採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

40代で転職が決まらないのはなぜ?40代からの転職は買い手市場であることを意識しよう!

年齢を重ねるごとに難易度の上がる転職ですが、40代頃から「なかなか決まらない」と悩む方が増えるようです。ただ、これを年齢のせいにしても転職活動は進みません。解決策を考えるには原因を知ることが重要ですので、悩みを抱える方はまず40代で転職が決まらない人の特徴を知ることから始めましょう。転職成功のヒントもご紹介していますので、ぜひご自身の転職活動に活かしてください。

40代で転職が決まらないのは意識の問題!

iStock.com/courtneyk

 

人生100年時代と呼ばれるようになった今、40代は人生の折り返し地点であると考え、転職を検討しているという方もいるはずです。中には、既に転職活動を始めたという方もいることでしょう。

 

しかし、40代の転職は20・30代の転職よりも、難易度は格段に上がります。これは、同程度のスキルがあるのであれば、考え方が柔軟な30代を採用したいと考える企業が多いことが要因でしょう。

 

転職活動の苦戦が予想される40代の転職ですが、スムーズに転職を成功させている方もいます。両者の大きな違いは、「意識の問題」であると言うことができますが、一体どのような意識を持てば、転職活動を成功させることができるのでしょうか。

 

40代で転職がなかなか決まらないという方の特徴と、その解決策をご紹介しますので、ぜひご自信の転職活動にお役立てください。

 

40代で転職が決まらない人の特徴

iStock.com/Marcos-Calvo

 

40代で転職が決まらない方は、スムーズに内定を勝ち取る方と比べて心持ちに問題があることが多いようです。40代で転職が決まらない方の特徴をご紹介しますので、ご自身に当てはまるものが無いか、振り返ってみてください。

 

転職適齢期ではないなど難癖をつける

40代の転職が決まらない方の最大の特徴は、転職活動が難航している理由を、自分とは別な所に原因があると考える癖がついていることでしょう。

 

「35歳以上の転職は難しいから…」と、自身を顧みることもなく企業のせいにしていては、一向に状況は良くなりません。このような考え方を持つ方を、企業が求めているとも考えにくいですよね。

 

ですから、転職が上手く進まないことを、決して年齢のせいにしないでください。もちろん、少なからず年齢の影響はありますが、転職を成功させている方はいます。転職がなかなか決まらなければ、自身に何かしらの問題がある、と自分ごとで捉えるようにしましょう。

 

企業が求めるレベルに達していない

40代の転職者に企業が求めているのは、スキルや経験の他に、マネジメント力が挙げられます。これまでに管理職の経験があり、部門内で好成績を残し続けた経験があるという方であれば、比較的転職は容易なはずです。

 

ただ、マネジメントの経験が無い・浅いという場合、特出したスキルが無ければ体力と発想力が豊かである30代の転職者が選ばれてしまいます。これは仕方が無いことです。

 

このようにマネジメントの経験のある30代、能力の高い40代と相対することは避けられません。よって、スキルが企業が求めるレベルにまで達していないと感じた場合には、転職自体を再度検討してみるということも考えましょう。

 

どうしても転職を叶えたいという方であれば、企業へのアプローチを戦略的に練ることが重要です。自身の市場価値を客観的に把握し、企業に「その手もあったか!」と思わせるアプローチができれば、転職成功に近づくことができるでしょう。

 

過去の経歴や実績にとらわれている

前項「企業が求めるレベルに達していない」という方とは反対に、能力が高いことを自他ともに認めるような方でも、転職が決まらないということもあります。

 

それは、前職までの経験を、手前味噌の範疇を超えるようなアピールを取る、あるいは5年前・10年前の経歴を自慢げに語るなどということが原因かもしれません。

 

経験や実績があることは、企業にも認められます。しかし、40代の採用で企業が気にかけているのは、即戦力であることに次いで、「人間関係を上手く構築できる人間かどうか」という点です。

 

採用担当者に「扱いづらそうな方だ」という印象を抱かれてしまうことが多ければ、転職がなかなか決まらないという事態に陥ってしまうことでしょう。

 

仕事のブランクがある

女性であれば、子育てが落ち着いたというタイミングで、転職活動を始めるということも多いでしょう。しかし、ブランクが長ければ、内定までの道のりも比例して長くなると言っても過言ではありません。これは企業の採用担当者の立場で考えれば、納得できるはずです。

 

性別に関わらず、仕事のブランクは転職では不利になります。かと言って、今更その事実を変えることはできないという方もいるでしょう。

 

既に退職をし、転職活動を行っているという方は、ブランク期間にどのようなことを行ってきたか、今後どのような姿勢で仕事に向き合うのかという点を強く伝える必要があります。

 

