赤ちゃんは何歳から温泉に入れる?子連れ旅行を受け入れる注意点をご紹介

赤ちゃんを連れたお客様が温泉旅行をするときは心配がつきものです。ゆっくりと心身を休めてもらうには、旅館のサポートが欠かせません。お父さんやお母さんを安心させるにはどのようなサービスが必要なのでしょうか?小さな子供連れのお客様を受け入れる注意点なども確認していきましょう。

赤ちゃん連れのお客様が安心して泊まれる温泉が愛される!

LIGHTFIELD STUDIOS – stock.adobe.com

 

小さな子供を持つお母さん・お父さんは日々の子育てに追われ、ゆっくりできる時間をたっぷり取ることはできません。そのため、温泉旅行でリフレッシュしたいという人も多くいらっしゃいます。

 

赤ちゃんにとっても普段とは違う環境でお風呂に入るということは、とても良い刺激にもなります。

 

しかし、リフレッシュしようと温泉宿を探しても「子供がお風呂で暴れないか」「赤ちゃんを受け入れてくれるのか」などを心配して、宿選びの段階から難航することが多いのだそうです。

 

旅館に赤ちゃんの受け入れ体制が整っていれば、お父さん・お母さんの不安を取り除くことができ、家族の思い出に残るステキなひと時を提供することもできます。

 

小さな子供連れ旅行を受け入れるには、お父さん・お母さんに嬉しいサービスを用意されていることが愛される秘訣の第一条件。小さな子供だけではなく、お父さん・お母さんが安心してゆっくりと楽しめる工夫が必要です。

 

赤ちゃんは何歳から温泉に入れる?

thanongsak – stock.adobe.com

 

1歳までは大浴場などの温泉の利用はなるべく避けてもらうのが良いでしょう。

 

不特定多数が入浴した同じお湯につかるのは、衛生的にも不安が残ります。1日に何度か浴場の清掃に入るとはいえ、まだ免疫がない赤ちゃんにとっては、予期せぬ健康トラブルにつながってしまう危険もあるのです。

 

1~3ヵ月まではきれいなお湯で沐浴してもらうために客室に付いているお風呂、3ヵ月以降は利用人数が減る貸切風呂、1歳以降であれば大浴場の利用をしてもOK、というように月齢別で分けて考えたほうが良いでしょう。

 

さらに、赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、刺激の強い泉質が自慢の温泉は受け入れ方法などをよく考えたほうが良いかもしれません。成分が薄く、刺激の小さなやさしいお湯であれば問題ありませんが、注意すべきポイントはそれだけではありません。

 

足元がおぼつかないまま濡れた浴場で転んだりすれば、大ケガにつながることもあります。また、赤ちゃんが初めての環境にびっくりして泣き止まなかったり、自分で排泄ができるようになっていないと他のお客様の迷惑になる恐れもあるのです。

 

ですので、子供の月齢や年齢に応じたきめ細やかなサービスを考えなければ、すべてのお客様の快適性を損なう可能性があるので十分に注意してください。

 

子連れの温泉旅行にうれしいプランの事例

poplasen – stock.adobe.com

 

小さな子供を受け入れる体制が整った温泉は、さまざまな工夫をしてお父さん・お母さんをサポートしています。具体的な事例をチェックしてみましょう。

 

ベビー用品を貸し出す

 

お父さん・お母さんが体を洗っていたりシャンプーをしている間、目を離した隙に小さな子供が浴場を走り出したり、足を滑らせて転んでしまうケースも見られます。

 

ある旅館では、バスチェアやベビーバスを無料で貸し出しています。バスチェアがあると、保護者の方が目を離したとしても子供は安定して座ってくれます。さらに、ベビーバスがあるとお父さん・お母さんも安心して沐浴をさせることができますね。

 

また、脱衣所では「おむつ替えマット」を貸出してくれる宿や、ベビーウォッシュなどの貸出しも行っているところもあるそうです。

 

赤ちゃんと一緒に入れる浴槽を別で用意する

 

とある温泉宿では大浴場の一部として、他のお客様とは別に陶器風呂や壺湯などを置き、赤ちゃんと一緒に湯舟に入れる配慮をしています。

 

その浴槽は赤ちゃんと一緒に落ち着いて入浴したい方専用となっており、大きな評判を読んでいるようです。

 

脱衣所にベビーベッドを置く

 

小さな子供をかかえながら着替えを行うのは非常に難しいことです。そこで脱衣所にベビーベッドを置くと子供の安全が守られるので、お父さん・お母さんのストレスも軽減されます。

 

最近では男性の脱衣所にもベビーベッドを設置する宿も増えてきており、今後はこうした配慮が当たり前となることも考えられるでしょう。

 

子供を連れたグループを受け入れる注意点とは?

 

小さな子供を受け入れている温泉宿でも、「〇歳以下の子どもは入浴禁止」「おむつが取れていない乳幼児の入浴は禁止」など、制限を設けている施設は少なくありません。

 

他のお客様もいらっしゃることを考えると、温泉旅館のコンセプトやターゲットによっては制限を設けることも必要でしょう。

 

同時に子供が粗相をしてしまったら隠さずにちゃんと申告してもらうなど、温泉の入浴マナーは絶対に守ってもらうよう、あらかじめ保護者に注意しておくことがリスクヘッジになりますよ。

 

赤ちゃんにやさしい温泉が家族を笑顔に!

Monet – stock.adobe.com

 

小さな子供を受け入れることは、お父さん・お母さんの快適性や子供を想う気持ちを考えることでもあります。

 

家族の思い出を作るという機会に、小さな子供を受け入れる宿の体制が中途半端だったとき、お客様をガッカリさせたりクレームの原因になることも。そうなれば、せっかくの家族の時間に水を差してしまうことにもつながってしまいます。

 

どんなお客様にもゆっくりと、心穏やかに過ごしてもらうためには、お客様が喜ぶサービスを常に考えることが必要です。

 

できる範囲で小さな子供を受け入れる体制を見直すことも、検討のうちに入れたほうが良いかもしれませんね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る