ホテルの法人契約内容とは?法人契約の契約書について解説

契約には「契約書」がつきもので、会社とホテルの法人契約でも契約書は交わされます。法人契約における契約書の内容とは、どのようなものなのでしょうか。ホテルの法人契約で交わす契約書の内容と、ホテルの法人契約で注意すべきポイントについてご紹介します。

ホテルの法人契約書

契約書とは契約を締結する際に作成される文書のことで、当該契約の内容が記されています。

 

契約書には、契約の成立や契約意思の確認のほか、争いの事前防止に貢献し、契約の証拠として当事者を保護してくれる役割があります。

 

ホテルの法人契約における契約書には、会社情報や契約プラン、契約期間に加え、細かい利用規約などを表示するのが一般的です。

 

詳しい内容について、次の項目でみていきましょう。

 

ホテルの法人契約内容は?

ラウンジの利用

iStock.com/opolja

 

ホテルの法人契約はどんな内容で、契約書にはどのようなことが書かれているのでしょうか。ホテルの法人契約における契約内容の一例をご紹介します。

 

ホテルの利用について

法人契約の場合でも、通常のホテル利用と同様、ホテルの宿泊約款・利用規約に基づいて利用することを示します。

 

主な内容は、ホテルを利用する場合は事前予約が必要なこと、ホテルが満室の場合や休館日の場合には予約を受けられないこと、キャンセルポリシーなどが挙げられるでしょう。

 

また、ホテルの中には、このような常識的なルールに加え、チェックインの際に本人確認をする場合があることについて言及していることもあるようです。

 

プランの種類について

法人契約をしているプランの種類も契約書に記載されます。プランの一例をご紹介しましょう。

 

宿泊プラン

ホテルに宿泊する場合の利用人数や部屋タイプ、チェックイン・チェックアウトの時間、利用金額などを示しています。

 

休憩プラン

施設によっては宿泊以外に休憩プランを設けていることもあります。宿泊プランと同様、人数や部屋のタイプ、金額、利用時間が示されます。

 

ビジネスプラン

ホテル内の施設を会議や研修等で使用できるように契約している場合もあります。その場合も人数や会場の大きさ、一部屋あたりの料金や利用時間などについて記載されるでしょう。

 

貸し切りプラン

ホテルの全館貸し切りや、フロアごとの貸し切りプランを契約している場合もあります。時間や料金のほか、ホテルの空室状況によっては利用できないケースがあることも示しています。

 

オプション利用

オプションは契約内容により異なりますが、アーリーチェックインやレイトチェックアウト、ラウンジや館内施設の利用についての記載が多いようです。

 

契約金額・支払いについて

法人契約により発生する金額や支払い方法についても当然記されます。

 

金額に関する取り決めはホテルにより異なり、一定の契約金額を支払って利用する場合や、利用分の請求書を発行する場合などさまざまな形態があるようです。

 

適用外事項について

ホテルを利用できない場合についての記載もあります。

 

例えば、法人契約で定められた予約方法以外でホテルを予約した場合や、利用者が法人契約している会社に属していない場合などです。

 

解約について

期間途中でのキャンセルや解約による払い戻しについての記載です。

 

偽造や転売、不正利用などがあった場合の契約終了や返金について詳しく記されます。

 

その他の記載事項

上記以外に記載される内容として、「個人情報の取り扱い」「反社会勢力の排除」「規約の変更」などが挙げられます。

 

ホテルの法人契約で注意すべき点

契約書の確認

iStock.com/seb_ra

 

法人価格やオプションの利用など、ホテルと法人契約を結ぶメリットは多いように感じられますが、注意しなければならないこともあります。

 

それは、法人契約の目的が会社のニーズに合っているかどうかということです。

 

例えば、出張がほとんどない、ホテルで研修をするほどの規模ではない会社が法人契約をしたところで、ホテルを利用する機会が少なくなることは目に見えます。

 

そう考えると、会社の現状や利用目的・見込みなどを明確にしてから、ホテルの法人契約を検討することが大切だといえますね。

 

ホテルの法人契約・コーポレート契約について詳しく紹介!

 

ホテルと法人契約を結ぶ際は契約書の確認が大事!

ホテルの法人契約は、ホテル側が示す内容に会社のニーズが合い契約を結ぶ場合がほとんどでしょう。そして契約をする際には、契約書が必ず作成されます。

 

ホテルの法人契約をする場合は、契約後に見落としていた部分発覚したり、利用制限があって困ったりすることがないよう、法人契約の契約書にしっかり目を通すことが大事です。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る