ウェイターの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

ウェイターは、ホテルのレストランなどで料理の提供や片付けなどの接客を行なう男性スタッフのことを言います。レストランでの接客以外にも、パーティや結婚式でサービスを行なうこともあります。お客様に特別な空間で食事を楽しんでいただくために、接客マナーやホスピタリティ精神などが求められる仕事です。

仕事内容

iStock.com/ilovemayorova

 

お客様に食事や飲み物を運ぶ業務を行うウェイターの仕事は、ホテルの仕事の中でもお客様と接する時間が長い職種と言われています。ウェイターの仕事内容は主に4つです。

 

オーダーを取る

テーブルについたお客様にメニューの説明をおこないオーダーを取ります。オーダーを取る際には、肉の焼き加減や食べられない食材など、お客様の好みをきちんと把握してキッチンへ伝えなければいけません。料理についてお客様からの質問される場合もあるので、食材や調理方法など料理についての知識も身につけておく必要があります。

 

料理やドリンクの提供

でき上がった料理やドリンクをお客様の元へ運びます。お皿の持ち方や置き方など、お客様に失礼がないよう、スマートに提供しなければいけません。お客様の様子を見ながらベストなタイミングで料理やドリンクを運ぶだけでなく、お客様が困っていることがないか、細やかな目配りや気配りが求められます。

 

食器などの片づけ

食べ終わった食器を片づけるのもウェイターの仕事です。お皿を重ねるときに音を立てないように気をつけながらすばやく片づけなければいけません。ホテルの規模によっては、食器を片づけ、次のお客様を迎えるためのテーブルセッティングは、ウェイターの補助業務を行なうバスボーイが行う場合もあります。

 

宴会の準備と片づけ

結婚式やパーティなどの準備と片づけをウェイターが任されることもあります。テーブルや椅子のセッティングやステージ準備などは、とても力のいる仕事です。限られた時間で完璧な会場作りが求められるので、仲間との協力が不可欠となるでしょう。

 

このように、ウェイターはレストランでの接客、宴会の準備や片づけなど、業務内容は多岐に渡ります。レストランやパーティなどでお客様と接する時間が長いので、ウェイターの印象がホテルやレストランの評判につながることもある、責任ある職種です。

 

やりがい・面白さ

iStock.com/LightFieldStudios

特別な空間を作り出すことがやりがいにつながる

レストランやパーティの場は、日常とは違った特別な空間です。このような特別な空間でお客様が非日常を楽しむためには、会場の装飾や料理はもちろん、ウェイターの接客も完璧でなければいけません。きちんとした身だしなみや言葉遣いでお客様を迎え、最高のサービスを提供することで、お客様は特別な時間を味わうことができます。思い通りの空間や雰囲気作りができたとき、ウェイターはやりがいを強く感じることができるでしょう。

 

お客様の楽しんでいる姿を間近で見られる喜び

お客様が料理を食べて楽しそうにすごしている姿を間近で見ることができるのは、ウェイターの仕事ならではの魅力です。ホテルでウェイターの仕事をしていると、結婚式の披露宴で幸せな瞬間に立ち会えたり、誕生日や記念日をレストランでいっしょに祝えたりすることがあります。また、サプライズの仕掛けを依頼されることもあるでしょう。お客様が心から喜ばれ、笑顔で感謝の言葉をいただければ、やりがいにも繋がるはずです。

 

料理に関する知識が身につく

シェフやコックの仕事を間近で見て、お客様にメニューや料理の説明をすることで料理に関する幅広い知識を身につけることができます。知識を習得することで自信につながり、楽しみながら仕事をすることができます。

 

難しさ・大変さ

iStock.com/Wavebreakmedia

サービスを徹底するための忍耐力

レストランの品格や評判はウェイターのサービスによって左右されるため、ウェイターには一定のレストランサービススキルが求められます。どれだけ大変なときでも、笑顔を絶やすことなくスマートに接客をしなければなりません。徹底したサービスを続けるための忍耐力が必要となるでしょう。 

 

どのようなお客様も公平に接する

ホテルやレストランには、さまざまなお客様がいらっしゃいます。どのようなお客様にも満足していただけるよう、お客様それぞれに合うサービスを提供しながらも、公平に接することが求められます。ときにはクレームを受けることもあるでしょう。クレームの内容は、料理に対することや接客に対することなどさまざまです。お客様からのお叱りの声は真摯に受け止め、次に活かす工夫ができるとよいでしょう。

 

必要な資格・スキル

iStock.com/Ryan McVay

 

ウェイターになるために必要な資格はありませんが、持っていると役に立つ資格には次のようなものあげられます。

 

・レストランサービス技能士

・ホテルビジネス実務検定

・サービス接遇実務検定

 

ウェイターはホテルの業務の中でも、お客様と接する時間が長い職種であるため、基本的な接客サービスを勉強しておくと即戦力となれるでしょう。資格とは別に、次のようなスキルもウェイターには求められます。

 

・コミュニケーション能力

・体力

・集中力

・協調性

・ホスピタリティ

 

お客様と接する仕事であるため、コミュニケーション能力が高いと抵抗なく仕事を始められるでしょう。ウェイターとしての身のこなし方やテクニックは研修などで学びますが、スマートなサービスができるようになるには、高い集中力とトレーニングが必要です。宴会の会場準備で重いものを持ったり、忙しい時間帯は休むことなく接客をしたりするため、タフな体力と体調管理も欠かせません。

 

身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/Wavebreakmedia

 

ウェイターをとして経験を積むことで、次のようなことが身につきます。

 

・高い接客スキル

・観察力

・オペレーション能力

・飲食に関する豊富な知識

 

現場での経験を積み重ねることで、高いレストランサービススキルや観察力、ホスピタリティの精神が自然に身についていくでしょう。調理スタッフとの連携を取る中で、オペレーション能力を高めることもできます。ウェイターの次のキャリアステップとしては、レストランサービスの責任者であるヘッドウェイター、アシスタント・レストランマネージャー、レストランマネージャーへと昇格することができます。ウェイターとして経験を積むとホテルサービスの基礎を身につけることができるため、フロントやコンシェルジュなど他のサービス部門にチャレンジするのもよいでしょう。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る