採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

面接での相槌が高評価につながる?面接で使える相槌のポイントをご紹介!

面接の際は、誰でも印象を良くしたいと思うものですよね。面接官からの印象を良くするには身だしなみを整え、表情や姿勢に気を配るのはもちろんのこと、「相槌」も同じくらい重要なポイントとなります。面接で好印象を残せるよう、相槌について考えていきましょう。

面接での相槌が結果に大きく影響する?

wutzkoh – stock.adobe.com

 

なぜ面接で相槌をしたほうが良いかというと、相槌はコミュニケーションの基本だからです。

 

初対面の人との会話で好印象を持ってもらうためには、相手の話に共感していると示すことが一番の近道です。相槌があると、自分の話を理解してもらえていると感じ、面接官は応募者に対して信頼感を抱きやすくなるのです。

 

反対に、相槌がないと「話をよく聞けない人なのかもしれない」と不信感を植え付けてしまいます。そうなれば、面接官はどのように話を進めてよいのか分からなくなり、一緒に仕事をしたいは思ってもらえないでしょう。

 

さらに、「コミュニケーション力がない」「元気がない」と判断され、本当はそうでなくともマイナス評価につながってしまいます。そうならないためにも、相槌を打つことで、まずは聞く姿勢を示すことが必要なのです。

 

面接で相槌を打つタイミングとは?

 

いきなり、相槌を打てと言われても困りますよね。相槌を打つにも、しかるべきタイミングで行わなければ逆効果となる場合があります。

 

相槌を打つタイミングは、面接官の話の調子に合わせるようにしましょう。面接官の話に区切りを付けたときなどが良いかもしれません。

 

しかし、相槌の打ちすぎは、かえって悪印象です。しつこく相槌を打っていると、話を軽く聞き流している印象を与える場合もあります。相槌は適度に打つようにしましょう。

 

面接を受ける前に知っておきたい相槌の種類

TAGSTOCK2 – stock.adobe.com

 

相槌にもさまざまな種類があります。うまく使えば、面接で好印象を与えることができますので、一緒にチェックしていきましょう。

 

うなずき

 

面接では、無言で頷くものと、「はい」など同意を示しながらうなずくパターンを使い分けてみましょう。

 

無言でうなずく場合は、面接官が話しているところを邪魔したくないときに使うと有効的です。声を発しながらするうなずきは、同意の言葉にプラスするイメージで使ってくださいね。

 

同意

 

面接で同意を表したいときには「はい」「ええ」「そうですね」「そうなのですね」を使いましょう。

 

「うん」は目上の人に対して失礼な表現にあたります。「なるほど」も使いたくなる気持ちは分かりますが、面接官によっては失礼な表現と捉えられることがあるので、なるべく避けたほうが無難かもしれません。

 

どうしても「なるほど」を言いたくなってしまったら、「おっしゃる通りですね」に置き換えましょう。

 

オウム返し

 

オウム返しとは、面接官の言った言葉をそのまま使うことです。ただし、このオウム返しはタイミングを選びます。

 

たとえば、応募者側の逆質問に対して、面接官の回答を受ける場面ならば問題ありません。それは「回答をしっかり聞きました」というアピールにもなります。オウム返しが逆効果にならないためには、内容の確認をするときだけ使うようにしてください。

 

面接で相槌を打ちながら話を聞く注意点

Graham – stock.adobe.com

 

応募者のリアクションが薄いと、面接官はコミュニケーションのうえで違和感を覚えます。だからといって、オーバーリアクションになってしまうのもあまり良くありません。

 

効果的な相槌とは、面接官に「しゃべりやすかった」と思ってもらうことです。とりわけホテル・旅館などのサービス業において、聞く力は重要なスキルなのです。

 

面接官の話を聞いているときは、無言のうなずきや、同意の言葉を発しながらうなずくようにすると良いでしょう。同意の言葉は「はい」が基本です。また、うなずき方もできるだけゆっくりとした動作を意識してください。小刻みにうなずくと、落ち着きのない人と判断される可能性もあります。

 

程よい相槌とうなずきで、面接官が安心して話せるような環境を作るようにすることを忘れないでくださいね。

 

面接官を話しやすくさせることが内定につながる!

naka – stock.adobe.com

 

面接では応募書類では判断できない「人柄」を見極めようとしています。面接官が話しやすい雰囲気を作ることは、コミュニケーション能力が高いと評価してもらえる可能性も高まるでしょう。

 

細かいポイントですが、相槌のコツを掴めば他の応募者との差別化も図ることができるのです。普段から慣れていないと不自然になってしまうので、日常的に訓練していくことが大切です。

 

ホテル・旅館業界の就職・転職がなかなか決まらないという方は、自社の就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をぜひご利用ください。宿泊業界に特化したアドバイザーが、あなたにぴったりのホテル・旅館をご紹介します。

 

まずはあなたのご相談をお待ちしております。

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事