ラジウム温泉の効能を解説! 飲用水や副作用はある?

温泉でまったりすると日頃の疲れが癒されますよね。温泉の成分によって効能は異なるのですが、なかでも注目されている温泉のひとつが「ラジウム温泉」です。ラジウム温泉にはどのような効能があるのでしょうか? 温泉の特徴などを紹介いたします。

「ラジウム温泉」の定義と効能

shiryu01 – stock.adobe.com

 

まずはラジウム温泉の定義と効能について解説いたします。温泉に入る前にあらかじめチェックしていきましょう!

 

定義

 

「ラジウム温泉」とはラドンという成分が一定量含まれたものです。

 

「ラドン温泉」や「放射能泉」とも呼ばれており、無色透明・無臭が特徴です。ラジウム温泉には微量の放射能がありますが、この場合は体内に取り込まれても数時間で排出されるので、体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

効能

 

温泉水に微量の放射能が含まれていると、新陳代謝を促進したり、神経痛をはじめとした病気などに効果をもたらすそうです。

 

放射能には「体に悪い」というイメージがつきものですが、微量であれば免疫力を上げることにつながりますよ。

 

ラジウム温泉に入っても副作用はない?

G. Lombardo – stock.adobe.com

 

ラジウム温泉に含まれる放射能の副作用は、入浴時間が長くなってもほとんどありません。

 

微量の放射能が免疫力を上げることは「ホルミシス効果」と呼ばれ、たとえばガンの抑制などの効果があります。しかし、泉質に関わらず長時間の入浴は頭痛や目まいなど体調不良の原因となります。

 

ラジウム温泉は無力透明で、それほど匂いもないので刺激が少ないと思われがちですが、他の泉質と比べて刺激が強い傾向があるのは注意したほうが良いポイントでしょう。

 

ただし誰もが体調不良になりやすいわけではありませんので、もし体調に異変を感じたら早めに入浴はやめていったん休憩するようにしましょう。

 

ラジウム温泉水は魔法の薬!?

Antonioguillem – stock.adobe.com

 

ラジウム温泉は、「飲泉」としてもその効能を発揮します。

 

飲泉とは、温泉水を飲んで体の中に薬効成分を取り入れる療養法です。入浴は皮膚から成分を吸収しますが、飲泉は体内の消化器官に直接作用します。

 

入浴や飲泉に関わらず同じ効能が出るので、入浴したあとに温泉水を汲み取る利用客はとても多いようです。

 

ちなみに、ラジウム温泉の成分が効くとされている症状は以下の通りです。

 

・痛風
・糖尿病
・リュウマチ
・神経痛
・婦人病
・高血圧

 

食後にラジウム温泉を飲用水として飲むと消化を良くする効果がありますが、だからといって暴飲暴食をして良いとは限りません。ラジウム温泉の効果をムダにしないためにも、普段から生活習慣には気を付けるようにしてくださいね。

 

効能バッチリ! ラジウム温泉で身体を癒そう!

dusanpetkovic1 – stock.adobe.com

 

ラジウム温泉は、他の温泉と比べて数が少なくとても貴重な温泉です。

 

「放射能」と聞いて敬遠する方もいらっしゃいますが、実際には体に良いことだらけの温泉ですので安心して入浴または飲泉してみてください。

 

きっと免疫力が高まり、病気知らずの体に近づきますよ。飲泉では温泉水の風味をよく味わい、入浴ではゆっくりと浸かり疲れた体を癒してくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る