客室清掃で手荒れしないための対策とケアとは?

ホテルで客室清掃を担当している方であれば、一度は手荒れに悩んだ経験をお持ちかもしれませんね。ほとんどの客室清掃をしている方は「乾燥」や「あかぎれ」に苦しみ、ひどい方では業務に支障をきたしてまうこともあるそうです。客室清掃で手荒れを防ぐための対策やケアを身に付け、いまお悩みを抱えている方は早い回復を目指しましょう。

客室清掃は手荒れがひどくなりやすい?

Ольга Тернавская – stock.adobe.com

 

客室清掃では水仕事が多いので、手が荒れてしまう確率が高くなっています。しかも、冬の時期になるとお湯を使って清掃を行う方も多く、それが手荒れを引き起こしてしまう原因にもつながります。

 

お湯の使用は手の潤いもを落とし、余計な乾燥を招きます。加えて、多くのホテルでは強力な洗剤を使っており、お湯と強力な洗剤をセットで使ってしまうと、毎日ケアを行っていてもなかなか治癒しないという事態になっってしまうことも。

 

ベッドのシーツを整える際にも、手荒れの危険が潜んでいます。シーツを整えるときは手でシーツのシワやたるみを徹底的に伸ばしますよね。その段階で刺激が加わるので、手にダメージを受けやすいのです。

 

特に、新型コロナウイルスが流行してからは、感染症対策でアルコールでの消毒が不可欠になったので、客室清掃の仕事で手荒れに悩む方がより増えているのです。

 

手荒れは乾燥と刺激の外的要因から引き起こされますが、女性のほうが男性と比べて手荒れしやすく、年齢などによる内的要因も深く関係しています。

 

手荒れの原因を無視していると、状態は悪化するだけで自然に良くなるということはあまり期待しないほうが良いかもしれません。いまのうちに対策やケアを入念に行い、働きやすい手で気持ちよく業務にあたるようにしましょう。

 

客室清掃の手荒れを防ぐための対策

fotofabrika – stock.adobe.com

 

ホテルの客室清掃は時間に追われテキパキとした仕事が求められるので、とても厳しい業務であることは間違いありません。そのうえ、手荒れで良いパフォーマンスができないとなれば、ストレスも溜まってしまいますよね。

 

手荒れを防ぐためにできる対策をご紹介しますので、早速明日からぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ゴム手袋を着用する

 

すでにゴム手袋をしながら清掃にあたっている方も多いですよね。ホテルによっては用途別にゴム手袋を配っている一方、着用を義務付けていないホテルもあります。

 

ゴム手袋が義務化されていない場合、自分で用意するしかありません。自分でゴム手袋を用意する場合は使い捨てのゴム手袋で、手にピッタリとフィットするサイズのものを選びましょう。

 

手荒れを予防できるだけでなく、洗い物をしているときに手が滑って備品を破損する恐れもなくなります。非常に作業しやすいので、業務効率も上がるかもしれません。

 

お湯の使用をなるべく避ける

 

どうしても冬の寒い時期はお湯で洗い物をすることが増えますよね。しかし、お湯ばかり使っていると皮脂を溶かし、手の乾燥をエスカレートさせてしまいます。

 

一度ぬるめの温度にしてから使ってみることを、おすすめします。

 

洗剤を極力薄める

 

それぞれのホテルごとに指定されている洗剤がある場合、強い洗剤を用いられていることがほとんどです。

 

強い洗剤をそのまま使っていると手の水分が抜け、手の皮が剥けてしまいます。ですので、洗剤を使うときは、水で極力薄めて使うようにしてください。洗剤は水で薄めたとしても、洗浄効果はほとんど変わりません。

 

その際は作り置きはせずに、その都度使い切るようにしましょう。作り置きをしてしまうと、雑菌も増殖してしまう可能性があるので、衛生面の保障や手荒れを予防するためにも避けるようにしてくださいね。

 

手の水気はきちんと拭き取る

 

客室清掃が終わって手を洗った後は、しっかりと手の水気を拭き取ることが大切です。

 

皮膚は水に濡れると、肌のバリア機能が低下します。手についた水をそのままにすれば、水分が乾き始めるときに手の水分も一緒に蒸発し、乾燥の原因になってしまうのです。

 

忙しいときはあまり余裕がないかもしれませんが、気を付けるだけでも効果は全く異なるものになります。普段から、しっかりと手を拭く習慣をつくることが重要でしょう。

 

客室清掃で手荒れを起こさないためのケア

yu_photo – stock.adobe.com

 

手荒れを引き起こさないためのケアは、保湿に限ります。

 

手を洗った後は、手の水分が残っているうちに、遅くとも15分以内には保湿をするようにしてください。保湿剤の使用量も重要で、チューブのハンドクリームなら約1cm、ローションタイプであれば500円玉くらいが適量でしょう。

 

手の一部に塗るのではなく、指と指の間や爪の先などにもよく刷り込むようにしましょう。こうした日々の予防が、健やかな手を維持することに繋がるのです。

 

客室清掃の仕事で手荒れが落ち着かないときは皮膚科の受診を

Rawpixel.com – stock.adobe.com

 

「乾燥」や「あかぎれ」までは普段のケアで治療することが可能です。

 

しかし、湿疹やひび割れ、かゆみや痛みで眠れないほど重症化してしまうと、皮膚科の医師による適切な治療が必要になります。その際はすぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

ホテルは従業員の安全を守る責任があります。もしゴム手袋の着用が義務づけられておらず、自らゴム手袋を準備しなければならない場合は、一度ホテル側にゴム手袋を用意してもらうよう掛け合うことも必要かもしれません。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る