マタニティプランのあるホテル・旅館が人気!妊婦さんに優しい宿にするための事例をご紹介

赤ちゃんを迎える前にゆったりとした時間を過ごすため、ホテル・旅館を利用される妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。身重な体でもリラックスして過ごしてもらえるよう、宿側にも工夫が求められます。マタニティプランを実施しているホテル・旅館が、妊婦さんに向けてどのような特典を用意しているのかチェックしてみましょう。

妊婦さんでも安心して泊まれるホテル・旅館が人気!

 

最近ではマタニティプランを作り、妊婦さんも安心して楽しめる工夫を行っている宿泊施設が増えてきています。

 

「安定期に入ったとはいえ体調が少し心配」という方も多く、マタニティプランを充実させることで妊婦さんの不安を取り除こうと、それぞれの宿で特典を用意しているようです。

 

マタニティプランには妊婦さんの体を細やかに気遣ったサービスが必要です。出産前のゆったりとした時間を特別なプランで応援するために、ホテル・旅館はリラックスして過ごせる空間を用意しておくべきでしょう。

 

人気のあるマタニティプランの事例とは?

montira – stock.adobe.com

 

すでにマタニティプランの取り入れに成功しているホテル・旅館の事例を詳しくみていきましょう。ぜひ今後に活かしてみてくださいね。

 

キャンセル料免除

 

妊婦さんのなかには「急に体調を崩してしまう可能性があるから、なかなかホテル・旅館を予約できない」と困っている方も多くいらっしゃいます。

 

そのため妊婦さんが急な体調不良になって予約をキャンセルしたとしても、キャンセル料がかからないようにプランを組んでいる施設もあります。

 

キャンセル料を免除してもらえるおかげで、いまでは宿の予約がしやすいと妊婦さんからの評価が高くなっています。キャンセルをしてしまったとしても、生まれた赤ちゃんを連れて宿泊してくれたりと、改めて宿泊を希望されるお客様がほとんどだそうです。

 

備品の貸出し

 

妊婦さんの体を冷やさないために作務衣やナイトウェア、湯たんぽ、抱き枕などを貸し出しているホテル・旅館があります。そのなかには、ナイトウェアのお持ち帰りができるようにしている宿もあり、妊婦さんからは嬉しい声が挙がっています。

 

リクライニングチェアなども備品の貸出しに入る宿もあるので、できるだけ妊婦さんのご要望をすべて叶えられるようなプランにすることが必要かもしれませんね。

 

エステ

 

妊娠中でも安心なエステを受けらえるよう、フェイシャルやフットのエステが無料で体験できるようにプランの中に含めているようです。

 

とあるホテルでは妊娠期に合わせて選べるアロマトリートメントを用意しているところもあります。精油にも配慮し、妊娠中でも安全なものを使っているので安心できると多くの妊婦さんから人気を集めています。

 

エステはリラックス効果が抜群で、妊婦さんからも非常に高い人気があるのも頷けますね。

 

ノンカフェインの飲料サービス

 

妊娠中のカフェイン摂取は、流産や発育不良になる危険があるため制限されています。しかし、マタニティプランのないホテル・旅館ではカフェインを含むコーヒーやお茶しか置いていないことも珍しくありません。

 

あるホテルのマタニティプランでは、客室の中でのんびりと過ごせるように、ノンカフェインのコーヒーやお茶を用意しているところもあります。そうしたホテルの気遣いが「いい宿」という印象につながっていくのでしょう。

 

オリジナルメニューの提供

 

マタニティプランでの調理はさまざまな要望に応えており、オリジナルメニューを提供しているホテル・旅館が多いのです。

 

メニューの内容はそれぞれのホテル・旅館によって異なりますが、どの宿泊施設も妊婦さんの栄養面に配慮しています。たとえば、料理で使用しているアルコールをすべて飛ばしたり、むくみや貧血に配慮したメニューなどが揃えられているそうです。

 

マタニティプランを始めるときの注意点

5second – stock.adobe.com

 

マタニティプランを検討するうえで、注意していただき点もあります。

 

旅館では、妊婦さんのためを考えて貸切風呂付きの客室を充てている施設がほとんどでしょう。妊娠中は長時間、高温のお湯につかるのはあまり良くありません。ですので、お湯はぬるめで、湯冷めしない程度に設定することが必要です。

 

また、マタニティプランにフェイシャルやフットのマッサージを取り入れようとしているホテルは、使用する精油にも気を配りましょう。

 

マッサージに必要な精油には妊娠中でも使えるものを選び、妊婦さんにはお腹が張ったらすぐに申し出てもらい、中止をするようにしてくださいね。

 

もう一つ大事なことは、トラブルが起きた場合の対処法を考えておくことです。宿を利用される妊婦さんは、妊娠5ヵ月~7ヵ月の安定期に入っている方が多いのですが、妊娠中は何があるか分かりません。

 

もともと体調が悪かったり、合併症があったものが、たまたま宿泊先で発症する例もあるので、安定期といっても油断してはいけないのです。

 

トラブルも防ぐためにも、当日の体調を「健康チェックシート」に記入してもらったり、事前にかかりつけ医を把握しておくなど、陣族な対応ができるように準備しておくことが不可欠です。

 

妊婦さんへの配慮や気遣いを宿のサービスに込めよう

Syda Productions – stock.adobe.com

 

妊婦さんの体を細やかに気遣うホテル・旅館は、クチコミが拡散するスピードも非常に早いそうです。妊婦さんからの評価が高い宿は、他の妊婦さんにも安心材料となり自ずと人気が出やすくなっているようです。

 

多くの妊婦さんの安全を守り快適に過ごしてもらうには、プランの内容を考えることも大事ですが、妊婦さんへの配慮や気遣いをサービスの時点から考えていくことがとても大切です。

 

マタニティプランを成功させるためにも「妊婦さんが喜ぶこと」を掘り下げ、妊婦さんに嬉しい特典を用意できるよう目指しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る