年齢制限のある求人は年齢オーバーでも応募は可能?内定のチャンスはあるの?

魅力的な求人情報を見つけても年齢制限をオーバーしている……。年齢で応募を諦めた経験がある人もいるのではないでしょうか。しかし、年齢制限をオーバーしているからといって、絶対に応募できない・採用されないとは限りません。企業が求人に年齢制限を設ける理由や、年齢制限を超えて応募する際のポイントを見ていきましょう。

応募したい求人がある!でも年齢オーバーしていたら?

悩む女性

Mitsuru-Kumazawa – stock.adobe.com

 

求人情報の募集要項に「35歳以下の方」などと書かれていることがありますが、違法性はないのでしょうか。

 

2007年10月1日にスタートした「改正雇用対策」によって、年齢を理由に雇用の機会を与えないこと、つまり人材の募集や採用の際に、年齢制限を設けることは原則禁止されています。

 

ただし、以下に当てはまる場合は例外的に、年齢制限付きで求人を出すことが認められています。

 

    • a.定年年齢を上限として、当該上限年齢未満の労働者を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合(省令第1条の3第1項第1号)(定年年齢を上限に設定する場合のみ可)

 

    • b.労働基準法等法令の規定により年齢制限が設けられている場合(省令第1条の3第1項第2号)(下限のみ設定が可)

 

    • c.期間の定めのない労働契約の対象として、長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を募集・採用する場合(省令第1条の3第1項第3号のイ)(上限のみ設定が可)

 

    • d.技能・ノウハウ等の継続の観点から、特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合(省令第1条の3第1項第3号のロ)(30~49歳の範囲内で上限及び下限のいずれも設定する場合に限り可)

 

    • e.芸術・芸能の分野における表現の真実性等の要請がある場合(省令第1条の3第1項第3号のハ)(上限及び下限の設定が可)

 

  • f.60歳以上の高年齢者、就職氷河期世代(35歳以上55歳未満)又は特定の年齢層の雇用を促進する施策(国の施策を活用しようとする場合に限る)の対象となる者に限定して募集・採用する場合(省令第1条の3第1項第3号のニ)(60歳以上の下限又は国の施策に該当する対象年齢の設定に限る)

 

もし、ぜひ応募したい!と思った求人情報を見つけても年齢制限があり、その年齢をオーバーしていたら、応募はできないのでしょうか。

 

企業が求人に年齢制限を設ける理由や、年齢制限のある求人に応募する際のポイントを見ていきましょう。

 

参照:年齢制限禁止の例外事由について/ハローワークインターネットサービス

求人情報の年齢制限をオーバーしても応募は可能!

結論から伝えると、求人情報の年齢制限を多少オーバーしていても、応募は可能です。例外事由のbやe、fに該当する場合は別として、年齢制限はひとつの目安。あくまでも希望条件であるため、企業が求める人物像にマッチしていれば採用される可能性はあるのです。

 

ただし、なぜ人材募集に年齢制限を設けているのかを理解し、年齢をネックに感じさせないアピールが必要不可欠でしょう。次の項目で、企業が求人情報に年齢制限を設ける理由をひも解いていきましょう。

企業が求人情報に年齢制限を付ける理由とは?

年齢制限付きの求人情報で最も多く見受けられる例外事由は、cの「長期的なキャリア形成のため」です。その目的は事実ですが、採用する側としては以下のような本音もあるのではないでしょうか。

 

  • ・若い人の方が安い賃金で済む
  • ・若い人には素直さ、柔軟性、伸びしろがある
  • ・年上の部下や後輩は扱いにくい
  • ・メインの客層や他の従業員が若い人ばかりで年長者はなじみにくい

 

これらは確かに、若い人材を採用するメリットです。しかし、年齢制限をオーバーした求職者が必ず高い賃金を要求し、素直さや伸びしろがなく、扱いにくいとは限りませんよね。次の項目では、年齢制限をオーバーした求職者が企業にうまくアピールするめのポイントを紹介します!

年齢制限オーバーの求人に応募する時のポイントは?

面接

maroke – stock.adobe.com

 

全項目で解説した理由をふまえて、年齢制限をオーバーした求人に応募する際のポイントを見ていきましょう。

 

重要なのは、制限以内の若い人材を採用することで得られるメリットは、自分を採用することでも得られますよ、むしろプラスαのメリットもありますよ、としっかりアピールすることです。

 

例えば、前職で新規事業の立ち上げに携わったエピソードを披露すれば、柔軟性やチャレンジ精神があるということがアピールできます。また、自分の長所として謙虚さや素直さを挙げれば、年下の上司や先輩と円滑にやっていける人物だと見なされるのではないでしょうか。

 

また、年齢層が高めの求職者は豊富な社会人経験も武器。求人に年齢制限を設けている場合、仕事のスキルはこれから身に付けるという段階の人物が応募してくることが想定されますよね。予想以上のスキルを持つ求職者が現れた!となれば、多少の年齢オーバーには目をつぶろう、ということになるかもしれません。

 

募集要項の年齢制限をオーバーしているからといって萎縮せずに、自分の良いところを存分に伝えましょう!

 

とはいえ、企業側の希望である年齢から外れた応募者ということには違いなく、残念ながら年齢で不利になることも十分考えられます。どうしてもチャレンジしたい仕事なら年齢に囚われずに応募すべきでしょう。しかし、年齢層が高めであれば、経験重視の求人に応募したほうが、歓迎されやすいかもしれません。1社にこだわらず、前向きに動いてくださいね!

仕事探しの相談は転職・就職エージェントへ

相談

polkadot- stock.adobe.com

 

「魅力を感じる求人が年齢制限オーバーのものばかり……。」「不採用が続いているけど年齢がネックでは?」と悩んでいる人は、就職・転職エージェントへの相談をおすすめします。ライバルが少ない非公開求人や、あなたにぴったりの求人情報を紹介してもらえる可能性があるのです。

 

わたしたちおもてなしHRは、ホテル・旅館に特化した就職・転職エージェント。登録から入社まで、完全無料でお手伝いしますので、ぜひご活用ください!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る