これから転職を検討するという方であれば、ブランクを作らないためにも、在職中に転職活動を行うというのが得策です。

 

身だしなみが整っていない

40代を迎えてから、振り返れば人に見られる意識が薄くなったと感じる方もいるのではないでしょうか。また、周りにそのような方がいるということもあるはずです。

 

若ければきちんとした人間に見られよう、少しでも相手に良く見られようと細部にまで気を遣う方も多いでしょう。

 

逆に50代以上であれば、ハンデをどうにか埋めようと、面接の場で身だしなみにこだわりを持つ方もいますので、面接官からするとかえって40代の方が、身だしなみに対する意識が低いと感じることもあるようです。

 

靴の底やつま先、シャツの皺、襟元のヨレやシミ、鞄などは問題無いでしょうか。応募書類の証明写真はポジティブな印象を与えるものになっているでしょうか。

 

と少しでも不安を感じた方は、必要に応じ買い替える、面接前に確認するなど、身だしなみに対する意識を高めるようにしましょう。

 

40代の転職を決めるためにできることとは?

iStock.com/BrianAJackson

 

では、どのようなことを行えば40代の転職を決めることができるようになるのでしょうか。40代の転職を決めるためのポイントを4つご紹介します。

 

転職活動に対する意識を高める

再三お伝えしているように、なかなか転職が決まらないという方はどこかしらで意識が低下しているものです。上手くいかない理由を他人のせいにした所で、何の解決にもなりませんし、選考の中で気を抜くのは命取りです。

 

40代はよくも悪くも社会人経験が豊富になるがゆえに慣れも生じてくる世代ですので、まずは自身の身だしなみ・自己分析・応募書類の作成・面接など、転職に対する意識を一貫して高めるようにしましょう。

 

客観的な自己分析を行い強みをアピールする

40代の転職では、プレイヤー・マネージャー両方のスキルが求められます。求められる比率はマネジメントの方が高まるはずですが、まずは自身がどの立場で今後働いていくのかを明確にする必要があるでしょう。

 

プレイヤーとしてアピールする場合、マネージャーとしてアピールする場合には、伝え方は全く異なりますので、自身の向かう道で必要とされている経歴や、必要となるスキルをピックアップしてアピールするようにしてください。

 

また、どちらが向いているのかが、どちらに進むべきかと悩む時には、家族や転職アドバイザーに相談をすることで、客観的な評価を受けることができます。自身で自己分析を行う際も、客観的な視点を持ちながら、自身を見つめ直すようにしてくださいね。

 

希望条件を精査する

40代の転職が決まらない方は、希望条件の理想が高すぎるということも大いに考えられます。

 

希望条件にぴったりと当てはまる求人数は、20代・30代の比にならないほど少なくなります。そのような求人を待ち続けるだけでは、転職活動は進みません。

 

40代で、労働条件・やりたい仕事・転職先の企業規模など、全て希望通りの仕事に就くことができるのはほんの一握りということを受け止め、希望条件の優先順位をつけながら求人を探すようにすることをおすすめします。

 

折れない心を持ち続ける

40代の転職は、簡単なものではありません。30代であれば採用となり得るものが、40代ではそうもいかなくなるということが現実に起こります。

 

30社・50社と応募書類を提出することになり、自身の存在価値を見失いそうになるという方もいるかもしれません。しかし、ここでくじけてしまっては、これまでの時間が全て無駄になってしまいます。

 

「もう駄目だ…」と思い悩んでいるということは、表情や文章から応募先の企業に伝わってしまうということも充分に考えられますので、強い心を持ち、転職活動に臨むようにしてください。諦めない限り、失敗にはなりません。

 

40代のホテル・旅館への転職は「おもてなしHR」で!

iStock.com/macniak

 

40代で転職が決まらなければ、家庭・両親・生活など様々な不安が生まれてしまいます。ただ、決まらないということを嘆いていても仕方がありません。上手くいかない理由を探る中で、解決策が見えてくることもあります。

 

たとえば、年齢を軸に合否を判断している企業であれば、すぐの連絡が返ってくるはずです。しかし、年齢は関係ないと考えている企業であれば、たとえ不採用であっても書類選考の結果連絡に時間がかかるでしょう。

 

このような企業の共通点を導き出すことができれば、企業の選定がスムーズになることに期待が持てますよね。経験を重ねることで見えてくる世界は変わるはずですので、諦めない心を持ち、試行錯誤を繰り返しながら、転職活動を行ってくださいね。

 

ホテル・旅館の転職であれば、当サイト「おもてなしHR」がお力添えできます。アドバイザーに相談することで解決できる悩みもあるかもしれませんので、気になる方はぜひ気軽に頼ってください。一緒に転職活動を成功させましょう。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事