高級旅館に転職するコツとは?高級旅館の定義・年収・働く魅力もあわせて紹介

宿泊業界で働く人の多くは「接客が好き」であったり「お客様に喜んでいただくことが幸せ」と考えているため、サービスレベルが一定のラインに到達すると、もっと上を目指したくなるのは当然のこと。そんな方におすすめなのは、国内外のVIPや企業の経営者が多く訪れ、世界レベルのサービスを学ぶことができる高級旅館です。高級旅館に転職するために必要な考え方や、面接時にアピールしたいポイントなどについて解説します。

高級旅館の定義とは?転職で年収は高くなる?

iStock.com/t_kimura

 

高級旅館」と言えば、各室露天風呂付きの旅館や、客室で懐石料理が楽しめる旅館、仲居さんから手厚いもてなしを受けられる旅館をイメージする方も少なくないはずです。高級旅館に定義はあるのでしょうか。従業員の給与事情とあわせて、ご紹介します。

 

高級旅館に定義はない

実のところ、高級旅館には明確な定義は存在しません。その多くが、旅館自ら「高級」をコンセプトに銘打っていたり、お客様によって「高級」と格付けされているのです。

 

ただし、下記のような特徴を持つ旅館は、高級旅館とされることが多いようです。

  • ・歴史が長く、過去に偉人が宿泊した記録やその旅館ならではの特徴がある
  • ・平日の宿泊費が、1泊2食付きで2万円~3万円を超える
  • ・景観/接客/食事などが一定のサービスレベルを超えている

ただ料金が高いだけでは高級旅館として認められない、と考える方も多いのかもしれませんね。

 

高級旅館の年収は高い?

高級旅館の従業員は、民宿のようなカジュアルな旅館よりも高収入であることが多い傾向にあります。

 

しかし、前述の通り高級旅館には定義がないため、「転職すれば必ず年収が高くなる!」と言い切ることはできません。とは言え、労働環境や福利厚生など、「働きやすさ」の点では一般的な旅館よりもハイレベルであることに期待が持てるのではないでしょうか。

 

「とにかく給料を上げたい!」という理由から転職を検討しているのあれば、ただ求人を探すだけではなく、非公開求人が見られる転職サイトに登録したり、転職アドバイザーに業界動向を聞いてみるのも良いかもしれません。

 

高級旅館への転職にはどんな魅力・やりがいがある?

笑顔の旅館スタッフ

iStock/RoBeDeRo

 

ホテルや旅館のスタッフほど、お客様と長い時間を過ごせる仕事はなかなかありませんが、その中でも特にお客様との距離が近いイメージが強いのは高級旅館ですよね。高級旅館と呼ばれる施設に転職する魅力や、仕事のやりがいにはどんなものがあるのでしょうか。

 

レベルの高いサービスを学べる

ホテルでは、フロントでのチェックインを済ませたら、基本的にはお客様へのお声がけは行いません。一方旅館は、設備の説明やお料理出し、布団の上げ下げなどで頻繁にお客様と会話します。このようにホテルと旅館では、求められるサービスの性質や濃さが違います。

 

さらに高級旅館ともなればお客様からの期待も高くなるため、必然的により高いレベルのサービスを提供しなくてはなりません。当然、お客様にご満足いただくことに対するスタッフの意識も高いです。そうした環境の中で働くことで、自然と自身のサービスレベルもアップするでしょう。

 

さまざまなお客様と接する機会がある

高級旅館には、国内外のVIPや企業の経営者などの富裕層が多く足を運びます。そうした普段なかなかお会いできない人との会話は、大変貴重なもの。勉強になるお話を聞くチャンスも多いでしょう。

 

歴史ある高級旅館の場合、昔からの常連のお客様も少なくないため、自分が働き始めるよりも前の旅館にまつわる思い出話が聞けたりするかもしれません。また海外からのお客様も多く訪れるため、語学力を生かすチャンスも十分あります。

 

考える力が身につく

高級旅館に訪れるお客様は、一般のホテルや旅館を利用するときよりも高い宿泊料、サービス料を支払っています。当然、それに見合ったサービスを受けたいと期待していますし、満足してもらえなければ次回は来てもらえないでしょう。

 

では、お客様は高級旅館に何を求めて来ているのでしょうか。それは、おいしい料理や美しい景観、そして高級旅館ならではのサービスです。「満足した、この宿にまた来たい」と思っていただくには、お客様の予想を超えるサービスを提供しなければなりません。

 

例えば、記念日のお客様には手書きのメッセージカードを用意する、食事中なにかお困りごとがないかさりげなく声掛けする、などがそうですね。こうした対応は、研修用のマニュアルには書かれていないかもしれません。

