採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

転職したいけど面接が苦手…克服方法はある?

転職活動での面接に、苦手意識があるという声をよく耳にします。プレッシャーを感じて本来の自分を出せないと悩む方も多いのではないでしょうか。転職活動を成功させるには、面接への苦手意識を克服することが急務です!面接の乗り切り方や、心構えなどをご紹介します。

意外と面接が苦手な人は多い!

 

面接が得意な人はそう多くはありません。多くの人にとって、面接という場は慣れない環境であることに違いはないのです。

 

日常とはまた違った独特の雰囲気に緊張してしまったり、不安や緊張を感じることは当たり前のこと。面接が苦手だと感じているのは、あなただけではないことを知っておいてくださいね。

 

面接が苦手と感じる原因

metamorworks – stock.adobe.com

 

面接に向けて準備・練習をしっかりと行ってきたのに、苦手意識を抱いてしまうのはなぜでしょう?準備・練習不足以外に考えらえる原因をみていきましょう。

 

質問にしっかりと答えられるかという不安

 

面接当日にならなければ、どんな質問をされるのか分からないところがありますよね。

 

なかには不意打ちの質問をもらったことでトラウマのようになっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、いくら準備・練習で質問をシミュレーションしても、面接では想定外の質問が飛んでくるものです。

 

そういった想定外の質問で頭が真っ白になってしまい、苦手意識を感じる原因になっている可能性があります。想定外の質問で自分が知らないことをいい加減に話すよりも、「勉強不足申し訳ありません」と素直に潔い回答するほうが好印象を残すこともありますよ。

 

自分の言動に自信がない

 

もともと人前で話すことが苦手で、自分のコミュニケーション能力に自信がないと「面接が苦手」だと感じやすいでしょう。

 

ある程度質問を想定して覚えてきたのに、終いには面接で言いたいことを上手くまとめることができず、自己嫌悪に陥ってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

面接では”自信”を示すことも大切です。完ぺきな答えを出す必要はありません。姿勢を正し、はじめに結論を伝えたうえで、その理由やいきさつを説明すると良いでしょう。

 

面接官の言動を気にしすぎてしまう

 

面接官のちょっとした動きを深読みしてしまい、不安や緊張を持ってしまう方は面接に苦手意識を抱く傾向があります。

 

面接官は質問を考え、その答えを整理しています。限られた時間のなかで応募者の本質を知ろうとしているので、それだけで一杯いっぱいになっていることもあるのです。

 

そのため、面接官の言動は気にせず、自分の伝えたいことに集中したほうが良いでしょう。

 

面接で成功したい!苦手意識を克服する心構え

Drobot Dean – stock.adobe.com

 

まずは面接官に対するイメージを変えましょう。面接官も一人の人間です。

 

それに、はじめから不採用にしようと思っているのであれば、応募者一人ひとりに貴重な時間を使う面接官や採用担当者はいません。書類選考に合格し面接に呼ばれただけでも、その企業に採用される見込みがあるということなのです。

 

面接中、たとえ失敗したとしても「この会社で自分が役に立てる」という内容を伝えることが大切です。言葉に詰まっても、しっかりと自分の魅力を伝えられればそれで十分です。

 

転職活動における面接では、スムーズに話せることよりも、自分の本質を面接官に知ってもらうことを意識してくださいね。

 

苦手な面接を克服するための対処法とは?

peshkova – stock.adobe.com

 

苦手な面接を克服するには、原因や心構えを知ったうえで対処法を身に付けておく必要があります。早速、対処法をチェックしていきましょう。

 

言いたいことを箇条書きでまとめる

 

面接で言いたいことは箇条書きでまとめておくようにしましょう。

 

大事なポイントを丸暗記してしまうと、忘れてしまったときにパニック状態になってしまいます。思考が止まらないようにするためにも、本当に伝えたいことは箇条書きにして覚えておくのです。

 

必要な要点だけを記憶しておけば、少し言葉に詰まってしまっても要点を思い出しやすくなるので話をつなげやすくなります。

 

ゆっくり、丁寧な話し方を心がける

 

面接の場では話し方も大きなポイントとなります。大切なのは、いつもよりもゆっくりと丁寧に話すことです。

 

ゆっくり丁寧に話すと面接官に自信が伝わるだけでなく、話している自分自身も気持ちを落ち着かせることができます。また、ゆっくりと話すことで、考えを整理したり、質問に対して考える時間も確保できますよ。

 

企業研究をしっかりする

 

企業研究をしっかりしていれば、イレギュラーな質問をされたとしても困ることはありません。

 

面接ではその企業の理解度を判断するために、イレギュラーな質問をする面接官もいるのです。そういった質問にも柔軟に対応するには、志望する企業についてきちんと知っておくことが重要でしょう。

 

企業研究が足りないまま面接に臨んでしまえば、思わぬところで回答に困ってしまうことも十分に考えられます。言葉に詰まると人は焦ってしまうものなので、前もって調べられることはしっかりと調べるようにしてください。

 

面接への苦手意識を取り去りたいなら転職エージェントも活用すべき!

mapo – stock.adobe.com

 

面接に対する苦手意識を克服したければ、転職エージェントを使うことをおすすめします。

 

転職エージェントを活用すると、プロのアドバイスを受けながら面接に備えることができます。面接に関する適切な意見を聞けば、あなたが感じている苦手意識もなくなるかもしれませんね。

 

ホテル・旅館への転職に興味のある方は、ぜひ就職・転職支援サービス「おもてなしHR」のご利用をご検討ください!宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたの転職活動を丁寧にサポートいたします。

 

あなたの転職に関する苦手意識を含め、まずはご希望や不安に思っていることなど、なんでもお聞かせください。ご相談をお待ちしております。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事