人見知りでも接客はできる!人見知りの人が持つ接客業の適性とは?

人見知りを自覚しながらも、接客業の仕事をしてみたい!と思う人は多いものです。しかし実際に応募を考えるとなると、やはり向いていないのでは?と不安で躊躇してしまうのではないでしょうか。人見知り=接客業には不向きと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。人見知りの人ならではの、接客に使える武器を探っていきましょう。

人見知りでも接客の仕事はできる?

人見知りに悩む

takasu – stock.adobe.com

 

明るい笑顔でおもてなしを提供する接客業は、人気の高い業種です。アルバイト先・就職先として考える人は多いですが、人見知りを自覚していると、自分には向かないのでは?と不安になってしまいますよね。

 

日々、初対面のお客様にお会いする上、チームワークも重要です。不安に感じるのは当然のことでしょう。しかし、実は人見知りな人ほど接客業に向いた性質を持っている場合が多いのです。

 

次の項目から人見知りの影に隠れてた長所を見ていきましょう。

人見知りな性格が接客に向いている理由とは?

聞き上手

Monet- stock.adobe.com

 

人見知りは長所・短所で言えば短所と捉えられますよね。コンプレックスに感じてしまいがちですが人見知りの裏を返せば、以下のような長所を持つ人が多いのです。

人との距離感を大事にする

人見知りの人は、人との距離を慎重に縮めます。初対面のお客様に対しても、よく様子を伺って、適切なタイミングで接することができるでしょう。

 

始めから積極的に声を掛けることだけが良い接客ではないですよね。人知りの人は適度な距離感を保ち、お客様が負担に感じることの無い心地よい接客ができるはずです。

聞き上手

社交的なタイプの人は、自分のことを話す割合が高い傾向にあります。自己開示することで、お客様が親しみを感じやすく、接客に向いていると言えるでしょう。

 

一方、人見知りタイプの人は、話すよりも聞き役に回る聞き上手が多いです。しっかり耳を傾けていなければ、相手の要望を正確に把握することはできませんよね。

 

人の話を遮らずに聞けるかどうかは、接客において非常に重要なポイントですが、人見知りの人は自然とそれができるのではないでしょうか。社交家タイプと人見知りタイプ、両方の人材が居ることでバランスの良い接客を提供できるのですね。

仕事とプライベートのモード切替がしやすい

人見知りでも、長年接客業を続けている人はたくさん居ます。その人たちに共通しているのは、仕事とプライベートのスイッチをきっぱりと切り替えているという点です。

 

人見知りだからこそ「仕事は仕事だから」と自分の中でメリハリを付けて接客にあたっているのです。オンオフを明確にてしまえば、終業後まで仕事のことを考え込んでしまうことも無く、ストレスと上手に付き合えるでしょう。

人見知りの人が接客業で覚悟するべきことは?

接客中

aijiro- stock.adobe.com

 

人見知りな人には接客業で活かせる長所をたくさん持っています。しかしやはり、人見知りならではの苦労が待ち受けていることもまた事実です。接客業に飛び込む前に、どんな覚悟が必要かをチェックしましょう。

職場に溶け込めるか

どんな仕事でもチームワークは大切ですが、接客業では特に重要です。他のスタッフとの関係を円満に保っていないと、業務に支障が出る恐れがあります。また、仕事は問題無くこなせても、人見知りによって休憩時間に気まずい思いをすることがあるかもしれません。

 

無理に仲良くしたり、気が進まない飲み会まで付き合ったりする必要はありませんが、気持ちの良いあいさつを心がけ、助け合いの精神を持って接しましょう。

慌てず落ち着いた対応が必要

人見知りの人は初対面で上がってしまいがちですよね。手や声が震える、顔が赤くなるといった悩みを抱える人が多いのではないでしょうか。

 

接客業に従事するのであれば、落ち着いた態度でお客様に接することは必須スキルです。内心、ドキドキしていても態度に出さない!と覚悟を決める必要はあるでしょう。

 

特に注意したいのは、お客様から分からないことを質問された時です。「確認しますので、恐れ入りますがお待ちください」と伝えた上で、一旦落ち着いて先輩や上長の指示を仰いでくださいね。

 

人見知りが激しいと先輩や上司に不明点を聞くことも緊張してしまいますが、不確かなこと案内するのは絶対にNGと心得ましょう。

自分と周り比べないこと

周囲のスタッフがお客様と仲良く話しているところや、スタッフ同士の和気あいあいとした姿を見て「みんなあんなにコミュニケーションが上手なのに自分は…」と落ち込んでしまうのは、人見知りあるあるです。

 

人見知りは悪いことではありません。仕事に支障が無い振る舞いができれば、それで良いのです。自分と周囲を比べたりせず、自分のやるべき仕事に集中しましょう。

人見知りの人が接客の仕事をするコツ

コールセンター

peach100 – stock.adobe.com

 

人見知りの人が接客の仕事をしてみたい!と思ったら、まずは接客の割合が比較的少ない仕事からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、漫画喫茶やインターネットカフェなどのスタッフは、常にお客様対応をしているわけではありません。また、いきなり対面での接客は不安というのであれば、コールセンターの仕事は良い訓練になるでしょう。

 

ハードルの低いところから経験し、スキルや自信が身につけばホテルや高級レストランでの接客業務に就くことも夢ではないはずです。

人見知りは接客の武器になる

チャレンジ

Thira89- stock.adobe.com

 

社交的な人も人見知りな人も、それぞれ接客で役立つ武器を持っています。

 

接客業は、人見知りの人にとってハードルが高く感じられる要素があることは確かですが、人見知りだからとあきらめず、興味があるならチャレンジしてみるべきでしょう。接客業を経験すれば、マナーや臨機応変さが身に付いて、自分を高められるメリットがあるのです。

 

特に、ホテルや旅館といった宿泊業では、質の高い接客を学ぶことができます。宿泊業への就職・転職に興味のある人はぜひ、おもてなしHRの就職・転職支援サービスをご利用ください。

 

専任のスタッフが、希望に一致するホテル・旅館を紹介し、入社までしっかりとサポートします。非公開求人も掲載していますので、まずは登録してみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る