旅館の窓際、椅子とテーブルが置いてある「あのスペース」の魅力とは

旅館の客室の広縁が「あのスペース」と呼ばれ、一部のお客様からマニアックな人気があることはご存じでしょうか。この記事ではお客様が「あのスペース」に魅力を感じる理由や楽しみ方を紹介します。ぜひ、旅館の満足度アップの参考にお役立てください。

旅館の「あのスペース」とは?

インターネット上などではときどき「旅館のあのスペースが大好き」「あのスペースで椅子に座っていると旅館に来たという感じがする」といった話を耳にします。ここでいう「あのスペース」とは、旅館の客室の広縁のことです。

 

広縁は客室の窓際のふすまや障子で区切られた広い縁側で、椅子とテーブルのセットや冷蔵庫などが設置されています。

 

「あのスペース」のファンは、どのようなところに惹かれてどんな楽しみ方をしているのでしょうか。お客様の心をつかむ「あのスペース」の魅力を探っていきましょう。

旅館の「あのスペース」はなんのため?

「あのスペース」の起源や、本来どのような役割を持っているのかについては、以下のようないくつかの説あります。

 

  • ・客室同士をつなぐ廊下
  • ・電気が未発達だった時代に廊下の灯を取り入れるための空間
  • ・畳や家具を日焼けから守るための空間
  • ・畳に座れない外国人客のために作った空間

 

現代においては、休憩や歓談のためのスペースとして使われることが一般的です。特にお年寄りや足の悪いお客様は、畳に座るよりも負担が少なく、滞在中はあのスペースで過ごす時間が長いそう。

 

また、タオル掛けを設置して濡れたバスタオルや手拭いを干すための空間としても利用されています。

旅館の「あのスペース」の楽しみ方

ミニチュア家具

funny-face- stock.adobe.com

 

「あのスペースで寛ぐのが旅館に泊まる醍醐味」と語る人も少なくないほど、「あのスペース」には根強いファンがいます。お客様が「あのスペース」をどのように楽しんでいるのかを見ていきましょう。

旅館滞在中の楽しみ

旅館に滞在中のお客様は「あのスペース」でおもいおもいに楽しいひと時を過ごしていす。温泉上がりにビールを飲んだり、窓の外を眺めて夕涼みをしたり。

 

ほどよく狭い空間が、絶妙に落ち着くという人が多いのです。また、テーブルが設置されているためトランプやオセロなどのゲームをする場所としても利用されています。

自宅に「あのスペース」を作る

「あのスペース」が大好きで、旅館をイメージした広縁を自宅に作ったという人もいます。窓際のスペースを日曜大工で改装したり、普通の縁側だった場所に机と椅子を並べたり。

 

旅館の「あのスペース」は、特別なものは何も要らず、ちょっとした工夫で再現することができます。

 

自宅にいながら旅行気分を楽しめる素敵な空間づくりにチャレンジしてみれば、「あのスペース」に惹かれるお客様の気持ちをより理解できるのではないでしょうか。

ミニチュアサイズの「あのスペース」

自宅に本格的な「あのスペース」を作るのはさすがに少々ハードルが高いですが、ミニチュアサイズで魅力を味わうことも可能です。

 

ドールハウスやジオラマが模型屋さんなどで市販されているため、お気に入りのマスコットを椅子に座らせて飾っておけば、「見て楽しむあのスペース」の完成です。

 

また、設計の段階からオリジナルで「自分だけの理想のあのスペース」のミニチュアを作成する、本格的なマニアも存在しています。「あのスペース」はもはやひとつの芸術のジャンルともいえるのではないでしょうか。

「あのスペース」の充実で満足度アップを目指そう!

温泉宿のあのスペース

hogy – stock.adobe.com

 

「あのスペース」は、一見地味な空間に思えますが、お客様の旅を盛り上げる要素として、実は重要なのですね。

 

掃除を抜かりなく行うことはもちろん、窓から見える庭の景色を美しく整える、座り心地の良い椅子を選ぶなどの工夫で「あのスペース」がより快適な空間にしてみてはいかがでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る