採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

老舗ホテルや老舗旅館が持つ歴史や伝統はブランドになる

国内には、多くの老舗ホテル・旅館が存在します。ホテルの建設ラッシュが続き、新しさが魅力になる一方で、老舗でしか味わえない特別な空間や高級感に対する人気が高まりつつあります。

日本の老舗ホテル・老舗旅館とは?

iStock/zhudifeng

 

老舗と聞くと、どのようなイメージ持つでしょうか。

 

国内には、数々のビジネスホテルや高級ホテルが軒を連ねるようになりました。ラグジュアリーでモダンな内装や、スタイリッシュな空間が魅力的な、外資系ホテルも年々増加しています。

旅館も同様です。和の雰囲気はのままに現代のスタイルに合わせて、より快適で高級感が感じられる客室が用意され、これまでのイメージとは全く違うスタイルを売りにしている旅館もあります。

 

老舗ホテルや旅館は、新しさが魅力の宿泊施設とは異なり、歴史や伝統を受け継ぎ、趣を感じる空間が魅力となり、近年人気が上がってきているといわれています。

 

国内にある老舗ホテルの中には、明治創業の大変長い歴史を持ってホテルが存在します。

ホテルの内装、外装には、日本が持つ「和」の雰囲気と、明治以降に取り入れられた「洋」の雰囲気がバランスよく取り入れられ、特別な空間を演出しています。

 

そして、旅館の中には創業約600年にもなる非常に長い歴史をもった施設もあるのです。

20代以上も続く老舗旅館への宿泊は、まるでタイムトリップのようでもあります。

 

老舗にしか出せない味や、老舗のもつこだわりは、財産とも言えるものです。

 

老舗ホテル・老舗旅館が長く愛される理由

iStock/Drazen_

 

国内にある老舗ホテルや老舗旅館には、それぞに貴重な歴史があります。

 

多くの著名人に愛され、歴史的な人物が宿泊したことで有名なホテル、有名な料理の発祥の地となっているホテルもあります。

老舗旅館の中には、名だたる文豪に愛され、その客室から名作が生まれたという話もあります。

 

そういった、長きに渡って創り上げられてきた歴史や、歴史の中にある物語は、老舗ホテルや老舗旅館が愛される理由のひとつになっています。

今では目にする機会が少なくなった調度品や、アンティークならではの美しい外装も目を引きます。建物が文化財に指定されていることもあります、

 

周囲を海と山に囲まれた絶好のロケーションの中に建てられていることも多く、都会の喧騒から離れてゆっくりとした時間を過ごすことが出来るのも魅力になっているのでしょう。

 

老舗ホテル・老舗旅館ならではの集客

iStock/Hispanolistic

 

多くの客室数を持ち、一度に大勢の宿泊客の利用を見込む大型ホテルとは異なり、老舗ホテルや老舗旅館の客室数は比較的少ない印象です。

OTAと呼ばれる、インターネット上の旅行会社を経由して宿泊予約そする利用客が増加しています。老舗ホテル、老舗旅館の中にも、そういった予約方法を導入しているケースが多いでしょう。

 

こういった予約方法を導入すると、しばしば価格競争に陥ってしまうケースがあります。

数多くの宿泊施設が立ち並ぶエリアでは、繁忙期や閑散期に合わせてそういった戦略も必要です。

 

老舗ホテル、老舗旅館の場合は、持っている魅力をアピールすることで容易に差別化を計ることができます。客室数がそもそも少なく、予約が取りづらいということも、宿泊客の予約したいという気持ちを刺激するかもしれません。

 

価格の安さで勝負するのではなく、購買意欲をそそるちょっとした特別感を打ち出すのも効果的ではないでしょうか。

 

老舗ホテル・老舗旅館ならではの接客

iStock/Atsuko_n

 

老舗ホテルや老舗旅館は、接客が評価されることが度々あります。

長い歴史があるということは、それだけ長く多くのお客様を迎えてきたということです。

 

宿泊客の中には、長年に渡って繰り返し宿泊をしているお客様もいるでしょう。

いつも変わらずに存在している場所、安心感を与えてくれる従業員の接客、老舗だから表現できるおもなしがあるはずです。

 

老舗ホテルは、新しい施設にに比べると設備や立地では劣ってしまうことがあります。

時には、お客様に不便な思いをさせてしまうこともあるでしょう。

 

そこをカバーするのが、従業員による接客です。老舗ならではの落ち着きと安心感のある接客、どこか懐かしさを感じるような接客は、お客様に心地よい空間を提供することができるものです。

 

老舗ホテル・老舗旅館での働き方

iStock/Megan-Brady

 

中心部に建つホテルや大型の旅館での働きと大きく異なるのは、客層かもしれません。

 

近年老舗ホテルや旅館に対する注目が集まってきています。海外からの利用客も増加しているようです。

 

老舗が愛され続け、残り続けるのには、リピーターの存在が大きく関わっています。

宿泊施設にとってリピーターの存在は、経営を左右する大きなポイントです。

 

新しいお客様を迎えることだけでなく、長く愛し続けてくれているお客様への接客が非常に重要です。中には、従業員よりもその施設の歴史を知っているお客様がいるかもしれません。この接客が良い、こういったサービスが好き、といったお客様の好みも十分に理解する必要があります。

 

新しく関係を築くだけでなく、これまでの信頼関係を守り続け接客も老舗ならではかもしれません。

 

老舗ホテル、老舗旅館で働くためには、培われた伝統やこれまでの接客スタイルを正確に引継ぎ、いつまでも変わらない姿を接客を通して表す必要があるでしょう。

 

老舗ならではは徹底したブランディングが肝心

iStock/Extreme-Media

 

老舗というのは、それだけでブランドになります。

 

目新しさでお客様の興味を引くとこは難しいですが、長く存在するのには愛される続ける理由があるからでしょう。

 

長い歴史を持ち、だからこそ醸し出せる空気感はそれだけでブランドになります。

ホテルの建設ラッシュが続き、新しさが目立つ中でも生き残っているのは、そういったブランドに魅力を感じる人が多く存在しているからでしょう。

観光が目的ではなく宿泊施設をを目的地としている宿泊客も、少なくありません。

この場でしか過ごせない時間をどのようにして提供するか、それは老舗だからこそ考えることができる、特別な魅力です。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事