地方学生は不利?就活における地方学生のメリットとは

地方学生の就活は、都心の学生と比べて不利だと思われがちです。しかし視点を変えれば、地方がメリットとなることも事実です。地方学生であるメリットを活かして就活を進めるポイントを紹介いたします。

地方学生が就活に不利だと言われる理由

beeboys – stock.adobe.com

 

地方学生が就活に不利になると言われるのは、就活における「評価」に表れるからです。

 

具体的にはどのようなことが影響しているのでしょうか?早速みていきましょう。

 

情報量の差

 

地方の学生は、都心の学生よりも本格的に就活をスタートさせる時期が遅れる傾向にあります。

 

都心では、長期インターンや早期選考を受けている就活生はたくさんいます。そのため、就活に遅れをとっている地方学生とは、集められる情報量に圧倒的な差が生まれるのです。

 

選考において、情報量の多さは自分を助けてくれる武器となります。就活は意欲や熱意だけではどうにもならないこともあります。

 

就活で不利に働くのは、地方学生が能力的に劣っているだけではなく「都心の就活生よりも情報量が少ないから」という側面もあるでしょう。

 

経験の差

 

情報量の差は、経験の差にも影響をもたらします。

 

たとえば大学3年生の早期選考を受けると、面接やグループディスカッションなどを経験する場が増えますよね。

 

しかし、大学3年生の3月頃から就活解禁になる地方学生が選考を受け始めるころには、都心の学生はすでに早期選考のおかげで経験が積まれています。

 

その状態で同じ企業の選考を受けると、就活をスタートしたばかりで緊張し萎縮している地方学生よりも、経験を積んでいい具合に力が抜け始めた都心の学生のほうがよく映ってしまうのです。

 

さらに地方はインターンシップなどの機会が少ないので、総合的に評価する場合はどうしても都心の学生よりも劣って見えるのでしょう。

 

 

地方学生であるメリットはなに?

masterzphotofo – stock.adobe.com

 

「地方の大学生だから就活は不利……」と考える方もいますが、必ずしもそうとは限りません。

 

実際は地元企業だけでなく、地方学生に熱いまなざしを送る都心の企業も多いのです。

 

堅実で着実に課題に取り組める地方学生を採用ターゲットにするなど、地方からあえて上京して仕事に取り組もうとしているような、バイタリティのある学生を求める企業はたくさんあります。

 

企業が欲する人物像と合致すれば、就活に出遅れたとしても地方学生のアドバンテージとなるので、自信をもって就活を進めましょう!

 

 

新型ウイルスの影響で就活市場が激変!

Monet – stock.adobe.com

 

新型コロナウイルス感染症が流行する以前は、地方学生が都心で就活をするには時間やお金などが多くかかりました。特に、資金面で苦労をした先輩方は多いでしょう。

 

しかし、就活での感染症対策が「都心と地方の就活生の格差がなくなるのではないか?」と考えられています。

 

コロナ禍の就活事情にどのような変化があったのか、詳しくみていきましょう。

 

採用活動の遅れ

 

近年、就活は早期化されていました。ところが、感染症の影響で21年卒の就活生は合同説明会や企業説明会などのイベントが中止に。さらに面接さえ中止となり、就活全体に大きな遅れが発生しました。

 

早期化のおかげで2020年2月までに内定をもらった学生はいますが、地域に関係なく全体的に就活が長期化しているようです。

 

それに伴い、22年卒の就活生に関しては、例年よりも採用活動のスタートが遅くなっている企業が少なくありません。

 

就活のスタートが遅れる傾向があるといっても、就活の情報収集は欠かさないようにしてくださいね。

 

採用活動のオンライン化

 

コロナ禍になってからは「Web面接」や「オンライン説明会」が主流となりました。

 

以前から採用活動をオンライン化する企業もありましたが、基本的に最終面接などは対面が絶対だったのです。

 

しかし、現在では感染症対策により移動時間やお金をかけずに、説明会や面接に参加できるので地方学生の負担はかなり減ったものと考えられます。

 

利便性に気づいた企業は、きっと感染症が収束してもオンラインを活用して採用活動を続けていくでしょう。

 

ダイレクトリクルーティングの拡大

 

コロナ禍では学生へのダイレクトリクルーティングで、効率的に採用活動を行う企業が増えているそうです。

 

ダイレクトリクルーティングを行う場合、企業は就職サイトなどだけではなく、学生のレジュメ情報を見て個別にオファーを送っています。

 

採用コストが抑えらえるだけでなく、密を避けつつ自社に合った人材にアプローチできることから、企業の注目を集めているのです。うまく活用すれば、学生も効率的に就活を進められますね。

 

 

冷静な情報収集が就活成功のカギを握る!

milatas – stock.adobe.com

 

就活のスタートが遅れた地方学生は、情報収集や丁寧な自己分析をすることが成功の一歩です。

 

コロナ禍での就活は地方学生が感じる「不利」を減らしているので、この機会に効率的な就活を考えていきましょう。どんな状況でも冷静に就活を行うことが大切ですよ。

 

ホテル・旅館に就職したい方は、就職支援サービス「おもてなしHR」にご登録ください。

 

宿泊業界に特化した専任のアドバイザーが、あなたにピッタリ合った企業を紹介いたします。まずは一度お問い合わせくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る