3カ月以上のホテル滞在でお客様が望むこととは?ホテルが注意すべきことと併せて解説!

宿泊業界全体で、客足が遠のいている今、滞在期間の長いお客様の獲得は重要事項です。3カ月以上の長期滞在をするお客様は、どのような基準でホテルを選んでいるのでしょうか。長期滞在のお客様がホテルに求める要素や、長期滞在のお客様を受け入れるホテルが注意すべきことを解説します。

3カ月以上の長期滞在を提供するホテルが心がけたいこととは?

出張

beeboys- stock.adobe.com

 

観光客が遠のく中、長期滞在で利用してくれるお客様はホテルにとってありがたい存在です。ホテルの長期滞在プランを利用するのは主に、長期出張や数カ月間の単身赴任、アドレスホッパーといった人々。また、最近では新型コロナウイルスの影響を受け、一時的に生活の拠点を移す人も居るでしょう。

 

ホテル暮らしの需要が高まったことから、月単位の長期滞在プランを提供するホテルが増え、競争が激しくなっています。他のホテルに負けず、長期滞在のお客様を獲得するためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

 

長期滞在のお客様を受け入れる際の注意事項と併せて見ていきましょう。

3カ月以上のホテル滞在にお客様が求めることとは?

快適なホテル

floraldeco – stock.adobe.com

お客様を獲得するためには、まず需要を理解しなければなりません。3カ月以上、ホテル滞在するお客様が、ホテルに求めることを見ていきましょう。

安全性・清潔感

一時的な生活拠点とはいえ、危険で不潔な場所で暮らしたいと思う人は居ないはずです。日々の防犯対策や、清潔を保つことはホテルの基本。

 

3カ月以上滞在されるお客様を呼び込むためには、この基本を守ってホテルが安全・清潔だということをアピールしましょう。また、今は新型コロナウイルスの感染防止も必要不可欠です。

利便性の高さ

1日、2日ならば、多少の不便はかまわないというお客様でも、3カ月以上の滞在ともなれば話は別です。

 

無料Wi-Fiの提供は、もはや必須と言えるでしょう。また、駅やコンビニエンスストアが近くにあるか、客室に電子レンジがあるかといったことも、お客様がホテルを選ぶ際の基準です。ふだんの生活にできるだけ近いホテル暮らしが望まれるのですね。

料金の手ごろさ

たまの観光旅行なら奮発して高いホテルを選ぶ人でも、長期滞在の場合は宿泊料金を安く済ませたいと考えるのではないでしょうか。

 

長期滞在で「安い」「リーズナブル」と判断される価格帯は、1泊あたり5000円までが目安です。短期滞在のお客様より利益は下がりますが、長期にわたって確実に客室を販売できるので、お得感のある価格設定を心がけましょう。

 

高級路線のホテルにおいても、通常のプランよりは1泊あたりの宿泊料金が安くなる長期滞在プランが展開されています。

お客様を3カ月以上泊めるホテルが注意したいこと

3カ月以上という長い期間、お客様を泊めることにはさまざまなリスクが伴います。注意すべきことを把握し、安全で快適な滞在を提供しましょう。

スキッパーに注意

スキッパーは、ホテルの宿泊代金や、部屋づけの食事代、買い物代などを支払わずに逃げる犯罪者です。3カ月も滞在した後に、代金を払わず逃げられれば、ホテルは大損害を被ることになるでしょう。

 

各ホテルでは、長期滞在のスキッパーを防ぐために以下のような対策を講じています。

 

  • ・チェックイン時の身元確認
  • ・宿泊料金前払い制
  • ・部屋づけの料金は10万円ごとに精算
  • ・本人確認書類の提示

 

スキッパーや料金未払いのトラブルについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ、ご参照ください。

 

ホテルがスキッパー被害に遭わないためにできることは?

 

宿泊代金の未払いにホテルはどう対応する?

設備・備品の破損に注意

滞在期間が長くなるほど、お客様が設備・備品を壊したり汚したりしてしまうリスクが増加します。お客様がケガをしてしまったり、弁償する・しないでトラブルになることが考えられますよね。

 

弁償に関することはチェックイン時に説明し、宿泊約款に明記しておくことをおすすめします。また、長期滞在するお客様の部屋には壊れやすい物を置かないなどの工夫も必要ではないでしょうか。

お客様への目配りが特に必要

滞在中に体の具合が悪くなった、失くしものをしてしまったなど、お客様がトラブルに見舞われることがあります。

 

お客様の困りごとをサポートするのも、ホテルマンの大切な仕事。常に目配りが必要であるのは、もちろん長期滞在のお客様に限ったことではありません。

 

しかし、長期間にわたって慣れない環境で過ごしているお客様は、短期滞在のお客様よりも、ホテルの助けを必要とすることが多いのではないでしょうか。

 

そのため、長期滞在のお客様の様子には、特によく目を配る必要があるのです。また、いざという時にキャパシティオーバーで対応できない!といったことがないように、余裕をもって業務を回すことも大切です。

3カ月以上滞在するお客様の受け入れにはマンパワーが必要

人材

vegefox.com – stock.adobe.com

 

安心・安全を確保したり、長期間滞在のお客様に十分な目配りをしたりするためには、マンパワーが欠かせません。

 

人手不足で長期滞在のお客様を受け入れられない……というホテルはおもてなしHRにご相談ください。おもてなしHRは、宿泊業界に特化した採用支援サービス。求人広告の掲載や人材紹介を承っています。

 

採用活動を効率的にサポートしますので、ぜひご検討ください。

 

なお、ホテルの長期滞在に関する記事は以下のページでまとめて紹介しています。

 

ホテルのロングステイ(長期滞在)がもつ需要をまとめて解説!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る