採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

中途採用の面接結果が遅い理由は?

中途採用の面接結果が遅くなることは珍しくありません。しかし、企業側にある事情を知らなければ落ち着かない日々を過ごしてしまうことにもつながります。面接結果が遅くなってしまう理由を確認し、連絡を待つ期間を過ごす対処法についてご紹介します。

面接結果の連絡が遅いのは不採用だから・・・?

naka – stock.adobe.com

 

面接結果の連絡が遅くても不採用とは限りません。中途採用での面接では、結果が遅い場合でも合格になることも多いのです。

 

そのため連絡が遅いからといって「きっと不採用なんだ…」と決めつけないほうが良いでしょう。最終面接だとしても、他の応募者との比較や社内会議などに時間がかかりやすく、面接結果の連絡が遅くなってしまいます。

 

面接後から結果の連絡まで1週間を目安としている企業が多いようですが、どんなに遅くとも2週間以内には企業から連絡があるはずです。

 

2週間以上も面接結果の連絡がない場合は、企業に問い合わせたほうが良いかもしれません。

 

中途採用で面接結果が遅くなる理由とは?

Panumas – stock.adobe.com

 

中途採用で面接結果が遅くなるのは、いくつか理由があります。企業側にも事情があるということを踏まえ、どう行動するかを考えていきましょう。

 

まだ面接が終わっていない候補者がいる

 

企業の中には、すべての応募者と面接をしてから結果を出すところもあるので、結果的に合否の連絡が遅くなってしまうパターンもあります。

 

応募者と担当者のスケジュールを合わせることに難航している場合は、結果を出すことに1週間以上かかってしまうこともあるようです。

 

企業側で結果が出せていない

 

担当者が複数人いるときは、面接官それぞれで意見が分かれていることも考えられます。

 

このケースでは、過去に担当した面接官と面接内容を振り返る時間が取られるので、選考が長引くという可能性があります。

 

先に合格者に連絡をしている

 

合格者への結果連絡を優先しており、不合格者への連絡が遅くなっていることも視野に入れるべきでしょう。

 

先に合格者にだけ連絡をする企業は、内定辞退者が出たときのことを考えて、候補者をキープしている場合もあります。

 

他の候補者の回答を待っている

 

他に魅力的な応募者がいる際には、その人の回答を待って結果の連絡が遅れているのかもしれません。

 

このケースでは、あなたの合否は、その応募者の回答次第で決まると言っても良いでしょう。

 

他の業務が忙しい

 

特に中小企業では、人事担当者が他の業務を掛け持ちしていることが多いのです。他の業務が忙しい場合では、面接結果の連絡が遅くなってしまうのも頷けますね。

 

面接結果の連絡が遅いときは企業に問い合わせよう!

 

面接結果の連絡が遅いときには、まず迷惑フォルダに通知メールが入っていないか確認してみましょう。電話の留守番メッセージのチェックも忘れないようにしてください。

 

約束の期日までに連絡がなかったり、2週間以上も企業から音沙汰がない場合、電話やメールを使って問い合わせしましょう。

 

ですが、担当者は忙しい方が多く、急を要しない限りメールで問い合わせたほうが無難かもしれません。

 

問い合わせるときには謙虚な姿勢で、丁寧な言葉遣いを意識することが大切でう。企業にも都合があることを理解し「お忙しいところ恐縮ですが」など、相手の都合を理解した表現を使って問い合わせましょう。

 

面接結果の連絡に振り回されないためには?

UTS – stock.adobe.com

 

面接結果の連絡が遅いと、そのことばかりが頭に浮かび何も手につかない状態が続いてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

 

連絡があるかないかで企業に振り回されないために、応募者ができることをチェックしていきましょう。

 

結果が来る目安の期日を聞く

 

面接の際には、採用結果がいつ分かるのかなど、日数や期日について聞いておいたほうが良いでしょう。

 

たとえば、「選考結果のご連絡はいつ頃になりますでしょうか?」「不採用の場合もご連絡はいただけるのでしょうか?」などのように、期日や期限を面接官に直接聞いてください。

 

期日などが分かれば、それを過ぎた時に問い合わせもしやすくなりますよ。

 

転職活動は余裕を持ったスケジュールで行う

 

面接を複数回行う企業は多いですよね。転職活動を効率的に行うコツは、余裕のあるスケジュールを組むことから始まります。

 

転職活動は、現在の仕事をしながら行うケースがほとんどです。

 

一次面接から面接結果が出るまでに約一ヵ月かかると想定したうえで、仕事が休みの日に面接を入れたりなど、現在の仕事との折り合いを付けながらスケジュールを組むことが大切でしょう。

 

他の企業も視野に入れる

 

転職活動では限られた時間・日数を有効的に使うことが重要です。

 

現在の仕事をしつつ転職活動の時間調整をすることは難しいことです。そのため、他の企業へ応募をしておけば、万が一の場合でも、企業選びから転職活動をやり直すという手間や不安も少なくなるでしょう。

 

応募企業を増やせば、結果を待つ日数を効率的に使うことができ、最終的に転職活動も短時間で終わらせることができるのです。

 

宿泊業界への転職には「おもてなしHR」!

DragonImages – stock.adobe.com

 

中途採用の面接結果は遅くなってしまっても、必ずしも不採用だということはありません。企業側にも都合があり、約束の期日よりも連絡が遅くなってしまうケースが多いのです。

 

ですので、不安な気持ちになったとしても、落ち着いて次の選考の準備をしたり、丁寧に問い合わせることが大切でしょう。

 

「結果が遅くて不安…」「企業に合否を問い合わせるのは緊張する…」という方は、転職エージェントを活用することをおすすめします。エージェントを使うと、企業と応募者の間に入ってくれるので、面接結果が遅い場合も気軽に問い合わせることができます。

 

ホテル・旅館などへの転職をご希望の場合は、ぜひ自社の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をご活用ください。宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたの転職活動がスムーズに進むよう丁寧にサポートさせていただきます。

 

ご不安やご希望などがあれば、まずは遠慮なくご相談ください。あなたにピッタリの企業を一緒に探していきましょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事