採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

転職がなかなか決まらない人の特徴とは?転職活動が長引いてしまう原因を解説!

転職活動を始めてから半年以上も転職先が決まらないと、焦ってしまう方がほとんどでしょう。特に、退職してから転職活動を始めた方にとっては、かなり精神的にも疲弊してしまいますよね。転職活動が長引いてしまう原因を理解し、今後向けて転職活動を改善していきましょう。

転職活動は長引くほど不利になる?

mapo – stock.adobe.com

 

転職活動にかける期間には目安があります。

 

退職してから始める転職活動はおよそ3ヵ月、仕事をしながら行う転職活動は半年が基準となります。それ以上期間がかかってしまうと、転職活動が長期化していると見なされることが多いでしょう。

 

転職活動が長期化すると、思うような結果がでなくて焦ったり、転職への判断軸もブレて迷いが出てしまい、心理的に大きな影響が出てしまいます。

 

とりわけ、離職している状態で転職活動を行うと収入もないままとなり、心理的には倍の負担がかかります。心理的に影響がでてしまえば、転職に対するモチベーションも下がり、悪循環を生んでしまうのです。

 

転職活動の長期化は、採用しようとする企業側にも不信感を与えます。まだ仕事をしながら転職活動をしていれば良いのですが、離職して転職活動をしていると、退職してからの空白期間に間がありすぎると警戒されやすくなってしまいます。

 

転職は自分の目的を実現するために行うものです。転職先がなかなか決まらないことによって、「転職すること」が目的となってしまわないよう、気を付けましょう。

 

転職先がなかなか決まらない原因とは?

beeboys – stock.adobe.com

 

あなたの転職活動が長期化してしまう原因に心当たりはありますか?転職先がなかなか決まらない人によくある特徴をご紹介しますので、心当たりがあれば見直してみてくださいね。

 

転職理由が具体的でない

 

もともと転職理由が曖昧だと、内定をもらうことができず転職活動が長期化してしまいます。「なんとなく今の仕事が嫌で転職したい」などの理由だと、転職先で何をしたいのかイメージできないので、志望動機もしっかり考えられませんよね。

 

さらに、応募する求人も自分に合っていない仕事を選んでしまい、また曖昧な理由で転職したいと考えてしまうかもしれません。

 

転職先でどのような目的を果たしたいのか、転職理由をはっきりさせないことには、すぐに転職先が決まることはないでしょう。

 

自己分析ができていない

 

自己分析ができていないと、転職活動は長期化します。

 

書類選考や面接でしっかりと自己PRできず、自分の魅力を採用担当者に充分に知ってもらえないのです。企業側には、魅力を感じない求職者の印象は残りません。

 

自分という人間をよく知ってもらうため、またその企業で働きたいという熱意を伝えるためには自己分析は欠かすことのできない準備です。

 

転職先へ求める理想が高すぎる

 

転職先に求める条件が高すぎて、譲れないポイントが多くなりすぎていませんか?給与や福利厚生、仕事内容など、人によって転職の条件はさまざまです。

 

しかし、全ての条件を満たそうとすると転職へのハードルが高くなるばかりです。転職先に求める多くの条件のなかで優先順位を決めなければ、転職活動が長引いてしまう原因となってしまうのです。

 

転職先がなかなか決まらないときの対処法

beeboys – stock.adobe.com

 

転職活動が長引くと、焦りや不安を感じてしまう方がほとんどかもしれません。いち早く現状を打破するためにも、対処法を確認していきましょう。

 

自分自身を理解する

 

まずは自分自身を見つめなおしてみてください。

 

なぜ転職をしたいと思ったのか、転職の目的はなにかなど、転職理由をはっきりさせることろから始めましょう。

 

次に、自分の得意・不得意や、好きなこと・嫌いなことなども明確にすることも必要です。これまでの仕事の業務内容や実績なども改めて考えていきましょう。転職したい業界・業種をもとに求人を選ぶことだけでなく、書類選考や面接でしっかり自己PRするには自分自身を理解しなければならないのです。

 

条件の優先順位を決める

 

転職でかなえたい優先事項を書き出しましょう。「年収を上げたい!」「職場環境の良いところで働きたい」など、多くの条件があるかもしれませんが、この世に全ての希望を実現できるような求人はないと言っても過言ではありません。

 

転職の目的から離れないよう優先順位決めることは、転職活動の成功に近づけるための方法として欠かせないものなのです。

 

応募する企業数を増やす

 

そもそも、応募している企業が少ないから内定をもらえないだけかもしれません。

 

その場合は、勇気を出して多くの求人に応募してみましょう。慎重になりすぎると、転職も遠のいてしまいます。

 

いったん休んで好きなことをする

 

転職活動が上手くいかないときは、思い切って休んでみてはいかがでしょう。

 

自分の好きなことを精一杯楽しむ時間に充てることも悪いことではありません。かえって、冷静に状況を見極めることができ、頭の切り替えもできるのです。どうしても転職活動が長期化してしまうと、自分に自信を失い、なんでもネガティブな方向に考えがちになってしまいます。そのような状態で転職活動を続けても、悪循環を生むだけです。

 

意外とリフレッシュしている間に大事なものが見えてくるものです。長引く転職活動から一歩引いてみることも大切ですよ。

 

第三者に相談してみる

 

基本的に、転職活動は一人で活動するものと考えられがちです。しかし、一人で活動しているうちに、偏った考え方になってしまい、それが原因でなかなか転職が決まらないといったケースもあるようです。

 

そんなときは第三者の話を聞くことが重要です。客観的な意見を聞くと、いままで見落としていたものを発見できることもあります。また、案外、自分のことは分からないものです。

 

様々な視点から意見をもらい、自分の視野を広げていきましょう。

 

転職がなかなか決まらない方は「おもてなしHR」!

naka – stock.adobe.com

 

一人で転職活動をしてしまうと、行き詰りやすいですよね。転職活動では、第三者に相談することが大切だと先述しましたが、相談しやすい頼れるパートナーとして「転職エージェント」がいます。

 

特に、ホテル・旅館への転職をご検討されている方は、自社の就職・転職サービス「おもてなしHR」をご活用ください。

 

宿泊業界に特化したアドバイザーが「なぜ転職活動が長期化しているのか」など、お悩みを聞きながらあなたにぴったりのホテル・旅館をご紹介します。

 

いままで一人で転職活動をがんばってきた方は、一度わたしたちを頼ってみてください。転職活動がグッとラクに進むコツもお伝えします!

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事