採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

仕事でミスマッチを感じたときの対処法は?早期退職のメリット・デメリットも解説!

つらかった就職・転職活動を経て、やっとの思いで入社した先でミスマッチを感じてしまったら、あなたはどうしますか?すぐさま「辞めたい…」という考えが頭に浮かぶかもしれません。しかし、実際、早期退職してしまっても良いのだろうか、と悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。仕事でミスマッチを感じたとき、どのように対処するのかなど解説していきます。

仕事でミスマッチを多く感じる理由は?

 

ミスマッチを感じるケースで一番多いのが、人間関係です。上司の視野が狭かったり自分に対して理解がないと、職場環境の風通しが悪いと感じてしまいますよね。

 

また、長時間労働や休暇が取りづらいなどの労働環境が、ミスマッチの原因を作ることもあります。仕事量が給料に見合っていない、キャリアと待遇が合っていない場合も、企業に対してミスマッチを感じる要因となっているようです。

 

仕事におけるミスマッチの判断基準とは?

Nishihama – stock.adobe.com

 

仕事でミスマッチとみなされる基準とはなんでしょうか。いくつかポイントがありますので、ご紹介します。以下の基準を自分に置き換えて考えてみてくださいね。

 

スキル・経験が活かされていない

 

あなたの意見やアイデアに耳を傾ける人がいない職場環境は、あまり良い環境とは言えません。自分の才能やスキル、経験が全く活かされないのであれば、ミスマッチと見なすことができるでしょう。

 

「このまま自分がこの仕事に携わって、将来活躍できる見込みがあるか」というポイントをもとに、判断してみましょう。

 

目標にできる人がいない

 

職場のなかに、仕事に対する姿勢を目標にしたり学ぶべき人がいないと、働くモチベーションも下がってしまいますよね。就職・転職して、尊敬できる人がいないということは、その企業では自分の成長もあまり期待できないという可能性もあります。

 

周りをよく見渡してみて、目標にできる人がいなければ、あなたはミスマッチな環境に身を置いているかもしれません。

 

仕事に刺激がない

 

思い描いていた仕事内容が、あなたにとって非常に退屈で、しかも仕事をするうえで誰かに足を引っ張られたりするような環境は、ミスマッチだと思っていただいても問題ないでしょう。

 

入社前に聞いていた仕事内容と乖離がある場合は、一度人事部に相談してみる必要があります。

 

ミスマッチを感じて早期退職するメリット・デメリットとは?

mapo – stock.adobe.com

 

仕事に対してミスマッチを感じると、「退職」の文字を思い浮かべる方も少なくありません。しかし、入社して間もないのに退職してしまってもよいのかと迷ってしまいますよね。改めて、早期退職するメリットやデメリットを客観的に確認していきましょう。

 

メリット

 

早期退職するメリットは、自分のやりたいことに邁進できるという点です。「まずは3年勤めてみろ」という考えは、すでに昔のもの。最近では、転職市場が活発化しており、うまくいけば未経験の業界にも飛び込むことができます。

 

自分の思い描いていたビジョンが企業と異なっているなど、会社に求めていたものと実態が違うときは、次の企業で自分のやりたいことを実行したほうが良いでしょう。

 

違和感を抱えながら妥協して会社にいるよりも、早期退職して本当に自分に合った仕事をしたほうが余計なストレスもかかりません。

 

デメリット

 

早期退職するのは良いのですが、次の転職希望先で「なぜこんなに早く辞めたのか」と聞かれることは必至でしょう。

 

採用担当者に早期退職の理由をしっかり伝えることができれば、何も心配はいりません。ただし、退職理由には論理的かつ一貫性がないと、転職希望先に「自社でもすぐに早期退職されていまうのでは?」と懸念材料を与えるだけになってしまいます。

 

仕事を通してあなたが達成したい目的や、ビジョンを明確に伝える準備は怠らないようにしてくださいね。

 

ホテル・旅館業界でのミスマッチが心配な方には「おもてなしHR」!

naka – stock.adobe.com

 

入社して早い段階でミスマッチを経験してしまうと、転職活動も慎重になってしまいますよね。

 

ホテル・旅館への転職を検討されている方は、自社の就職・転職サービス「おもてなしHR」をご活用ください。宿泊業界に特化したアドバイザーが、入社後のミスマッチに悩むことのないよう、あなたの転職活動を丁寧にサポートいたします。

 

あなたに合ったホテル・旅館をご紹介しますので、一緒により良い転職先を見つけましょう。いまはホテル・旅館業に興味のない方でも「まずは悩み相談!」と思ってお気軽にお問い合わせください。もしかしたら、あなたの達成したいビジョンや理想の働き方が、ホテル・旅館業にあるかもしれません!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事