求職者が面接で感じる手ごたえとは?手応えの有無で合否の予想はできる?

いくつもの企業の面接を受けていると、手ごたえの有無を感じることがありますよね。しかし、自分で手ごたえありと思えた面接で不合格になったり、手ごたえなしと思った企業から内定が出るケースは少なくありません。果たして、求職者が感じる手ごたえによって合否を予想することはできるのでしょうか。面接官の反応から考えられる意図と併せて解説します。

面接で感じた「手ごたえ」で合否は判断できる?

採用・不採用

takasu- stock.adobe.com

 

就職・転職活動中に「今日の面接は手ごたえがあった」「今回は手ごたえが感じられなかった」と思うことがあるのではないかと思います。

 

面接で感じた手ごたえを根拠に、合否の予想を立てて今後の求職活動の方針を決めるという人もいるのではないでしょうか。しかし、手ごたえによって合否を予想することが理にかなった行動であるのかを、一度よく考えてみてください。

 

手ごたえの有無を感じるパターンと、面接官にどのような意図があるのかを把握し、就職・就職活動に活かしましょう。

面接で感じる「手ごたえあり」のパターン

面接で「これはイケる!」思うのは、面接官の反応が良かったり、具体的な自己PRができたときです。

 

以下のような場合には、確かな手ごたえを感じる人が多いでしょう。

 

    • ・面接時間長い
    • ・面接官が興味を示し、良くメモを取っている
    • ・面接官との会話が弾んだ

 

    • ・自社の魅力をアピールされた
    • ・最短入社可能日を聞かれた
    • ・次の選考の案内があった

 

    • ・他社の選考状況を探られる
    • ・面接官のプライベートな話をされる
    • ・社内情報の具体的な話をされた

 

  • ・難しい質問にスムーズな受け答えができた
  • ・企業に対して良い質問ができた
  • ・「わが社に合っている」など肯定的なコメントがあった

面接で感じる「手ごたえなし」のパターン

「手ごたえが無かった」と感じるパターンも見ていきましょう。

 

手ごたえを感じるパターンとは反対に、面接官の反応が薄かったり、スムーズなトークができなかった場合に「これはだめかも…」思う人が多いようです。

 

    • ・面接官がそっけない、冷たい
    • ・面接時間が短い
    • ・受け答えで言葉に詰まった

 

    • ・落ちたらどうするか聞かれた
    • ・自己PRを否定される
    • ・メモを取ってない

 

  • ・質問への回答が具体的でない
  • ・雑談が全くない
  • ・最後にアピールしたいことはないか聞かれる

実はあてにならない面接での手ごたえ

手ごたえの有無を感じるパターンは、どれも結果を予想する材料として相応しいように思えます。しかし、手ごたえとはあくまでも主観的なものであり、実際はあまりあてになりません。

 

面接官の態度や行動には、以下のような意図の表れである可能性があるのです。

早い段階で合格と決めた

面接時間が予定よりも短い、質問が少ない、雑談がまったくないといった要素は「面接官が自分に興味を持っていない不合格のサイン」だと思われがちです。

 

しかし、実際には早い段階で合格にすると決めたために、手短に終わらせたというパターンもあり得ます。あっさり終わったからといってその場で諦めたりせずに、見送りが終わるまで気を抜かずに臨みましょう。

応募者の真意を探っている

自分の回答をさらに掘り下げるための具体的な質問を受けた、面接時間が長かったなどの要素は「手ごたえあり」と判断する人が多いでしょう。

 

実際に面接官が強い興味を持って食いつている場合もありますが、応募者の本質が見えないために探りを入れている、他の応募者と比較している段階という可能性も考えられます。

 

また、次の選考スケジュールや最短入社可能日、社内についての詳細な話をされたとしても、合格フラグとは限りません。志望度を確かめたり、社風に合うかどうかを見極めるための質問・案内という可能性もあるでしょう。

企業としての面接の方針

面接官のそっけない態度や意地悪な質問は、不合格のサインのように思えますよね。しかし、実際には求職者のストレス耐性や、臨機応変さを見るための芝居だったということが少なからずあります。

 

また、面接官の反応が良く、始終和やかな雰囲気で面接が終わっても合格のサインとは言い切れません。求職者をお客様として大切に扱い、不採用でも気持ちよく帰ってもらうための措置であることが考えられるのです。

 

面接官の態度は、企業としての単なる方針であり、評価とは無関係だと思った方が良いでしょう。

 

なお、圧迫面接については以下の記事をご参照ください。

 

やる気のない意地悪な面接官・圧迫面接に遭遇したらどう対処するべきか

面接の手ごたえで一喜一憂する必要は無し

次

frender- stock.adobe.com

 

求職者が感じる手ごたえと、面接官の意図はまったく異っていることは多々あります。自分の感触のみで仕事探しをストップしたり、必要以上に落ち込むことはやめましょう。

 

手ごたえの有無をある程度感じ取ることは、今後の就職・転職活動の参考にはなりますが、あくまでも参考程度にとどめておくことがポイントです。

 

結果の通知が来るまで、合格・不合格はわかりません。終わった面接のことはいったん忘れて、次の行動に移るのが得策ではないでしょうか。

 

また、面接が上手くいかずに悩んでいる人は、ぜひ一度おもてなしHRへご相談ください。おもてなしHRはホテル・旅館に特化した就職・転職エージェント。接客の仕事はもちろん、事務や調理師などの求人も扱っており、選任アドバイザーが応募先の提案から面接対策まで、丁寧にサポート致します。

 

求職者向けのサービスは完全無料なので、まずは気軽に登録してみましょう!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る