランスを見る広い視野と細部にこだわる繊細さが欠かせません。

 

このようにテーブルコーディネーターは、お客様が食事を楽しめるようにテーブルを美しく演出し、料理のおいしさを引き立たせる重要な役割を担います。専門的知識やセンス、お客様への配慮が求められるプロフェッショナルな職種と言えるでしょう。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/Eva-Katalin

空間との調和を考える演出の奥深さ

一般的にテーブルコーディネーターとして現場に入る場合、会場の色合いやインテリアはあらかじめ決まっているので、既存の雰囲気とのバランスを考えながらテーブルコーディネートをすることが求められます。実際に飾り付けた後、予想以上の仕上がりになった時や、お客様に十分に満足していただいた時に、大きなやりがいを感じられるでしょう。空間の雰囲気までも大きく左右するテーブルコーディネートの仕事は、テーブル上だけでは完結しない、演出の奥深さがあります。

 

「引き立て役」としての誇り

テーブルコーディネートは場の雰囲気にあわせた華やかさや美しさが求められますが、あくまで主役を引き立てるためのコーディネートです。料理がよりおいしそうに見えるか、使いやすさなどが何よりも大切なポイントとなります。お客様に料理や場の雰囲気を心から楽しんでいただくことが、インテリアコーディネーターのやりがいにもつながります。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/Eva-Katalin

食空間づくりに求められる知識の幅広さ

テーブルコーディーネーターは、幅広い分野に精通していることが求められる職種です。陶磁器やガラス製品など食器類に関する知識、和食や洋食などテーブルセッティングの形式やマナー、カラーコーディネートの知識など、テーブルコーディネーターが身につけておくべき知識は山のようにあるので、そのための勉強が欠かせません。トレンドを取り入れながらホテルならではの上品さを作り出すことも求められるので、常に新しい情報を仕入れてセンスを磨くことが求められます。

 

会場の雰囲気を左右する責任の重さ

会場全体の雰囲気は、テーブルクロスや食器、装花など空間にある一つひとつのものが持つ佇まいや空気が合わさって構成されています。差し色や同系色などナプキンの色一つ違うだけでも、会場全体の雰囲気は大きく変わってしまうので、選択を間違えればお客様をがっかりさせてしまうこともあるでしょう。一つひとつのアイテムにこだわりながら、常に広い視野をもってテーブルコーディネートすることが重要です。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/Onfokus

 

テーブルコーディネーターとして働くために必要な資格はありませんが、次のような資格を取得しておくと、テーブルコーディネーターとして働き始めやすいかもしれません。

 

・日本フラワーデザイナー協会 フラワーデザイナー

・色彩検定協会 色彩検定

・東京商工会議所 カラーコーディネーター

・WBW 認定ウエディングスペシャリスト

 

装花の作り方、色のもつ効果や組み合わせ、ブライダルの基本的知識など、それぞれの資格のカリキュラムでテーブルコーディネートに関連した知識を身につけることもできます。また、次のようなスキルも求められます。

 

・コミュニケーション能力

・テーブルマナーや食器についての知識

・料理や食文化についての知識

 

クライアントの要望を的確に読み取り表現しなければならないため、テーブルコーディネーターとして仕事をする上でのコミュニケーション能力は必須のスキルと言えます。また食器や装飾品についての知識も欠かせません。一般的には、先輩のテーブルコーディネーターのアシスタントにつき、現場で学びながら働き始めるようです。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/uygaar

 

テーブルコーディネーターは、会場全体の雰囲気を左右する重要な役割を担います。テーブルコーディネーターとして働いていく中で、次のようなスキルが身につきます。

 

・空間コーディネートの知識とセンス

・提案力

・広い視野

 

経験を積むことで、コーディネートの知識とセンスに磨きをかけることができ、さまざまなお客様に対し提案ができるようになるといった対応力も身につきます。テーブルコーディネーターとしての知識と技術が身についたら、よりグレードの高いホテルへの転職もチャレンジできるでしょう。また、テーブルコーディネートの専門的な知識は幅広い分野からニーズがあり、テレビや雑誌用の撮影演出、店舗でのディスプレイ、コンサルタントとして外食産業での食空間づくりに関わるなど幅広い分野で活躍することもできます。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る