 

「マニュアルにないからしなくて良い」ではなく、お客様に喜んでいただくためにはどうしたら良いかを自分の頭で考え、実行する。高級旅館で働くうちに、自然とこのマインドが身につくでしょう。

 

高級旅館に転職するコツは「流儀を知ること」

布団を敷く女将

iStock/ohnnyGreig

 

旅館・ホテルとひと口にいっても、それぞれに特色があります。

 

例えば、すべてのお客様に対して常に同レベルのサービスを提供するのがベストだと考えるホテルがあれば、特別なお客様に対しては特別なサービスを提供するホテルもあります。スタッフ一人ひとりが自分の判断で「そのとき最良のサービス」を決め、実行して良しとされている旅館もあるでしょう。どれが正解で間違いだということではなく、それぞれの「流儀」なのです。

 

歴史ある高級旅館は、今までのやり方・流儀を重んじるイメージが強いですが、現代の需要を取り入れながら新しい旅館の形を模索する施設もあります。転職を希望する旅館の流儀を知っておくことで、自分にとって働きやすい職場なのか、貢献できるのかをイメージしやすくなります。

 

流儀を知るには、実際に宿泊してスタッフの様子を観察したり、高級旅館の転職に強いアドバイザーのアドバイスを受けるといった手法でリサーチできます。

 

高級旅館への転職面接時にアピールしたい点

面接に臨む女性

iStock/itakayuki

 

高級旅館への転職を成功させるには、面接時にいかに自分をアピールできるかにかかっています。ここでは、面接に役立つアピール方法をまとめました。

 

お客様の立場に立ったサービスを提供する姿勢

ホテルや旅館には毎日さまざまなお客様がいらっしゃいますが、1人として同じ方はいません。例えば「なぜ」今日、高級旅館に泊まりにきたのか。もしくは高級旅館に「何を」求めてきたのか。お客様の立場に立ち、目線に合わせたサービスを提供することが大切です。

 

結婚してから20年目の記念日に来られたのであれば、お祝いの言葉やメッセージなどがあると喜ばれるでしょう。高級旅館の雰囲気を味わいに来られたなら、つかず離れずのちょうど良い距離を保ったサービスを提供します。

 

これまで接客してきたなかで、自分なりに考えたサービスでお客様に喜んでもらった経験があれば、ぜひ面接でアピールしましょう。

 

観察力・洞察力

ちょっとした不満や疑問、お困りごとがあっても、それをスタッフに伝えてくれるお客様ばかりではありません。そのため言われたことに対応するだけでは、お客様を本当に満足させるサービスには至らないのです。

 

必要なのは、お客様の様子をよく見て「何か困っているのではないか」と気づき、お声がけできる観察力や洞察力。これらがあれば、高級旅館のスタッフとして恥ずかしくないレベルのサービスが提供できるはずです。

 

例えば、到着したばかりのお客様の中に杖をついたご高齢の方がいるのを見て、すかさず「3階のお部屋をとっておりますが、1階に変更しましょうか」といった機転を利かしたスタッフがいたとします。これも観察力や洞察力のなせる業。期待の上をいく気遣いを感じたお客様はその旅館のファンになり、リピーターとして何度も訪れてくれるかもしれませんよね。

 

海外からのお客様に対応できる語学力

高級旅館には、海外からのお客様も多く訪れます。英語をはじめ語学に堪能であれば、スムーズにコミュニケーションが取れますよね。これまでにも外国語を使ったお客様対応をしてきた、今も語学力アップために勉強を続けている、といった経験があれば、具体例をまじえて面接でアピールしましょう。

 

高級旅館に転職してハイレベルな接客スキルを身に付けよう

畳と折り鶴

iStock/MOHEJI

 

宿泊業界で働くなかで、「もっと自身の接客スキルを高めたい」「よりお客様と近い距離でサービスを提供したい」こうした志向が生まれるのは、当然かもしれません。そのような人にとって、より高いレベルのサービスを求められ、提供し続ける高級旅館は転職先にぴったりと言えるでしょう。

 

高級旅館へ転職活動には、当サイト「おもてなしHR」の利用がおすすめです。おもてなしHRは、宿泊業に特化した転職支援サイト。知識が豊富な専属アドバイザーが、あなたの条件にぴったりの高級旅館の求人を見つけてご紹介します。

 

面接の日程調整などの転職活動のサポートはもちろんのこと、目指す高級旅館の履歴書・職務経歴書の作成の相談をお受けすることも可能です。登録は無料ですので、気になる方はぜひ登録してみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る