ホテル業界でリストラ……。今のうちに転職したほうがいい?

ホテル・旅館業界では、リストラ問題が深刻化しているようです。「いつリストラされてもおかしくない」と不安定な気持ちで過ごしている方もいらっしゃるかもしれませんね。早めに転職準備を整えておいたほうが良いのかなど、いまの時期にできる対処法を詳しくみていきましょう。

感染症によるホテル・旅館のリストラ問題

taa22 – stock.adobe.com

 

長期化したコロナ禍で、最も厳しい状況に追い込まれている業界のひとつは宿泊業界です。

 

海外や国内の旅行者が大幅に減少しただけでなく、出張者なども減ってしまい、多くの宿泊施設の業績が悪化しました。

 

やむを得ず人員を削減しなければならず、コロナ禍においてリストラを行うホテルや旅館が急増したのです。リストラだけでなく早期退職や希望退職を募る企業も出てきています。

 

最近では、特に入社1~3年目の若手社員に希望退職を募集するケースが増えているようです。

 

未だに続くコロナ禍。早めに退職したほうがいい?

oka – stock.adobe.com

 

「仕事自体は好きだけど、給料が減って生活が大変」「このままの業績では、いつリストラされるのか不安」とそれぞれ今後を案じているかもしれません。

 

転職が解決方法にもなりますので、以下にひとつでも当てはまる方は転職活動をスタートさせることをおすすめします。

 

・キャリアアップの限界を感じている
・1年以上続けているが、いまの仕事に面白味をあまり見出せない
・労働環境や人間関係が悪く、ブラック企業のような性質がある

 

このような場合は、自分の努力だけでは状況を改善するのは難しいでしょう。すぐに転職を視野に入れたほうが良さそうです。また、ホテル・旅館など宿泊業界のリストラなどに不安を感じているのならば、早めに転職活動を始めましょう。

 

宿泊業界で培った経験やスキルは異業種でも活きる!

Maridav – stock.adobe.com

 

転職市場において、宿泊業界出身の方は多くの企業から一目置かれます。

 

ホテル・旅館で培われた丁寧な接客スキルや状況に合わせた柔軟な対応力は、とても魅力的に見えるのです。

 

宿泊業界で身につくスキルは接客スキルだけではありません。事務処理能力やコミュニケーション能力、語学力も大きなアピールポイントになるでしょう。

 

特に、以下のような仕事を転職先に選ぶと、いままでの経験とスキルを発揮しながら自分らしく働ける可能性があります。

 

・外資系企業
・事務職
・接客業
・営業職
・冠婚葬祭業界

 

以上の職種では、実際に宿泊業界から転職し第一線で活躍している方がたくさんいらっしゃいます。転職を考えるときには、幅広い業種をチェックしておくと転職の成功率が大きく上がりますよ。

 

ホテルを辞める前に知っておくべき転職事情とは?

 

同じ宿泊業界で転職するのもひとつの方法!

Rawpixel.com – stock.adobe.com

 

業界や企業に対して不安を抱えている場合、転職をおすすめします。しかし、「ホテル・旅館の仕事自体は好きだ」という方はたくさんいらっしゃるでしょう。

 

比較的、業績が安定しているホテル・旅館もあることは確かなので、同じ宿泊業界で転職することもひとつの方法です。地方のホテル・旅館では良い求人が出ていることが多く、狙い目の企業は少なくありません。

 

ホテル・旅館での仕事を続けたい方は、他の施設への転職を検討してみましょう。その際は、ぜひホテル・旅館の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をご活用ください。

 

あなたの転職活動を、宿泊業界に特化した専任のアドバイザーが丁寧にサポートいたします。まずはご相談をお待ちしております。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る