子持ち主婦の転職を考える。仕事と育児の両立には時短勤務がおすすめ?

子持ち主婦が転職を検討するときに、フルタイム勤務か時短勤務かを悩むことがあります。子どもの年齢が小さい場合には、時短勤務を選択をすることも多そうです。時短勤務は所定労働時間を、原則として6時間とする制度ではありますが、正社員に限らずパートやアルバイトでも利用することができます。

子持ち主婦におすすめの転職先は?

iStock/Kavuto

 

子育てをしながら仕事をする、いわゆるワーキングマザー。共働き世帯は年々増加傾向にあり、子育てとの両立が可能な働き方を提案している企業も、増えてきているようです。メディアで特集されるようなこともありますし、子育て世代に理解があることは、これからの企業のあるべき姿のひとつかもしれません。

 

特に女性は子どもを持つタイミングで、働き方について考えることがあります。妊娠中の体調の変化からはじまり、出産後は子育てに注力しなければならない時期もあり、子どもを持つ前と同様の働き方を求めることが難しくなります。

 

いつから保育園に入れるのか、そもそも入園することができるのか、さらには子育てと家事、仕事を全てこなすことができるのか。子育てをしながら働くことに対して、不安を抱えるようなこともあるでしょう。

 

子育てと仕事を両立するために検討すべきことはいくつかあります。家族の協力は当然必要ですし、子どもに負担のない時間の中で働くことも考えるでしょう。そして、何よりも大切なのが、勤務先となる企業の存在です。

 

企業の制度はもちろん、同僚や上司からの理解。それらがなければ、子育てをしながら働くことは難しいものです。どのような職種を選ぶか、経験を活かすことができるかも大切ですが、子育てに理解のある企業なのか、同じ様な境遇の従業員がいるのかという点も、子持ち主婦の転職には肝心なことかもしれません。

 

時短勤務を希望することができるか、やむを得ず欠勤しなければならない場合のフォロー体制は整っているか。そういったことも、子持ち主婦が転職先を選ぶ際の重要な基準です。

 

子持ち主婦が時短で仕事をするメリット・デメリット

iStock/Drazen-Zigic

 

子どもの年齢が低いなどを理由に、時短勤務を希望する場合もあるでしょう。子どもの送迎時間の関係で、フルタイム勤務が困難である場合や、退勤後の家事にかかる時間を考えて時短にするなど、時短で仕事をする理由はさまざまです。

 

メリット

 

時短勤務のメリットは何よりも、仕事以外にかかる時間に余裕が持てることでしょう。子どもを保育園に通わせながら働いている場合には、送迎にかかる時間も必要です。退勤後に迎えに行き、帰宅後に食事の用意を進め、日中にできなかった家事を片づけることもあるかもしれません。

 

子どもが小さいほどに手はかかるものですし、思うようには進まないこともあるはずです。時間に余裕がないということだけでも、心は疲弊するものです。体力的な面も当然ありますが、精神的な余裕が持てるということが、時短勤務のメリットではないでしょうか。

 

デメリット

 

時短勤務の場合は、当然のことながら仕事に関わる時間が短くなります。もう少し仕事がしたいと思っていても中断せざるをえなかったり、時短勤務のために関わることのできないプロジェクトや会議などもあるかもしれません。

 

希望して時短勤務をしている場合でも、本当はもっと働きたいと感じている人もいるでしょう。特にキャリア志向の人にとっては、我慢が必要なこともありそうです。

 

時短勤務は子持ち主婦の強い味方になる

iStock/metamorworks3

 

時短勤務は、子持ち主婦の強い味方です。子どもを持てば、何よりも優先すべき事柄は間違いなく子育てです。子育てをしながら働くとなると、子育てと仕事、家事の全てを同じ比重で行うということは不可能でしょう。

 

時短勤務を選択することで、それらに必要な時間をコントロールしやすくなりますし、いずれは自分の時間を確する余裕も生まれるかもしれません。

 

場合によっては、仕事に慣れるまでの短期間、時短勤務にするという方法もありそうです。子持ち主婦の場合、転職直後は非常に慌ただしくなるものです。仕事を覚えなければならないうえに、生活様式も変わります。自分自身はもちろん、子どもが生活に慣れることについても考える必要があるでしょう。

 

時短勤務にすることは、子持ち主婦にとってだけでなく家族にとっても、良い効果がありそうです。

 

時短勤務を活用して子育てと仕事を両立させよう

iStock/maruco

 

子持ち主婦が働くうえで、課題になるのは子育てとの両立です。預け先が見つかり、無事に転職ができると、子どもと関わる時間を確保することの難しさを感じるものです。

 

転職直後は特に、仕事を覚えなければという焦りや、新しい環境下で感じる緊張感もあります。子どもの面倒を見るにしても、年齢によってはなかなか思い通りにいかないもの。あれこれ世話を焼かなければならない年齢であれば、尚更でしょう。

 

時短勤務のすると、他の従業員を残して帰宅する酔いう状況に後ろめたさを感じることもあるかもしれません。それでも、長く働き続き得ることを見据えているのであれば、時短勤務は非常に前向きな選択ではないでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る