体力がない・低下している女性が無理なくできる仕事とは?つわりがひどい時の対処方法も解説!

女性も仕事を持つことが当たり前になって久しい昨今の日本社会。男女均等は良いことですが、働くことに体力的なキツさを感じている女性は少なくありません。男性に比べて体力が少ない上に、さまざまな体の変化と付き合わなければならない女性。特にキツさを感じている女性が多い職業や、無理をしなくても働きやすい職業を見ていきましょう。

仕事をする女性の悩みは体力や体の変化?

疲れ果てた女性

Rummy-Rummy- stock.adobe.com

 

男女均等の世の中になりつつあっても、女性は男性に比べて体力は少ないものです。男性以上にバリバリ働く女性も居ますが、体力が少なく、仕事をしていると疲れを感じやすい女性は多いでしょう。

 

また、月経や妊娠・つわり、更年期障害といった女性の体に起こる変化で思うように仕事ができない……といったこともありますよね。この記事では、そうした悩みを抱える女性にとって体力的にきつい仕事と、無理なくできる仕事について解説します。

体力がない・低下している女性がキツさを感じがちな仕事

一般的に女性が多いと言われているものの、体力勝負で負担が大きい仕事を見ていきましょう。

 

すでにキツさを感じている女性も居れば、今は大丈夫でも「果たしていつまでこの仕事ができるのだろうか……」と不安に思いながら働いている女性も居るようです。

介護福祉士や看護師

介護福祉士や看護師は、体の大きな人をサポートしたり、ベッドを整えたりといった、肉体労働が多い職業です。

 

また、意思疎通が困難なお年寄りや患者さんと向き合うことや、排泄物の処理、人の命を預かる責任の重さといった、精神的な負担も大きなものでしょう。

 

さらにチームワークが必要不可欠な仕事のため、人間関係の濃密さに悩む人も多いと言われています。

保育・教育関係の仕事

保育士や教師といった子どもたちを相手にする仕事も体力勝負の世界です。幼稚園や保育園では1日中走り回って子どもの面倒を見た後に自宅で持ち帰りの仕事をする、学校の教師は授業の他に委員会活動や部活動を担当して勤務時間が長くなるなど、過酷な労働になりがち。

 

2021年4月時点では、文部科学省による「教師のバトンプロジェクト」に仕事のキツさを訴える投稿が集まり、話題になっています。

サービス・販売の仕事

ホテルや旅館の仕事、美容師、お花屋さんやケーキ屋さん、アパレル販売員などは憧れを抱く人が多い仕事ではないでしょうか。サービス・販売は人に喜びや楽しさを提供するすてきな仕事。

 

しかし、立ち仕事・力仕事で体力の消耗が激しく、腰痛や腱鞘炎などに悩まされる人が多いと言われています。

 

また、美容師やお花屋さんは手が荒れやすい、アパレル販売員やホテルの仕事はヒールを履いての立ち仕事で足がむくむなど、業界ならではの苦労もあるのではないでしょうか。

体力がない・低下している女性が働きやすい仕事

事務職

こうまる- stock.adobe.com

 

重ねてきたキャリアや収入は大切ですが、自分の健康はもっと大切なものですよね。今の仕事に限界を感じているのなら、倒れる前に転職も考えましょう。体力に自信のない女性でも、負担を感じずに働きやすい仕事をいくつか紹介します。

事務職

1日中パソコンのモニターを見つめ、頭を使う事務職は楽な仕事ではありません。肩こりや眼精疲労など、デスクワークならではの疲れはあるでしょう。

 

しかし、座ってできる仕事なので、息切れするほど体力を使うということはないはずです。事務職の求人は経験者の募集が多い傾向にあります。未経験から事務職に転職したい人は、事務系の資格を取得すると良いでしょう。

テレフォンオペレーター

テレフォンオペレーターは未経験でも採用されやすく、働く期間やシフトの融通がききやすい職業です。腰を据えて責任者を目指すことも、転職活動中のつなぎにすることも可能でしょう。

 

クレームに対応にあたることもあり、メンタルの強さは必要ですが、事務職同様に座ってできる仕事です。体力がなくても続けやすいと言えるでしょう。

在宅ワーク

インターネットの発達や新型コロナウイルスの流行によって、在宅ワークの普及が進んでいます。仕事を在宅ワークにすれば毎日の通勤がなくなるため、体への負担は確実に軽くなります。現在の仕事が在宅ワークに切り替えられそうなものであれば、会社に相談してみましょう。

 

また、今の世の中では会社勤めにこだわらず、自分でインターネットビジネスを興したり、クラウドソーシングで仕事をもらったりといった働き方も可能です。

 

自由業にはリスクが伴いますが、体力的な無理をしなことを優先するのであれば、組織を外れて生きていくことも悪い選択ではないでしょう。

妊娠中・つわりがひどい時の無理は禁物!

妊娠中やつわりがひどい時は、特に無理をしてはいけません。仕事が大切なのはもっともですが、無理をして体に負担を掛けるのも、無理をした結果として職場に迷惑を掛けることもNGです。

 

個人差がありますが、妊娠7週から12週ごろにかけてがつわりのピークと言われています。妊娠が分かったら、この時期を考慮して仕事のスケジュールを調整すると良いでしょう。

 

そして、ピークをこえたあとに体力が低下して思うように動けなくなる人も居るようです。反対に、ふだん通りに働けるのに仕事を外され、悔しい思いをしたという声もありました。

 

つわりの程度は自分自身にしか分からないことでしょう。職場の理解を得られるように、自ら働きかけることも大切です。お子さんの居る上司や出産経験のある人に報告・相談すれば味方になってもらえるかもしれません。

 

有給休暇などの福利厚生もうまく利用して、身の安全を第一に乗り越えてくださいね。

体力・体調に不安のある女性は転職エージェントに相談しよう

体力の負担が少ない仕事に転職したい、体力が低下しているけど働きたいといった女性には、転職エージェントを使った仕事探しをおすすめします。体力・体調に関する不安は、企業の採用担当者には相談しにくいことですよね。

 

転職エージェントは求職者の希望や悩みをくみ取って、適切な求人情報を紹介することが仕事です。どんなことでも相談して、快適に働ける職場を見つけてください。

 

私たちおもてなしHRは、ホテル・旅館に特化した転職エージェントです。宿泊業界は体力勝負と言われていますが、デスクワークや1日数時間だけ求人も扱っています。ホテル・旅館の仕事に興味のある女性は、ぜひおもてなしHRにご登録ください!

 

なお、体力がない人に適した仕事や、長く続けやすい仕事の選び方については以下の記事でまとめて紹介しています。

 

体力が無い人に適した仕事をまとめて紹介!長く働くための仕事選びをチェックしよう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る