どのようなバイトが体力的にきついのか?バイトで体力がもたなくなった場合の対処方法を解説!

学業・本業と平行してバイトをしていると、体力的にきつい……と感じることもあるのではないでしょうか。学業・本業に悪影響を及ぼさず、バイトを続けるためには体力的な負担が大きいバイトは避けたほうが無難です。体力を消耗しがちなバイトの種類や、バイトで体力的なきつさを感じた際の対処方法をまとめました。

体力的にきついのはどんなバイト?

時間

beeboys- stock.adobe.com

 

フリーターや学生さんに限らず、ダブルワークOKの会社員はバイトをしている人も多いのではないでしょうか。

 

バイトは隙間時間を利用してお金を稼げるメリットがありますが、体力的にきつくて学業・本業に悪影響が出ることも考えられます。体力的にきつくなりがちなのは、どのようなバイトなのでしょうか。きつさを感じた時の対処方法と併せて解説します。

体力的にきつい傾向にあるバイトとは?

引っ越し

Andrey-Popov – stock.adobe.com

 

サービス業や肉体労働のバイトは体力を使います。その中でも特にきつい!と言われているのは、以下のバイト。経験者の口コミなどをもとに、どのようなきつさがあるのかまとめて見ていきましょう。

飲食店

飲食店のバイトはホールスタッフとキッチンスタッフに分かれることが一般的です。ホールスタッフはひっきりなしに注文を取ったり、大皿料理やビールジョッキを運んだり。お客様の前に出るので、マナーや所作にも気を付けなければなりません。

 

一方、キッチンスタッフのバイトは調理の補助や、後片付けなどが中心です。重い食材を持ち上げる、延々と皿洗いをするといったことは日常茶飯事でしょう。

 

また、外食産業は慢性的な人手不足が続いている業界です。店舗の人員が足りず、休みが取れない、シフトの希望が通らないという口コミもありました。

引っ越し作業

引っ越し作業は担当するお客様によって負担が左右されます。エレベーターのないアパートや荷物の多い引っ越しなどは非常に重労働でしょう。

 

また、運ぶ荷物はお客様の大切な資産です。万が一にも破損させたり、紛失したりすることがないように細心の注意を払わなければなりません。その上引っ越し作業は速さも重要で、作業にもたついているとすぐに指摘されるという口コミがありました。

 

梱包済みの荷物を運ぶだけの簡単なバイトだと思って始めると、ギャップを感じて辛くなるかもしれません。

工場

何を作るのかにもよりますが、工場のバイトも体力的にきつい傾向が強いと言われています。立ちっぱなしで何時間も同じ作業を繰り返す、重い資材を運ぶ、大きな機械を動かすといった作業は、体力を大きく消耗しますよね。

 

また、生産ラインを止めるわけにはいかないため、休憩は決まった時間のみ。自分のタイミングで休めないとなると、ますます疲労が蓄積されるのではないでしょうか。

バイトで体力的なきつさを感じたらどうする?

思った以上にバイトがきつく、学業・本業と両立できない!という場合はどうするべきでしょうか。バイト先に何も言わずバックレるという人もいますが、それはもちろんNGです。適切な対処方法を見ていきましょう。

シフトを減らしてもらう

勤務時間が長い、勤務日数が多いという点を負担に感じるのであれば、シフトを減らしてもらうように、責任者に相談しましょう。どれくらいシフトに入るのかは、バイトを始める時点で決めているはずなので、それを変えてほしいというのは気が引けるかもしれません。

 

しかし、体力的なきつさを感じながら同じペースでバイトを続けるのは難しいことでしょう。責任者も「辞められるよりは良い」と考え、応じてもらえる可能性があります。

ポジションの変更を相談する

同じ場所のバイトでも、ポジションによって消耗する体力に違いがあります。たとえば、工場では製造ラインと梱包ラインがあります。

 

ある果物加工工場では、製造ラインは重たい原材料を機械に投入する作業など、力仕事が中心。梱包ラインはラベルの貼り付け作業などが中心で、体力の消耗は比較的少ないと言われています。

 

また、担当業務が自分に合うか、合わないかによっても疲れの感じ方は変わって来ますよね。シフトの件と同様に、相談するだけしてみましょう!

バイトを辞める

どうしてもきつい、体力がもたないという場合は、バイトを辞めたほうが賢明でしょう。無理してバイトを続けた結果、倒れたりしては大変です。また、疲れがたまった状態ではミスを起こしやすく、バイト先に迷惑をかけることにもなりかねません。

 

バイトを辞めるときは、なるべくシフトを消化することや、次回のシフトが組まれるタイミングを考慮しましょう。遅くとも1カ月前には伝えるのがベスト。

 

ただし、当事者同士の合意があればその日のうちに辞めることも可能です。疲れ果てて残りのシフトをこなせない……という場合には、責任者にその旨を伝えてくださいね。

バイトをするなら体力の配分を考えよう

リフレッシュ

polkadot – stock.adobe.com

 

隙間時間の活用などを目的として始めたバイトで体を壊しては、目も当てられません。自分の体力の限界をよくよく考えて、学業・本業に差しさわりのないバイトを選びましょう。

 

早朝や深夜にできるバイトが良い、柔軟なシフトで働きたいという人にはホテル・旅館でのバイトがおすすめです。朝食の準備や客室清掃など1日の勤務時間が短いバイトの求人が多いため、自分にピッタリな働き方ができるのではないでしょうか。

 

ホテル・旅館のバイト探しには、おもてなしHRをご活用ください!

 

なお、体力的に仕事がきついと感じている人に役立つ記事を、以下のページでまとめて紹介しています。ぜひご参照ください。

 

体力的にきつくて仕事が辛い人必見!仕事選びのポイントや対処方法をまとめて解説

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る