就活で指定される「あなたらしい服装」とは?企業の真意と対策を解説!

最近の就活では「あなたらしい服装でお越しください」と、企業側がわざわざ就活生の服装を指定するケースが増加しています。日本ではリクルートスーツを着て就活をするのが通例ですよね。そのようななか、急に「あなたらしい服装」と言われて困っている方もいらっしゃるかもしれません。企業がなぜ「あなたらしい服装」と指定するのか、その真意と対策を解説します。

就活時の「あなたらしい服装」で企業は何を判断しようとしている?

Drobot Dean – stock.adobe.com

 

企業が「あなたらしい服装」と指定するには、いくつかの理由があります。

 

一つ目は、就活生の普段の姿を見ることで、その人の素を知りたいと思っているからです。面接官は限られた時間のなかで、就活生一人ひとりの本質を見抜かなければなりません。

 

その点で、リクルートスーツではそれぞれの個性も見えづらく、就活生自身が自分を取り繕ってしまう傾向もあります。ですが、就活生自身の個性が発揮された服装だと、その人の価値観や、場合によっては思考力なども見極めることができるのです。

 

また、就活生の素の部分を知るには、リラックスしてもらうことが必要だと考えている面接官もいます。そのため、リクルートスーツなどの堅苦しいものではなく「あなたらしい服装」で本来の力が発揮できるよう、できるだけリラックスして臨んでほしいという想いもあるようです。

 

一番やっかいなのは「あなたらしい服装」と指定しておきながら、TPOを考えて選考やイベントの服装を選ぶことができるのかなど、就活生の常識を試しているケースです。この場合は、奇抜すぎる服装やカジュアルな服装は、ネガティブに評価されてしまうかもしれません。

 

「私服」と「あなたらしい服装」はどう違う?

就活において「私服でお越しください」と指定する企業は、就活生の常識力を試している可能性が高いでしょう。就活生にリクルートスーツを求めていないことは確かですが、TPOをわきまえた服装の判断ができるかどうかもチェックしています。

 

「あなたらしい服装」と指定する企業は、普段の服装で参加してもらうことを求めている企業が多いようです。「私服」と指定されるよりも、よりカジュアルな服装でも問題ない場合もあります。

 

「あなたらしい服装」を選ぶポイントとは?

Maksym Povozniuk – stock.adobe.com

 

就活で「あなたらしい服装」と言われても、選ぶ基準がまだわからないと不安に思う方も多いかもしれませんね。早速「あなたらしい服装」を選ぶポイントをみていきましょう。

 

企業の社風を意識する

もうお分かりかもしれませんが、企業によって「あなたらしい服装」の基準はまるで異なります。

 

たとえば、日系企業の場合はオフィスカジュアル、外資系の場合は普段通りのカジュアルな服装など、求められる服装もさまざまです。人間性や価値観をみるために個性を重視している企業は、就活生本人のセンスを見ています。ホテル・旅館で考えると、無難なところではオフィスカジュアルが良いかもしれません。

 

「あなたらしい服装」と指定されたら、まずは企業HPでどのような社風なのかなどを調べ、自分に求められていることを追究する必要があるでしょう。企業が求めている人物像を、服装で表現することが大切なのです。

 

自分に合った色や服の形を知っておく

自分を引き立たせる服装を選ぶには、自分に合った色や服の形を知っておくことも重要です。

 

肌の色や顔の形・パーツ、身長などによって、似合う色や服はそれぞれ異なります。たとえば、明るくコミュニケーション上手な雰囲気を面接官に与えたいときには、赤やオレンジなどの少し派手目な色を着ると良いでしょう。与えたい自分の印象によって、服装を選ぶようにしてくださいね。

 

清潔感と身だしなみを整える

「あなたらしい服装」を選ぶ場合でも重視していただきたいのが、清潔感と身だしなみを整えるということです。

 

清潔感と身だしなみを整えることは、面接官への配慮であり、マナーです。特に、ホテル・旅館などのサービス業は、面接での清潔感や身だしなみへのチェックは欠かしません。

 

個性をアピールする際でも、清潔感や身だしなみを保つことが前提条件です。

 

勝負に出るなら「個性」をフックにしよう

ClaudiK – stock.adobe.com

 

「あなたらしい服装」と指定されている分、「自分の印象を残せるようにしっかりとアピールしたい!」という方も少なくないのではないでしょうか。

 

その場合は、無難に攻めるのではなく、思い切って勝負に出ましょう!与えられたチャンスは大いに活かすべきです。自分の思ったことを自由に表現してみてください。ただ、ここで大切なのは、服装で表現した「個性」で面接官と会話のキャッチボールをするという意識です。

 

どれだけ個性を重視する企業でも「あなたらしい服装」に求めているのは、就活生の個性から透ける本人の強みや、個性と企業の相性です。単に個性を主張するのではなく、それを取り掛かりとして自分がどんな人間かを伝えることが非常に重要なのです。

 

「あなたらしい服装」を体現することによって、自分の人間性や価値観を表現し、企業のニーズを満たすことができる人材であると面接官に伝えてください。こういった点でも、企業の社風を徹底して追究することが活きるので、決して企業研究は疎かにしないほうが良いことがわかりますね。

 

仮に、無難にリクルートスーツを「あなたらしい服装」に選んだとしても、「なぜリクルートスーツが自分らしい服装なのか」を応えられるように準備しておきましょう。

 

就活の「あなたらしい服装」から企業と自分との相性をチェックできる

Maksim Kostenko – stock.adobe.com

 

企業によって「あなたらしい服装」に求めるものは異なります。しかし、だからといって企業が一緒に働きたいと思う人物像を、あなた自身が無理をして演じる必要はありません。

 

企業の社風やニーズを汲み取り、そのうえで「あなたらしい服装」を選ぶようにすれば、それが正解となります。周りの目を気にせず、全てはあなたのリサーチと直感に従いましょう。

 

たとえ面接会場であなただけが浮いていようとも、面接官に「なぜこの服装が自分らしいのか」を論理的に説明できれば良いのです。

 

さらに言えば、どんなに入社したい企業だとしても、自分を演じなければいけない企業には入社しないほうが良いでしょう。きっと他にもあなたに合った企業はたくさんあります。

 

ホテル・旅館への就職をお考えであれば、自社の就職・転職サービス「おもてなしHR」もぜひご活用ください。宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがご希望に沿いながら、あなたにピッタリのホテル・旅館をご紹介します。

 

ホテル・旅館への就職に少しでもご興味がある方は、一度お気軽にお問い合わせくださいね。まずはお話をお聞かせください!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る