ベーカリーの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

ホテルにはお客様に提供するパンを作るベーカリーという仕事があります。ベーカリーには製パンの知識や技術、何種類ものパンを焼き上げるオペレーション能力などが求められます。プロフェッショナルな仕事ですが未経験から始められる場合もあり、働きながら技術を身につけることができる職種です。

仕事内容

iStock.com/gerenme

 

ホテルのベーカリーは、ホテル内のレストランでお客様に提供するパンを作る仕事です。ベーカリーの主な仕事内容は、次のように分けられます。

 

材料の仕入れ、管理

小麦粉やバターなどのパンの材料を仕入れ、在庫の管理をします。パンは素材によって出来上がりの味が大きく変わるため、ホテルで提供されるパンとしてふさわしい素材を選ぶことが大切になります。適切な環境で在庫の保管や製パンの作業ができるよう、掃除など衛生管理も大切な仕事です。小麦粉などの重い袋を持ち上げて運搬することもあるため、体力も必要となります。

 

仕込み、成形、焼成

ホテルでパンを提供する場面は、朝食やランチ、ディナーの他、ホテル内のカフェやパーティーなどさまざまなです。こだわりのあるホテルでは、それらすべてをホテル内で手作りをします。材料を量って配合し、ミキシング、発酵などの工程を経て、パンを焼成していきます。捏ねの作業は機械に任せることもありますが、成形などは手作業なのでスピードや丁寧さも求められます。数種類のパンを必要なタイミングに焼き上がるよう調整するため、工程の管理が重要です。ホテルやレストランでは工程ごとに分業化して仕事を進める場合が多く、下積み時代はオーブン係などから担当することもあるようです。

 

パンの提供

焼きあがったパンをホテル内のカフェや宴会場に陳列します。パンがおいしそうに見えるか、お客様が取りやすいかなど意識しながら丁寧に並べます。パンを選んだり食べているお客様の反応などを見て、レシピの改良に活かすこともあります。

 

このように、ホテルのベーカリー業務は、ホテルの格式に合うおいしいパンを作るため日々研究を重ね、経験を積みます。一般的には分業化されていることが多く、チームワークが欠かせない仕事でもあります。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/Rawpixel

パン職人としての技術向上

パンは、材料の配合での微妙な誤差や、発酵時間、気温などで焼き上がりのクオリティに大きく違いが出る非常にデリケートな食べものです。経験を積めば積むほど、捏ねあがりや発酵のタイミング、焼き上がりの見極めなど、最適な判断ができるようになっていきます。毎日パンを同じ状態に焼き上げるためには、気温や湿度にあわせた材料の配合や発酵時間の調整が不可欠で、常に新しい発見や学びがあることがベーカリー業務の奥深さや魅力でもあります。失敗を乗り越え、うまくパンが焼けたときは、それまでの苦労が報われる最高の瞬間に感じられるでしょう。

 

パンを通してお客様を喜ばせることができる

パンはちいさな子どもからお年寄りまで、幅広い世代に親しまれる食べ物です。さまざまな世代の人をパンを通して喜ばせることができるのが、ベーカリーという仕事の魅力と言えます。自分の作ったパンを食べてお客様に喜んでもらえたり、お客様からパンのオーダーを多くいただいたときなどは、ベーカリーとしてのやりがいを強く感じることができるでしょう。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/kumikomini

ハードな労働環境

ベーカリーの作業場ではオーブンを使用するため、特に夏は作業場が高温になりやすく、また、火傷をすることも少なくありません。大量の重い小麦粉の運搬など、力仕事も多い職種です。パンの発酵時間などから逆算して仕込みをしなければならず、まだ薄暗い早朝から出勤することもあります。ハードな労働環境ですが、パンを好きな気持ちや情熱を持ち続ければ、前向きな姿勢で仕事に向かうことができるでしょう。

 

計画性やスピード感が求められる作業工程

大きな規模のホテルやレストランでは、一日に100種類以上のパンを時間通りに焼き上げなければなりません。いくつものパンの工程を管理しなければならないため、時間に追われる仕事でもあります。また、その日の天候などにあわせて配合や時間を変えるなど繊細さも求められます。何度も経験を重ねることで、臨機応変な調整もできるようになり、仕事を効率よくこなせるようになっていきます。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/webphotographeer

 

ベーカリーとして働くための必須の資格はありませんが、次のような資格を持っているとベーカリーで働き始めやすいでしょう。

 

・パン製造技能士

・製菓衛生師

 

パン製造技能士や製菓衛生師の試験内容は学科試験と実技試験があり、受験資格として実務経験が必要な場合もあるので、パン屋やホテルのベーカリーで働きながら資格取得を目指すことも一般的です。製菓製パンの専門学校や調理専門学校の製パンコースなどでは、基本的な知識や技術を学ぶことができます。資格以外にもベーカリーとしての仕事をこなすには、次のようなスキルも必要になります。

 

・チームワーク

・オペレーション能力

・探求心

 

ホテルでのベーカリーの仕事は分業で行われるので、コミュニケーションをとりながら連携して仕事を進めるチームワークが必要となります。またハードな環境での仕事をこなすには、パンへの探求心や情熱など強いマインドを持ち合わせているとよいでしょう。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/Wavebreakmedia

 

ベーカリーはパン作りの職人です。ベーカリーとしての仕事をしていると、次のようなスキルを身につけることができます。

 

・マネジメント能力

・開発力や提案力

・パンに関する幅広く専門的な知識

 

分業体制での製パン作業を行うことで、チーム管理や工程管理をするマネジメント能力を身につけることができます。パンに関する専門的な知識がより深まり、新しいアイデアを形にする開発力や提案力も高まるでしょう。ベーカリーとしてさまざまなポジションを経験した後は、より規模の大きなホテルへの転職や、独立してパン屋を開業することも考えられます。パン教室や専門学校での講師など、ベーカリーとしての経験を活かして、製パンに関するさまざまな仕事につくことができます。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る