病む寸前!「接客業を辞めてよかった」と思わずに済むための考え方とは

接客業でストレスを抱えて、病む寸前になっている方もいらっしゃるかもしれません。接客業で病みそうになっている現状には、必ず理由があります。原因を理解し、いまの状況を見つめなおしてみましょう。

接客業に病んでしまう理由とは

one – stock.adobe.com

 

接客業をしていると病んでしまうのはなぜでしょう?接客業でストレスを感じやすい要因をまとめましたので、早速チェックしていきましょう。

 

マルチタスクがこなせない

 

接客業は要領の良さが求められます。同時に複数の仕事をこなす必要があり、一つのことにしか集中できないと接客業務に支障をきたすことがあるのです。

 

マルチタスクをこなせないと「自分の出来なさ」に辛さを感じて、病んでしまう人も少なくないそうです。

 

コミュニケーションが苦手

 

接客業を経験してみて、コミュニケーションが苦手だと痛感する人もいます。

 

コミュニケーションはお客様だけでなく、スタッフ同士でも密に取らなければいけません。社内でコミュニケーションが取れないと、あなた一人だけが孤立するのです。

 

困ったことがあっても「誰からも助けてもらえない」という環境に陥りやすく、仕事中はストレスを感じやすくなるでしょう。

 

クレームを受け流せない

 

接客業をしていれば理不尽なクレームを受けることもあるでしょう。その場合、自分が悪くなくとも頭を下げて謝らなくてはなりません。

 

クレーム対応に関しては人によって向き・不向きがありますので、理不尽なクレームを真に受けてしまう方は気分が落ち込みやすくなります。

 

同僚・上司と合わない

 

同僚や上司と価値観が合わないと、ストレスが増してしまいますよね。一緒にいるだけでも精神的に負担になることもあるでしょう。

 

職場の人間関係は、時に業務にも影響し、お客様に迷惑をかける恐れがあります。仕事が思うように回らないことも病む原因になっているかもしれませんね。

 

プライベートの時間を確保しにくい

 

接客業は、基本的に土日出勤が当たり前です。しかも他の業種と比べて、一日当たりの労働時間が長い傾向にあるのです。

 

趣味の時間がなかなか取れなかったり、家族や恋人、友人たちと予定が合わなかったりなど、ストレスを溜め込んでしまう方も多いそうですよ。

 

「接客業を辞めてよかった」と思う前に考えたいこと

Cristina Conti – stock.adobe.com

 

もしかしたら、仕事の向き・不向きを決めるのはまだ早いかもしれません!

 

仕事を満足にできていない人や、ただ仕事が辛いから辞めたいと思っている人は、このまま接客業を辞めても後悔するだけです。

 

また、「次に自分がどんな仕事をするのか」など、検討がついていない人も辞めないほうが身のためです。

 

現実逃避をしたままでは、同じことの繰り返しになります。接客業を辞めて異業種へ転職したとしても、また仕事が嫌になって辞めることを考えるでしょう。

 

しかし、接客が嫌で精神的に参っている場合は、一度接客業から離れてみるのも一つの手です。

 

接客業を辞めて、転職で実現したいことがある方も同様です。あなたの目標を達成できる企業へすぐに転職しましょう。

 

・ただただ仕事が嫌で辛い
・接客業を辞めてもやりたい仕事がない

 

以上のような方は、まだ接客業という仕事で学べることがきっとあります。自分に自信をつけるだけで仕事への価値観も変わるかもしれませんよ。

 

 

ホテル・旅館への転職は「おもてなしHR」にお任せください!

David Gilder – stock.adobe.com

 

「接客業でがんばってみようかな……」と思い直した方は、現職場でもう少しがんばってみてください。業務のなかで苦手なことがあったら冷静に分析すれば、必ずステップアップできます。

 

「接客の仕事は好き。だけど今の職場で働くのはちょっと厳しいかも……」など、心機一転したい方はホテル・旅館で働くことを視野に入れてみてはいかがでしょう?

 

ホテル・旅館への転職は、わたしたち「おもてなしHR」にお任せください!

 

ホテル・旅館での接客が嫌になった方でも、もしかしたら現在の職場があなたに合っていないだけかもしれません。

 

宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたの転職活動をしっかりとサポートします。あなたの力を存分に発揮できるような会社を、一緒に探しましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る