ウェイトレスの仕事内容とは?やりがい、必要な資格・スキル、キャリアステップについて

ウェイトレスとは、料理や飲み物を運ぶなどの接客を行なう女性スタッフのことを言い、ホールスタッフ、フロアスタッフとも呼ばれます。ホテル内のレストラン以外でもパーティや結婚式で接客をすることもあります。料理の提供や後片づけだけでなく、食事を楽しんでもらうための心地よい空間作りもウェイトレスの役割です。

ウェイトレスの仕事内容

iStock.com/Wavebreakmedia

 

お客様に食事や飲み物を運ぶ業務を行うウェイトレスは、ホテルの仕事の中でもお客様と接する時間が長い職種でもあります。ウェイトレスの仕事内容は主に4つに分けられます。

 

テーブルへのご案内

レストランやパーティ会場を訪れたお客様を、予約の有無や人数を確認しテーブルへご案内します。ご案内するときは歩く速さをお客様にあわせたり、段差のある場所では声を掛けたりと、丁寧な対応が求められます。椅子を引くときも座りやすさなどを意識するなど、常にお客様ファーストで行動します。レストランによってはこの業務はグリーダーが行う場合もあります。

 

オーダー(注文)

レストランでオーダーをとる業務もウエイトレスの仕事です。席についたお客様にメニューの説明をし、また、お客様の様子を見ながらオーダーを取りに行くタイミングを伺います。肉の焼き加減や塩加減などお客様の好みを伺い、キッチンスタッフへ伝える細やかな配慮が必要となるでしょう。料理の調理方法や素材などをお客様に聞かれることも多いので、料理に関する知識も求められます。

 

料理やドリンクの提供

歓談や食事を楽しんでいるお客様に失礼のないよう、料理や飲み物をテーブルに運びます。料理の運び方や置き方など、細部に至るまで丁寧なサービスが求められるでしょう。テーブルでは料理で使われた素材や食べ方の説明を行なうこともあります。お客様の食事スピードにあわせて料理を運んだり、飲み物のおかわりは必要ないかなど、常に気を配らなければいけません。

 

食器などの片づけ

食後の皿やグラスを片づけることもウェイトレスの仕事です。食器を重ねるときに音を立てないように、気をつけながら手際よく片づけなければいけません。お客様が帰られる際には、忘れ物がないかどうかも確認しながら場を片づけ、次のお客様を迎える用意をします。

 

このように、ウエイトレスはお客様に食事を楽しんでいただくために、料理に関する知識や接客スキル、お客様への気遣いが求められます。場の雰囲気を乱さないよう、落ち着いて行動することも大切です。

 

ウェイトレスのやりがい・面白さ

iStock.com/Chris Ryan

くつろぎの空間を作ることへの誇り

レストランやパーティの場では、お客様が食事や会話を楽しめるように、心地よい非日常の空間作りが欠かせません。接客マナーやサービススキルはもちろん、お客様の望むものを察してベストなタイミングでサービスする気配りが必要です。ウェイトレスの対応がレストランの雰囲気と評判を左右すると言っても過言ではないでしょう。サービスを気に入っていただき、ライフイベントなどの特別な日のお祝いに再度利用していただけると、仕事のやりがいを強く感じられます。

 

お客様の楽しんでいる姿を間近で見られる喜び

ウェイトレスはお客様が楽しそうに笑顔ですごしている姿を間近で見ることができる職種です。誕生日や記念日など特別な時間をお客様と共有することもあります。また、サプライズの仕掛けを依頼されることもあるでしょう。お客様に「おいしかったよ」「ありがとう」など声をかけてもらえるのもウェイトレスならではの喜びです。

 

ウェイトレスの難しさ・大変さ

iStock.com/maximkabb

スマートなサービスを提供するためのテクニック

料理を運ぶときに、お客様の前でお皿やグラスを落として食事を台無しにしてしまったり、お客様の洋服を汚してしまったりすることは絶対に許されません。スマートなサービスを行なうためにはテクニックが必要となります。持ち方や並べ方など正しい知識を身につけ、トレーニングを積むことで、お客様の前でも緊張することなくサービスができるようになるでしょう。また、どのお客様にも公平なサービスを行なうことも大切です。

 

料理を運ぶ体力と集中力

パーティや宴会などのときは、長時間料理を運んだり片付けをしたりとせわしなく歩き回わらなければならないため、体力が必要になります。盛りつけられた料理を崩さないように、また、一度に複数枚のお皿を持っても落とさないようにするために、集中力も欠かせません。疲れたときや大変なときなどでも、お客様の前では笑顔をキープして対応することが求められます。

 

ウェイトレスの必要な資格・スキル

iStock.com/Rawpixel

 

ウェイトレスになるために必要な資格はありませんが、あると役に立つ資格は次のようなものがあります。

 

・レストランサービス技能士

・ホテルビジネス実務検定試験

 

ホテル業務の中でもウエイトレスは、お客様と接する時間が長い職種であるため、基本的な接客サービスを勉強しておけば即戦力となれるでしょう。また、次のようなスキルを持っていることもウェイトレスには求められます。

 

・体力

・集中力

・協調性

・ホスピタリティ

 

求められるウェイトレスのスキルの質はホテルによっても異なりますが、お客様をおもてなしするためのホスピタリティやチームワークで力を発揮できるための協調性なども求められます。レストランサービススキルは研修などでも学ぶことができるため、未経験でも挑戦できる職種です。

 

ウェイトレスの身につくこと・キャリアステップ

iStock.com/itakayuki

 

ウェイトレスとして働くことで、次のようなことが身につきます。

 

・高い接客スキル

・観察力

・オペレーション能力

・飲食に関する豊富な知識

 

お客様に心地よい空間を提供するように務めるウェイトレスは、日々の業務の中で高い接客スキルやレストランサービススキルを身につけることができ、飲食に関する豊富な知識も習得することができます。ウェイトレスとして経験を積んだ後は,ウェイトレスやウェイターの責任者であるヘッドウェイトレス、アシスタント・レストランマネージャー、レストランマネージャーへとキャリアステップすることができます。接客の経験を活かし、フロントやコンシェルジュなど、他のサービス部門にチャレンジするのもよいでしょう。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る