採用をお考えの法人様へ
無料 転職サポートに申し込む

企業が就活生に適性検査を用いるのはなぜ?

就職活動をしていると、選考過程に「適性検査」を取り入れている企業が多いと分かりますよね。就活生のみなさんは面接対策だけでなく、適性検査への対策にも力を入れている最中かもしれません。しかし、これだけの企業が適性検査を用いているのは、どのような目的があるのでしょうか。その目的を理解し、対策への道筋として活かしていきましょう。

「適性検査」で就活生の何を見極められる?

iStock.com/Kenishirotie

 

適性検査とは企業が採用を行う際に、学生に企業が求める条件が備わっているかどうかを見極めるために行われています。つまり、入社後に応募者が活躍できる可能性について調べていると言えるでしょう。

 

最近では “こころの知能指数” と呼ばれる「EQ理論適性検査」を実施している企業もあるようです。適性検査で重視しているのはスキルや知識だけではなく、周囲と良好な関係を築けるかなどの人間性も重視されています。

 

選考過程に適性検査を取り入れると、エントリーシートやグループディスカッション・グループワーク、面接などでは見えにくい就活生の能力を判断することができます。企業側が就活生の多面的な姿を見て採用するか否かを判断したいという意識の表れでもあるでしょう。

 

適性検査の種類

 

適性検査には大きく分けて「能力検査」と「性格検査」に分けられます。

 

能力検査では一般常識や、個人の知的能力、論理的思考力を検査しており、性格検査では社風に合っているか、協調性をもってチームの一員として動くことができるのかという判定材料として使われています。

 

仕事をするうえで必要なスキルや知識を蓄える基礎能力があるかという点も、能力検査のチェックでは欠かせません。

 

さらに、性格検査の結果は、就活生自身の価値観やキャリアプランや、性格や企業の社風に合うか、どのような仕事に特性があるのか、その企業の業務に適応できるのかなども判断する基準にもなります。

 

なかには、ストレス耐性を見極めることができる性格検査もあり、サービス業などではクレーム対応などの業務に耐えられるかなどをチェックする企業もあるようです。

 

企業が適性検査を就活生に実施する目的とは?

iStock.com/AIMSTOCK

 

企業が選考過程に適性検査を取り入れ、それを採用活動の基準とするのは具体的にどのような目的があるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

 

一般常識を図るため

 

企業は就活生の一般的な常識や知識が、どれほどあるのかを確認するために実施しています。入社した際に仕事の覚えが早そうか、戦力として括約してくれそうかなども重要なポイントなのです。

 

事前に一般的な常識や知識を確認しておくことで、面接をスムーズに進めることも視野にいれているようです。

 

配属部署の判断基準にするため

 

多くの企業では採用時に新入社員の部署を決めることがほとんど。その際に、適性検査の結果を配属部署を決める判断基準の一つとして用いるケースも珍しくないようです。

 

就活生の性格や適性が、企業の仕事や上司と合うかなども確認する意味もあります。そういった配慮が、就活生が入社後のミスマッチを理由に早期退職を防ぐ対策を取っていると考えることもできるでしょう。

 

面接前にふるい分けするため

 

適性検査は、大半が一次面接の前に行われています。面接前に適性検査というハードルを課すことで、就活生の足切りに利用しているという理由もあります。

 

企業の本音としては、できるだけエントリーしてくれた就活生一人ひとりと向き合いたいと考えています。しかし、現実には人員や時間、コストも限られているので、面接をじっくり時間をかけて行うことはできません。

 

そのため、面接をする前に適性検査で、企業が求める結果をあげた学生のみを面接に進めることで、効率的な採用選考を叶えているのです。

 

稀ですが、適性検査を実施しなければ、応募者が抱える問題を見抜けずに採用してしまうケースもあります。企業に大きな損害を与えるようなミスをしたり、社内の人間関係を壊したりなど、そういった就活生の採用を防ぐためにも活用しているのです。

 

就活生の人間性を知るため

 

適性検査を実施する際は、能力検査と性格検査をセットで行う企業もあります。より就活生の深い人間性に迫るべく、両方を参考にする企業が多いのです。

 

事前にある程度、就活生の性格を把握しておくことで、面接で判断される性格とギャップがないかなども確認する意味も込められているようです。

 

基礎的な学力があるか確認するため

 

職種や業務内容によりますが、働く上で基礎的な学力が必要になる場面も多々出てきます。仕事で成果を上げるには、基礎的な学力があることが前提となるケースが多いでしょう。

 

企業は面接などでは見極められないような、基礎的な学力まで判断材料とし、それぞれの企業の仕事内容に適した能力があるかな見極めるための参考として使用しています。

 

ホテル・旅館が用いやすい適性検査は?

iStock.com/guvendemir

 

ホテル・旅館などの宿泊業では、性格検査が含まれる適性検査を用いられる場合が大半を占めます。複合的な適性検査を用いるホテル・旅館もありますが、最低限の学力を知りたい企業であれば、能力検査よりも性格検査を重視しているようです。

 

それぞれのホテル・旅館と就活生の相性をチェックする場合や、業務・職務の適性に比重を置く場合は、性格検査に特化した適性検査を用いることが多いでしょう。

 

希望のホテル・旅館のホームページなどをチェックしながら、就活生のみなさんも対策をしてくださいね。

 

適性検査には素直で正確な回答を心がけよう

iStock.com/Szepy

 

適性検査は、あなたが企業に合う人材かどうかを見極める重要なテストです。ですので、自分の答えを間違って回答してしまことが、入社後に自分が「企業の社風などに合わない」など思い悩んでしまうことにもつながります。

 

能力検査では回答のうっかりミスがないように正確に答えること、性格検査では素直に回答することを心がけてください。

 

間違った回答のまま採用されてしまうと、最悪の場合、入社後のミスマッチで早期退職をしてしまうことにも直結してしまいます。

 

適性検査で不採用通知を受け取ったとしても、「自分の性格と社風が合わないのだ」と割り切って、次の選考に目を剥けるようにすることが賢明でしょう。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事